« 3月23日(月) 『宇宙すいません!』 | トップページ | 3月25日(水) 「ECMっぽいの好き」 »

2009年3月25日 (水)

3月24日(火) 『地下鉄のザラブ星人』

 ルイ・マルがウルトラマンを撮る!北川景子のソフトクリームのCM、先っちょをちろりと舐めるのはやっぱりアレなんだろうなあ。これでもうっちょっとおとなしいイメージの女優・タレントさんならなんということはないのだが、何しろ北川景子だからなあ。北川景子自身も「ワタシ、分かってますよ、フフフフ」みたいな目でカメラ見ているし、ここまでいったらエロチックを通り越してエグいまで行っちゃっているよなあ。フツーの地上波のテレビで流しちゃまずいんじゃないか(笑)。

 WBC決勝戦、延長10回を戦い抜いた日本代表が5-3で韓国を下し連覇。ワー、パチパチパチ、でも私はやっぱり松っちゃんが心配。マラソンで倒れることがなかったら、この優勝を誰より喜んだだろうと思うと寂しくなってしまう。もう本当に一刻も早いご回復をお祈りするものである。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ。食ったもの。本日は3日に一度の朝飯解禁日なのでもう朝からコンビニのチキン照り焼きマヨバーガーなんてものを食べる。あー、昨日の夜から楽しみでならなかったんだと喜び勇んで食べていたらちょっと前にかがんだところでバンズの中からチキンがぼとっ。床に落ちてしまった。しばし呆然とする(大笑い)。昼飯はマルタイ棒ラーメン一食分。夕食は鯵とイサキの刺身、出来合いの天ぷら、豆腐とワカメの味噌汁、ビール一缶、ゴハン一膳。〆のコーヒーは如例。

 それからハイビジョン録画の『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』を見る。やたらに強いチェーンソー男と戦う制服の女子高生という訳の分からない存在を使って見事に青春映画に仕立てたストーリーの上手さに一驚。実はチェーンソー男は突然の、そして不条理な事故で家族を失った女子高生(関めぐみ)の悲しみの象徴であり、これと戦うことでかろうじてその精神のバランスをつなぎとめている。偶然からこの戦いに巻き込まれた頼りない高校生市原隼人を疎ましく思っているものの、一緒に戦ううちに次第に情が移っていくという流れが非常に私好みのラブコメディになっているのですな。

 また相棒となる市原隼人も友人を亡くし、「この友人を超えることなどできない」というもどかしい思いに囚われている。このもどかしさを関めぐみを守ってチェーンソー男をやっつけることで打破するラストシーンには不覚にも感動してしまった。

 死に至る病、妊娠、流産、レイプがなくったってちゃーんと人を感動させることはできるのだ(笑)。

 ハイビジョン画質は輪郭強調がわずらわしい。終始黒が浮き気味なのも大きなマイナスポイント。ステレオ音声は前後の移動感にリアリティがあった。またBGMの品位の高さも印象的。

 その後事務所へ戻ってちょっと仕事の後始末。

 午後11時過ぎに戻ってきてシャワー。後は録画しておいたTVをだらだら。就寝午前2時半、上手く眠れたと思ったら午前3時すぎに目が覚めてしまった。そのまま眠れなくなって起き出し自室でまた一時間ほど過ごす。午前4時過ぎに再挑戦してようやく夢の中。

|

« 3月23日(月) 『宇宙すいません!』 | トップページ | 3月25日(水) 「ECMっぽいの好き」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月24日(火) 『地下鉄のザラブ星人』:

« 3月23日(月) 『宇宙すいません!』 | トップページ | 3月25日(水) 「ECMっぽいの好き」 »