« 『サントとカプリーナ』 | トップページ | 『Monster on the Campus』(1958年) »

2007年4月 5日 (木)

『サント 絶体絶命!』(『Santo frente a la muerte 』『Santo Faces Death』 1972年)

 

『サント 絶体絶命!』(『Santo frente a la muerte 』『Santo Faces Death』 1972年)

 エメラルドを盗んで売り飛ばそうとする強盗団、彼らの目論見をくじかんと戦うサント。とにかくこの映画は「初めて見るもの」ばかり。何が初めてかって?それは読んでいくうちに分かります。

 このDVDはスペイン語音声のみ、英語音声・英語字幕は収録されておりません。私はまったくスペイン語が分かりませんので、この映画はいつもと違ってどこかの奇特な方が作って下さっているサント映画のストーリー解説サイト(英語)を参考にこのレビューをでっちあげております。だから実際の映画を誤解しているところもあるかも知れませんが、その辺はどうぞ、この事情を鑑みてご容赦くださるようお願いいたします。

 平たく言うと、「そんな細かいこと言っていると結婚できなくなるぞ、コノヤロー」ということでございますね。

ここは南米コロンビアのエメラルド鉱山。鉱山たって裏山に手書きで「エメラルド鉱山立ち入り禁止」って書かれた看板が二枚ばかり立っているだけなんだけれども、これはサント映画なのです。あんまり五月蝿いことは言わないように(笑)。まあ、何しろエメラルド鉱山ですからイッチョマエに銃を持った警備員が巡回している訳です。

 そこにギャングが10人ぐらいで襲ってきた!たちまち巻き起こるギャングと警備員たちとの激しい銃撃戦。これで警備員たちが勝ってギャングたちを全員射殺なんてことになると映画が終わってしまいますから、当然ながらギャングが勝利。彼らは鉱山事務所に押し入って鶏の卵ほどもあるエメラルド「南の十字」(南十字星のことでしょうか)を強奪するのでした。このギャングたちを指揮していたのは女子プロレスラーのアリシア(エルサ・カルディナス)、そして彼女たちのボスは「Great Unknown One」(ひみつのえらい大ボス)と呼ばれる男。「ひみつのえらい大ボス」はアリシアの父親を人質にとって彼女を手先として働かせていたのです。

 ひみつのえらい大ボス、この奪ったエメラルドをドクター・イゴール(エンジェル・メナンデス)に売りつけて大儲けしようと企んでいたのでした。

 ここでオープニングクレジット。しかしどうでも良いけどこのDVD画質汚いなあ。時々画面にびっくりするような赤い帯が映って見にくいったらありゃしない。

 オープニングクレジットが終わって空港に着陸する飛行機。中から出てくるのは当然ながらサント。その彼を出迎えたのはコロンビア警察の警視ヴィクター・ヴァリー(シーザー・デル・カンポ)であります。彼はサントに「あ、あなたがサントさんですか」と聞いておりますが、わざわざ聞かなくたって見りゃ分かります。サント、彼の目の前でリナ(マラ・クルツ)という金髪美人に「じゃ、お嬢さん、縁があったらまた会いやしょう」 フライト中に仲良くなったということらしいのですが、敏腕警視のヴィクター早くも「あの女、怪しいのではないか」と疑っております。まあ、飛行機の中で覆面レスラーと仲良くなっちゃうような女は怪しいに決まっているのですが(笑)。

 サントはヴィクターと共に車に乗り込みホテルへチェックイン。車を降りるなり観衆に取り巻かれるサント、さすがサント、コロンビアでも大人気であります。

 さて、サント、休む間もなくプロレスの試合に出場。タッグマッチなのですが、サント一人で相手二人と戦っております。サント側のパートナーはまったく知らん振りでリングの外で鼻くそなんかほじってる(笑)。この時怪しい男が立ち上がり階段を上がって上のほうへ。持っていたアタッシェケースから取り出したものはああ、あれはライフルじゃないか。男はライフルでサントを狙います。危うし、サントと思ったらあっさりと弾はずれちゃいました(大笑い)。サントの暗殺に失敗した男は慌てて逃げ出します。客席にいたヴィクターにつけられているなど夢にも思わずに。

 男が逃げ込んだのがナイトクラブ、ラ・タブリータ。男は彼を雇ったマリオが座っているテーブルに行きまして「すんません、失敗しちゃいました」激怒したマリオにどつかれてしまいます。このクラブにはご丁寧にマリオのボスであるドクター・イゴール、リナもいて何事か熱心に話しております。これを見たヴィクター、「俺の疑いは正しかった。あの女はドクター・イゴールのために働いているのだ」

何もそんなところで悪者大集合することはないですわな。

 その翌日、サントと二人でリナを尾行するヴィクター。この時のサント、ああ、体型がまったく別人だ(笑)。それに尾行するってアンタ、覆面レスラーというのは世界で一番尾行にむいていない職業だと思うのですが(大爆笑)。ほら、町行く人もみーんなサントを振り返ってみているぞ、こんなんで尾行なんかできる筈ないじゃないか。まあ、それでもリナは尾行に気がつかなかったりする訳ですけれども。サントとヴィクター、リナが別の女とすれ違いざまにバックを交換したのを目撃します。別の女とは皆さんすでにご存知のアリシア、覆面レスラーに尾行されている女が女子プロレスラーにバックを渡す、なんだかえらいことになっております。

このへん、リドリー・スコットの『ブラック・レイン』に似たような場面がありました。リドリー・スコット、えらいところからパクリましたな(笑)。

 サント、「いけねえ、リナは囮だ、本命はあの女なのだ」ということで今度はアリシアを追っかけます。アリシア、仲間の車に乗り込んで走り去ってしまいました。逃してなるものかとサント、ヴィクターも車で追いかけます。アリシアと仲間たちは何故かロープウェイに乗り込んで山の上に逃げるのでした。サントは密かにロープウェイの屋根へ。さすがサント、やることは一味違う。しかしロープウェイの車体の上に覆面レスラーがいるんですよ、慣れている私でもびっくりですよ。

 サント、アリシアと仲間たちが逃げ込んだ山の上のアジトを急襲、片っ端からぼこぼこにしてしまいます。でも肝心のアリシアには逃げられちゃった。寸前でロープウェイに乗り込むアリシアを捕まえそこなったのです。がっくりするサント。しかしなんだな、アリシアも逃げるのにまたロープウェイに乗り込むことはないんじゃないかと思うんだけどなあ(笑)。

 こうなったら一刻も早くサントを殺らなければ。あせったマリオ、サントの対戦相手の覆面レスラーに金をやって「これでサントを試合上の事故に見せかけて殺してくれ」と頼むのであります。覆面レスラー、大張り切りでサントの首を絞めたり卑怯な反則攻撃を繰り出したりするのですが、こんな展開でサントがやられる筈もありません。逆にドロップキックを決められてあっさりフォールされてしまいましたとさ。

 試合を終えたサント、自らクラブ、ラ・タブリータで張り込みをします。ここで踊っていたベリーダンサーがサントのテーブルによってきてそっとメモを置いていったのです。そのメモには「私は警察の潜入捜査官 X-25 後で楽屋に来て頂戴」もうちょっと目立たない方法で連絡とれよと思います。ほら、案の定、この不自然な動きに気がついたマリオに疑われちゃったではないですか。マリオ、部下を呼んで「おう、お前、あの女殺してこいや」で、部下がどうしたかといいますと、いきなりサントと同じマスクと同じ柄の洋服着て変装しやがった。お前、そんなものどっから調達してきたんだよ(大爆笑)。これでX-25の楽屋に入り込んだ部下、彼女の背中をナイフでぐさっ!殺害してしまったのです。ここでサントが来てサント対偽サントの戦いが始まります。マスクも服装も体型も同じなのですぐにどっちがどっちだか分からなくなっちゃいました(笑)。

 偽サント、隙をみて逃げ出します。後に残ったのはX-25の無残な死体だけでした。

 この後はいきなりアリシアの試合となります。見事勝利を収めたアリシアは控え室に戻ります。そこにやってきたのが客席でガールフレンドと一緒に試合を見ていたマリオ、こいつったらガールフレンドを放ったらかして楽屋に来た上になんとアリシアとキスしやがったのです。ぶちゅぶちゅぶちゅちゅちゅー。おまけにガールフレンドに見られちゃった。キーっとなってアリシアに飛び掛ったガールフレンドでしたがマリオに取り押さえられてしまいます。「わははは、単なるキスじゃないか、そんなに怒るなよ」

 収まらないガールフレンドはいきなりドクター・イゴールに匿名で電話をかけて「マリオはあなたを裏切っているわ」と言ってしまったのでした。次に彼女はサントにやっぱり電話して「ドクター・イゴールは明日自家用機でマリオと一緒に逃げることになっています」サント、この情報を元に空港へ行き、イゴールの自家用機セスナスカイマスターにもぐりこんだのでした。

飛行機に隠れるって言えば聞こえがいいですがサントったらただ一番後の座席で丸くなってたまたまそこにあった白い布をかぶっただけ。セスナスカイマスターに乗ったのがパイロットとドクター・イゴール、マリオの三人だけだったからいいようなもののそれ以上乗ってくる人がいたらどうするんだ(笑)。

 飛行機はドクター・イゴールのアジトへ到着します。イゴールたちが降りた後サントはパイロットの首筋に激しい空手チョップをお見舞い。彼を失神させてイゴールたちの後を追うのです。イゴールのアジト、まあたんなる民家なのですが、そこにはアリシアの父親が監禁され宝石のカッティングをさせられていたのです。え、宝石のカッティングですか。冒頭でエメラルドを盗んだのは「ひみつのえらい大ボス」じゃなかったの?ということは・・・。サントは見張りを倒して抜き足、差し足、忍び足でアジトへ。覆面レスラーの抜き足、差し足、忍び足なんて初めて見たよ(大笑い)。監禁されている父親を見たサントはどうやって戻ったのだか分かりませんが警察でヴィクターたちにことの次第を報告します。

 父親を見たサント、次の場面ではもう警察にいるのですからねえ。見ているこっちも大変ですよ、ほんと。

 そのサントにまたしても悪の手が。ホテルの部屋であの偽サントが襲ってきたのです。二人のサントがくんずほぐれつ。着ている服も一緒なのですぐに見分けがつかなくなっちゃう(笑)。それにしてもこの偽サント、律儀にサントとまったく同じ洋服を用意して偉いことですなあ。どたんばたんと戦いが続いてついに逃げ出す偽サント。でも考えなしにホテルの屋上へ逃げたからサントにあっという間に追い詰められちゃった。サントにぼこぼこにされる偽サント。ついにホテルの屋上から投げ落とされて路上にぐしゃり。これをヴィクターが目撃していたので偽のサントをホンモノと間違えて「ああ、大変だ、サントが死んでしまった」みたいな騒ぎになるかと思ったら、全然そんなことはなかったりするのです(笑)。

 「ひみつのえらい大ボス」は匿名の電話の情報をそのまま信じてマリオを裏切り者と断定。あっさりと処刑しちゃいます。その処刑方法とは手足を縛って崖の上からぽいという乱暴なもの。いつもこんな方法でやっているのですかねえ。上からは見えませんが崖の下は処刑された死体でいっぱいになってたりして。それにあ、あれ、マリオってドクター・イゴールの部下じゃなかったの?なんで「ひみつのえらい大ボス」がマリオを処刑するの?ひょっとしたら、そうです、「ひみつのえらい大ボス」はドクター・イゴールだったのです。彼の正体を知って驚くアリシア。「ええ?そんな意味のない一人二役初めてだわ」だって(笑)。じっさい「ひみつのえらい大ボス」なんていてもいなくても一緒だったですねえ。

 正体を現したイゴール。今度はマリオのガールフレンドを処刑しようとします。しかしそこでサントに案内された警官隊が急襲!激しい銃撃戦となってアリシア、あっさりと射殺されてしまいました。一応父親が捕まってその命を盾にされていやいやながら悪事を手伝っているという設定なのに「そんなことはまったく関係ねーよ!」とばかりに殺されてしまうアリシアが哀れ。ドクター・イゴールは一人の部下と共に逃げ出します。後を追ったサント、その部下との戦いに。部下とサント、アジトの壁に飾ってあったフェンシングの剣を取ってチンチン、カンカン、キンキンとフェンシング対決。フェンシングをする覆面レスラーというのも初めてだ、あははは(笑)。サント、部下を剣でぐさりとやって倒します。しかし残念ながら肝心のドクター・イゴールには逃げられてしまいましたとさ。

 ドクター・イゴール、どこだか分からない家の鍵も掛からない戸棚にエメラルド「南の十字」を隠しリナと共にまた飛行機で逃げるのです。サントとヴィクター、これを軍用輸送機で追いかけます。別の軍用輸送機も飛び立ってパラシュート部隊が降下、あれどこに行くのかと思ったら彼らはアリシアの父親が監禁されているアジトを攻撃しにいったらしい。流用フッテージとの繋ぎが悪いのでどうも良く分かりません。まあ、良く分からなくても全然困ったりはしませんが。たちまち巻き起こる銃撃戦って銃撃戦ばっかりですな、この映画は。アリシアの父親はこの隙に逃げようとするのですが、はい、イゴールの部下にピストルで撃たれて即死。親子共々ヒドイ扱いではありませんか。

 ドクター・イゴールとリナは飛行機から降りて川へ向います。サントはあ、オレンジのツナギに着替えてヘルメット被ってああ、パラシュート背負ってスカイダイビングしやがった。スカイダイビングする覆面レスラーも初めてだよ(大爆笑)。降下したサント、イゴールたちを追いかけますがまたも逃げられてしまいます。イゴールたちはあらかじめ手配していた迎えのボートに乗り込んだのです。「チクショー、あっしも飛び込むか、いやいやよしておこう、アリゲーターがいると剣呑だからな」川辺で立ち尽くすサントです。

 スカイダイビングのサントはもちろんマスクだけで別人です。体つきが全然違うのですぐに分かります。もうちょっと体型を似せるぐらいの配慮があっても良いじゃないかと思うのですが。

 上手くしたものでいきなり警察のヘリコプターがやってきた(笑)。サントはヘリコプターに乗ってイゴールたちを追跡。ついに迎えのボートから別の大きな船に乗り込んだイゴールたちを見つけて大ジャンプ。船に着地したサント、「ここであったが百年目、おてんとさまが見逃してもこのサントさまは許さねえ!」と叫んで博士を川へぽいと放り込んでしまったのでした。ちなみにこの後川に落ちたイゴールを探したりはしません。そのまんまであります(笑)。

 残されたリナ、サントに「あたしはあの悪党に騙されていたの、もう改心するから、許してちょうだい」と涙ながらに頼みます。するとサント、「罪は憎めども人は憎まず、これがあっしのモットーでさあ」と言って本当にリナを逃しちゃった。えー、どうするんだ、サント、そんなことしてと思ったのですがこれはサントの作戦。エメラルドを探すために彼女を泳がしたのであります。そのサントの目論見どおりイゴールが隠したエメラルドの箱を取り出しリナは空港へ。これで国外逃亡、エメラルドを売って生涯贅沢暮らしができると思ったリナですがさにあらず。ぱっと現れたサントが彼女の手からエメラルドの箱を取り上げ「リナ、おめえの運命も極まったな」悄然と警察に連行されるリナでした。

 人々の歓声にこたえつつ旅客機に乗り込むサント。ここでエンドマーク。

どうです、初めて見るものばっかりでしょ、覆面をつけたまま街中で女を尾行する覆面レスラー、抜き足、差し足、忍び足をする覆面レスラー、フェンシングをする覆面レスラー、そしてスカイダイビングをする覆面レスラー、良く初物を食べると75日寿命が延びるなんてことを言いますが、こういうのはむしろ寿命を縮めそう。

カラー・スタンダード モノラル音声。画質は大ペケ。色の滲みが酷くダビングを重ねたVHSのテープのようです。音質もカセットテープなみ。Tekila FilmsDVD

      エロの冒険者 

       HOMEPAGE http://homepage3.nifty.com/housei/

      SFシネクラシックス 輸入DVDでみるSF黄金時代(笑)

|

« 『サントとカプリーナ』 | トップページ | 『Monster on the Campus』(1958年) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『サント 絶体絶命!』(『Santo frente a la muerte 』『Santo Faces Death』 1972年):

« 『サントとカプリーナ』 | トップページ | 『Monster on the Campus』(1958年) »