« 『LOS CAMPEONES JUSTICIEROS』(『ミル・マスカラスの幻の美女とチャンピオン』 1970年) | トップページ | 『Las momias de Guanajuato』(『ミル・マスカラスのゴング1』 1972年) »

2006年5月28日 (日)

『Vuelven los campeones justicieros』(『荒野のルチャ・ライダース 地底王国を撃破せよ!』 1972年)

 

Vuelven los campeones justicieros』(『荒野のルチャ・ライダース 地底王国を撃破せよ!』 1972年)

 またまた5人の覆面レスラーが画面狭しと大活躍するメキシコルチャ映画であります。いつもの通り内容盛りだくさん、「泣いた赤鬼」だったら、小人もあります。地底の怪しい基地もあります、色っぽいお姉さんもあります、どうぞ遊びに来てくださいって書くところですよ!

ぐおーん、冒頭から荒野をバイクで走るブルーデーモン、ミル・マスカラス、ファンタズマ(白いマスクの人)、アビスポン(ぐるぐる渦巻きマスクの人、相手の目を回そうというんかいの)、ハリスコ(黒いマスクの人)の5人。彼らはなんと覆面レスラーでありながら「正義の戦士」という組織に属し悪と戦うスーパーヒーローだったのであります。オープニングクレジットの間、スーパーヒーローはぐろんぐろん、がろろんと荒野を走ります。スーパーヒーロー達はそれから道路に飛び出してぐろんぐろんがろろんと走ります。なおもぐろんぐろんがろろんと走ります、さらにぐろんぐろんがろろんと走ります。いつまで走っとんねん、お前ら!

 さて映画の始まり、始まり。いきなりメキシコを訪れる宝石王、ヤミ・ファルー。宝石王というのがまた分かりにくい金持ちですな。ギリシアの海運王くらいと思っていればいいのでしょうか。この宝石王、どうやらメキシコに投資するために訪れたらしい。多数のボディガードに囲まれた宝石王、詰め掛ける記者達の「投資額はどれくらいになるんですか」「財産はお子さんに相続させるのですか」「随分太っておられますが歩くと膝に水がたまりませんか」「酢豚に入っているパイナップルはお好きですか」等々の質問を受け流しつつ豪華ホテルに投宿します。油断なく目を光らせるボディガードたち。しかし、バスルームにて変事が発生。いかにもここから何かが出てきますよという風情の通風孔から不気味な鍵爪のついた手がにょきっ。そしてちゅーちゅーちゅーという鳴き声。ネズミ人間です、6体ほどのネズミ人間たちが通風孔からわきでてきて宝石王たちを襲ったのです。ちなみにこのネズミ人間たちの着ぐるみに入っているのはやっぱり小人レスラーです(大笑い)。

 懸命に戦うボディガードたちですが、ネズミ人間たち、強い強い、たちまちその牙で顔面を丸齧り。ボディガードたちは全員死体となって転がったのであります。そして哀れ宝石王はネズミ人間たちによってその肥満した体が絶対通りそうにない通風孔を使って(笑)誘拐されてしまったのです。

 警察はこの事件がとても手に負えないと判断し国家安全委員長を通じて「正義の戦士」本部に調査を依頼するのです。ブルーデーモン、テレビ電話で委員長に事件のあらましを聞くと、「分かりました。誓って事件を解決しましょう。どうか大船に乗った気分でいてください」彼は本部の助手、紅一点のサンドラに「よし、みんなを呼び出してくれ」そのみんなは各地で敵を追っかけたり戦ったりしているという・・・、おお、カッコいいぞ(笑)。まず、湖上でボートチェイス中のミル・マスカラス、相手は悪辣な密輸団の奴ら。激しいチェイスシーンが続いて、いきなり密輸団のボートがガソリン切れ。しめたとばかりミル・マスカラス、発煙弾をぽんと放り込み、まんまと彼らを捕らえたのでありました。

 ハリスコはよく分からないけど、へんなカッコした女とその部下の覆面男四人と格闘中。ハリスコ、良く戦って覆面男を叩き伏せてしまいます。こらたまらんと車で逃げ出す女ボス、逃がすものかとバイクで追っかけるハリスコ、併走してオープンカーの女にひゅっと手を伸ばします。その手を払いのける女ボス。なんだか、ハリスコが女に触ろうとして「おい、いいだろう」「さわんないでよ」「いいじゃないか、減るもんじゃなし」と会話しているように見えますけどね(笑)。ついに観念した女ボス、ハリスコに捕らえられるのでした。「許して、見逃してくれたらお金を上げる、あなたの女になってもいいわ」「あいにくそのどちらも間に合っているんでね」とにべもなくはねつけるハリスコがカッコいい。

 アビスポンはなぜかビルの屋上で国際的銀行強盗団と戦っております。しかし相手は四人、多勢に無勢でアビスポン、ぼこぼこにされてしまうのでした。その様子を本部のモニターで見ていたブルーデーモン、「ムッ、アビスポンが危ない。サンドラ助けに行こう」ってヘリコプターで出動する訳ですよ。ビルの上空でブルーデーモン、シュタッとヘリから飛び降ります。そしてアビスポンを助けてついに強盗団を捕まえたのでありました。

 ちなみに、残りの一人、ファンタズマですが、この人はどうも頭脳労働担当のようで本部に残っていたと。

 さあ、例のボディガードたちの写真をスライドで見る正義の戦士たち。「なんだ、獣か」「あれだ、チュパキャブラスじゃないのか」「チュパキャブラスって宇宙人のペットなんだよな」「違う、違う、米軍の遺伝子操作で生まれた生物兵器なんだよ」などと好き勝手なことを言っております(笑)。まあ、要するに良く分からんということですな。仕方ないので死体の検視を頭脳労働担当のファンタズマに任せて戦士達はバイクでパトロールするのです。適当に走り回って、こんなんでパトロールになるんかいのと思っておりましたら、あ、プロレス会場に来ちゃったぞ(笑)。そうです、これから検視作業にいそしんでいた筈のファンタズマまで駆けつけてロサンブラ・マオマオ・デリング・ドーロセンタード、他もう一名組と10人タッグマッチをやるのです。

 えんえんと試合が続きます。おかしなことにこの試合、実況がなし。だから著しく盛り上がりに欠けるのであります(笑)。

 この試合の途中、いきなり場面が変わって夜の地理学研究所。怪しい車がやってきます。そして再び出現したネズミ人間たち、守衛のおじいさんを丸齧りして何か石みたいなものを奪うのです。一応、ガラスケースに説明文があるみたいなんだけど、スペイン語だから読めないの(笑)。この事件がサンドラによってちょうど10人タッグマッチを終えた直後の正義の戦士たちに連絡されます。「さあ、出動だ!」あー、良い調子ですなあ(笑)。バイクで先発したブルーデーモンとミル・マスカラス、地理学研究所から奇妙な生き物がでてきたのを目撃します。不可解なことにその生き物たちは地中に潜るかのように消えてしまったのでした。呆然とする二人、そこにさっきの車に乗っていた覆面男達が襲い掛かった!ネズミ人間たちを逃がした意味があんまりねえ(大笑い)。ここからしばらく覆面男たちと二人の格闘が続くのですが、さらに車に乗っていた怪しい仮面の女、麻酔銃を取り出して二人をぷしゅっ、ぷしゅ。ブルーデーモンとミル・マスカラスはばったり倒れて御就寝。そのまま怪しい一味は逃走してしまうのでした。なぜ麻酔銃使うかねえ、絶好のチャンスだったのだから拳銃で撃ち殺してしまえばいいのに(笑)。

 ところであの盗まれた石はなんだったんですかねえ。

 これで国家安全委員長、怒っちゃった。たまたまテレビ電話に出たミル・マスカラスを捕まえて「何をしているんだね、宇宙協会からも早く宝石王を助けろといってきておるぞ」とお説教。ミル・マスカラスは憮然として「そんなこと言われたってブルーデーモンはなぜか考古学者のお嬢さん、ホルダン嬢を迎えに空港に行っちゃったし、アビスポンはアビスポンで歌手の護衛と来た、こんなんじゃどうしようもないじゃん」とひそかにボヤいております(笑)。で、そのブルーデーモンはホルダン嬢と他二人の女性をお出迎え。車に乗せてさあ出発ということになったのですが、またあの怪しい覆面男達がこれまた車で後をつける。当然ながら途中で追いつかれて格闘戦となりますな。この様子をあの仮面の女がどこぞのモニターでじっと見ているという・・・。その時、ブルーデーモンの車にファンタズマからの無線が入った!「ブルーデーモン、分かったぞ、これはネズミだ」分かったのはそれだけかい(大爆笑)。とたんに仮面女、大慌てで「ヤバイ、戻ってくるのだ」と命令するのです。そしてその命令に従ってすたこら逃げ出す覆面男達。ブルーデーモンたちはその車を追いかけたのですが・・・。

 ここでまた場面が唐突に変わってナイトクラブになります。アビスポンが護衛しているという歌手、カルロス・ブランコが日本の東京歌謡祭でグランプリを受賞したという「私の街から」を熱唱するのです。「夜が明けたああん、新聞配達、おはようございます、牛乳配達、おはようございます、おまわりさんもにっこにこ」本当にこんな歌詞なんですよう(笑)。そしてこの歌が終わって場内が明るくなったとたんに出たァ、ネズミ人間たちだ。ネズミ人間は配電盤のスイッチを切って場内を再び暗くしてから襲ってきたのです。それならさっき歌っていた時に襲えば良かったのに。ちゃんと歌が終わるまで待っているネズミ人間たちの律儀さよ(笑)。ちゅーちゅー、ひー、助けてー、うわー、ちゅーちゅー、画面が暗すぎて何をやっているのかさっぱり分かりません(笑)。アビスポンも戦っているようですが、やっぱり良く分かりません。カルロス・ブランコは慌てて楽屋に逃げ込んだのですが、そこをネズミ人間に襲われてチューチュー、うわーうわー、攫われてしまいましたとさ。

 そして更なる悪巧み。悪の覆面レスラー、ガートが部下にダイナマイトを持たせてファンタズマの研究室を爆破しようとしたのです。ダイナマイトにライターで火をつけて投げようとする部下。ファンタズマ、大ピーンチと思いきや、ここでバイクに乗ったハリスコがきて、「ファンタズマ、危ない」そのとたんに研究室がどかーん。しかし、ファンタズマ、ハリスコの叫びによってからくも難を逃れたのでありました。。「大丈夫か」とハリスコがファンタズマを助け起こすと彼はもう泥まみれ。自慢のマスクもマントもどろどろです(大笑い)。この後二人は本部に戻ってみんなと捜査会議を始めるのでした。

ところであの地理学研究所から盗まれた石はなんだったんですかねえ。いい加減説明してくれないですかねえ。

 ブルーデーモン、「ボディガードたちの死因が分かった。毒だ、毒にやられたのだ。謎の獣は牙に毒を持っているのだ」「それじゃいよいよチュパキャブラスじゃん」「何言ってんだ、お前は並木伸一郎かっての」この最中、謎の手がにゅっと窓から入ってきてロボットのおもちゃを置いていきます。「正義の戦士」本部、無用心ですなー、警備会社とか契約したほうがいいぞ。これを見つけた「正義の戦士」本部で常にウロチョロしているガキじゃなかった、お子様のフリオが「わーい、こんなおもちゃがあったよ」そのとたんにロボットの胸が開いてちゅどどどど。「ぎゃあ」ファンタズマが撃たれてしまいましたとさ。しかし、医者を呼んで診察した結果、まあ、どういうわけか軽症であったと(笑)。さすがプロレスラー、丈夫なもんです。

 それになんだな、おもちゃを置いていくなんてまだるっこしいことはせずにそのまま自分たちで機関銃乱射した方が手っ取り早かったんじゃないの(笑)。

 さて、次の場面になるとなぜかブルーデーモン、考古学者の娘ホルダンとその連れの二人の女とともに遺跡めぐり。ブルーデーモン、ホルダンに「この遺跡は1870年に一度壊されてしまったのよ」と説明されて「さすが、考古学者の娘ですな」とかヨイショしている(笑)。これがどうストーリーに関わってくるのかと言えば当然ながらホルダンがガートたちに攫われると、そういうことになっております。ブルーデーモンは彼女を助けようとするのですがガートに邪魔されて駄目。あ、車に乗りやがった、逃げるつもりか。こらあ、待てぇとブルーデーモン、車の屋根に飛び乗ってしがみつきます。窓から車内に手を突っ込んでって、ガートたちも窓閉めりゃいいじゃねーか(大笑い)。そうはさせじと車を蛇行させますとブルーデーモンが必死に屋根にしがみつくお決まりの展開。このへん、気合の入ったスタントです。ひょっとしてブルーデーモン本人がやっているのかなあ。ブルーデーモン、車の屋根に発信機を取り付けることに成功。飛び降りてわざとガートたちを逃がしたのでした。「よし、これで敵の基地が分かるぞ」

 えー、この時ホルダンの連れの二人の女はどうなったかというと何の説明もなく消えてしまったという・・・。投げやりですなあ。それにあの地理学研究所から盗まれた石の説明はまだですかあ。

 さて、発信機を取り付けたブルーデーモン、しかしこうした伏線をあっという間に吹き飛ばしてしまうのもメキシコ・ルチャ映画の特徴なのです。「正義の戦士」本部に国家安全委員長が連絡してきて「おい、人質と交換に黄金を渡すことになったぞ。この黄金を君たちに運んで欲しいのだ」明日の晩、約束の場所に黄金を運んでくれば人質と交換するという話なのですが、こんな約束が守られる筈もない。しかしそうしないと話が進まないものですから、ミル・マスカラスとアビスポンが「こんなん罠に決まってるじゃん」「なんでいきなり黄金って話になるんだよ」などとぶーぶー言いながら出かけていくことになる訳で。

 そしてはい、やっぱり罠でした。のこのこ車に黄金積んで出かけていったらガートとか普通の悪い奴とかネズミ人間たちがわらわら出てきて襲われてしまったのであります。勇敢に戦うミル・マスカラスとアビスポンでしたが、謎の電波兵器をびびびーと浴びせられて失神してしまったのであります。基地の入り口らしい遺跡に連れ込まれたミル・マスカラスとアビスポン、ガートは動けない二人を見下ろして「ふっふっふ、殺してやる!」そのとたん、「そうはさせん」と叫んで現れたのがブルーデーモンという不条理(笑)。一応、発信機で基地の場所が分かったということなのでしょうが、だったら「正義の戦士」本部に連絡しろよなあ。それになんでミル・マスカラスとアビスポン絶体絶命になるまで放っておくの(大笑い)。

 ブルーデーモン、二人を庇ってガートたちと戦います。しかしなんとしたことでしょう、突然周囲が赤い光に満たされたかと思うとブルーデーモンは遺跡の中とは思えない近代的な基地に瞬間移動していたのです。驚愕するブルーデーモン、その彼を出迎えたのはああ、あの仮面つけた女ボス、「ふふふ、ようこそ、我が地底王国へ。わらわはマヤ一族の末裔、地底王国の女王であるぞよ」はあ、そうですか。「ブルーデーモン、そなたは」女王は傍らのチンケな機械を指差します。「この分子転換機によって瞬間転送されたのだ」このすぐ後にガートたちがミル・マスカラス、アビスポンを連れて現れます。あんまり瞬間移動の意味がないと思うのは私だけでありましょうか(笑)。

あの地理学研究所から盗まれた石は…、もういいや、面倒くさくなってきた。

 ブルーデーモンたち三人を牢屋に監禁した女王、またまた驚くべきことを抜かします。「わらわは世界征服をたくらんでいるのじゃ。その尖兵となるのがほれ、このネズミ人間どもじゃ」ちゅーちゅー、わらわらとネズミ人間が出てくるという・・・。「こやつらはわらわが作ったのじゃ。六匹のネズミを分子転換機で一匹のネズミ人間にできるのじゃ」その言葉に反して分子転換機に入れられる一匹のネズミ(笑)。ぴよぴよちゅーと機械が光ってはい、ネズミ人間の出来上がり。もう私には言うべき言葉がありません。

 女王はなおも抜かします。「ほほほほ、お前達を使って人体実験をしてくれる」何の人体実験なのか良く分からないのがオモシロいですな。ここでミル・マスカラス、パンツの中に隠し持っていた小型爆弾を取り出して牢屋のドアをちゅどちゅどちゅどどどーん!「あっ」と驚く女王様。お前はタメゴローかっての。牢屋から躍り出た三人、ガート、女王、ネズミ人間達と戦います。基地の電気が唐突に消えて、ああ、何をやっているのか全然分からなくなりました(笑)。妙に元気の良いBGMとドス、バキ、ガスっという殴り合いの音が聞こえてくるだけです。もうまいったね、こりゃ。そして女王が叫びます。「ガート、ネズミ人間を連れて正義の戦士本部を襲うのだ」そしてまた暗闇の中からBGMと殴り合いの音が聞こえてくるだけの状態に戻ってしまいましたとさ。

 一方、こちらは「正義の戦士」本部、本当にガートたちが襲ってきた。サンドラ、フリオを庇って戦う残りの二人のレスラー。ええと誰だったかな、あ、そうだ、そうだ、ハリスコとファンタズマだ。どうにもややこしくていけないね、ええ。二人は頑張って戦うのですが、多勢に無勢、危うし、正義の戦士本部!と思ったら何の説明もなくブルーデーモンたちが駆けつけてきた!ええ?あの地底王国(笑)どうなったの、女王様は、ひょっとしてもう決着つけてきたの?もしかしてガートたちやっつけておしまいなんてことはないよね。いくらルチャ映画だってそんなことはしないよね。それがオシマイになるんですねー(大爆笑)。

 5人の正義のレスラーはぼかぼかとネズミ人間どもをやっつけて、さらに皆で力を合わせてガートを持ち上げると「ソウレ!」という掛け声とともに窓の外へぽい。哀れガート、高層ビル上階にある正義の戦士本部からまっさかさまに墜落してぐしゃり。ぱっと場面が変わったらいきなり助けられた人質たちが「正義の戦士たちに乾杯」ってシャンペンで乾杯してやがる(笑)。この後またまたバイクで爆走する正義のレスラーたち、これにておしまい。

 あの地理学研究所から盗まれた石の正体は(まだ言っている)、世界征服の野望は分かるけれども宝石王、歌手、考古学者の娘を攫って何をするつもりだったのか。とにかく分からぬことの多い映画であります。

カラー・スタンダード モノラル音声。VHS日本版ソフト スペイン語音声、日本語字幕付。画質・音質はそこそこのレベル。有限会社 ジェットリンクの通販限定発売VHSソフト

            エロの冒険者 

       HOMEPAGE http://homepage3.nifty.com/housei/

      SFシネクラシックス 輸入DVDでみるSF黄金時代(笑)

|

« 『LOS CAMPEONES JUSTICIEROS』(『ミル・マスカラスの幻の美女とチャンピオン』 1970年) | トップページ | 『Las momias de Guanajuato』(『ミル・マスカラスのゴング1』 1972年) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『Vuelven los campeones justicieros』(『荒野のルチャ・ライダース 地底王国を撃破せよ!』 1972年):

« 『LOS CAMPEONES JUSTICIEROS』(『ミル・マスカラスの幻の美女とチャンピオン』 1970年) | トップページ | 『Las momias de Guanajuato』(『ミル・マスカラスのゴング1』 1972年) »