« 3月25日(水) 「ECMっぽいの好き」 | トップページ | 3月27日(金) 「オーベルトと象」 »

2009年3月27日 (金)

3月26日(木) 「LMっぽいの好き」

 業界駄初、だから何の業界だってんだ、アポロ駄洒落。恒例WOWOW5月の主な番組である。5月1日『ナンパの定石』 『レッドライン』5.1 5月2日『私をスキーに連れてって』 『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』5.1 5月3日『必殺!』 『彼女が水着にきがえたら』 5月4日『必殺!ブラウン館の怪物たち』 『必殺!Ⅲ 裏か表か』 『波の数だけ抱きしめて』 『KIDS』5.1 5月5日『必殺!4 恨みはらします』 『メッセンジャー』5.1 『西の魔女が死んだ』5.1 5月6日『必殺!5 黄金の血』 『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』5.1 『花より男子ファイナル』5.1 5月7日『シンデレラ・ストーリー2:ドリームダンサー』5.1 『バートン・フィンク』 『ブラッド・シンプル/ザ・スリラー』5.1 5月8日『ミラーズ・クロッシング』5.1 5月11日『天国は待ってくれる』5.1 5月12日『フューチュラマ:ベンダーの大冒険』 5月13日『ペルセポリス』 5月15日『百万長者の初恋』 5月16日『スピーシーズ4 新種覚醒』 5月20日『シークレット・サンシャイン』 5月21日『眠狂四朗 人肌蜘蛛』 『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』 5月22日『眠狂四郎 悪女狩り』 『今、愛する人と暮らしていますか?』 5月23日『ダイブ』5.1 5月24日『カンバセーション…盗聴…』5.1 『天使のくれた時間』5.1 5月26日『まだらキンセンカにあらわれるガンマ線の影響』 5月29日『ダーウィン・アワード』 5月31日『オール・ザット・ジャズ』 『スターゲイト 真実のアーク』吹き替え5.1 『あの日の指輪を待つ君へ』5.1 

 未見映画が35本。いつもと比べると少し少ないと思われるかも知れないが、これは私が輸入ブルーレイ、レンタルブルーレイで既に見ている映画を入れていないため。『ウォーターホース』などを入れると40本を超える筈だ。またコーエン兄弟作品の放送も嬉しい限り。まったくもう私は死ね死ね団が平成の世に突如復活し、「WOWOWを見せよ、さもなくばモグラートやダッカー攻撃隊で首都東京を火の海にするぞ」と脅迫してこないのか不思議でならないのである。

 本日は午前中から福岡市内の某所にビッゲストプロジェクトのための下見。築年数が経過しすぎているのが気になるものの交通事情などを考えるとお徳ではないかと思う。行き帰りは西鉄電車。下見終了後、天神まで行き大砲ラーメンでラーメン+替玉の昼飯。そして歩いて帰宅。

 しかし、この帰宅途中事件が起きた。鳥、おそらく雀に糞を引っ掛けられたのだ。それも顔面に。上でチュチュッと鳴き声がしたかと思ったらぽとりと丁度、左目のすぐ上のあたりにぴちゃりとついたのだ。うわー、鳥の糞を顔面に引っ掛けられるなんて現実にあるのか。もうこんなの、「ウルトラマン 空の贈り物」のイデ隊員以来だよ(大笑い)。

 夕食は鶏から揚げ、ブリの刺身、生野菜たっぷり。ビール二缶、ゴハン一膳。〆のコーヒーは如例。

 その後ハイビジョン録画の『リアル鬼ごっこ』を見る。ああ、映画には原作とまったく違う平行世界の概念が取り入れられている。王様が佐藤姓の人間を自分と同じ姓の人間がいるのはいやだからという○○○○みたいな理由で狩りたて殺戮するというリアル鬼ごっこはこの平行世界の出来事なのだ。SFなのだ、だからこんな訳の分からないことがあってもオールオッケーなのだ(笑)。

 いやいや、このアイデア一つではっきり言って○○○○の戯言みたいなものであった原作をまともなストーリーに仕立て上げ、あまつさえリアル鬼ごっこというゲームに現実的な存在理由を与えているのに驚愕。そりゃ、谷村美月が一人でストーリーの設定、謎をぺらぺら喋ってしまうのには呆れたし、ラストの安っぽいオチにもがっかりさせられたよ、でもあの原作をちゃんとした映画にしたということだけで、そんな欠点は些細なものに見えてしまう。いや、それどころか映画史に残る快挙と言っていいくらいだ(笑)。

 これであのオチじゃなく、コッチの世界に再び戻ってきた主人公が「あー、こっちじゃ谷村美月は妹だけど良く考えたら血が繋がってないじゃん、超ラッキー」とか叫んだりしていたら僕はこの映画に100点満点の千点をつけていましたね。

 ハイビジョン画質は最悪。黒が潰れており、主人公の学生服が平面になってしまっている。ノイズも多く画面がざらざら。輪郭強調も目だって何か安っぽいテレビドラマのように見えてしまう。それに比べて5.1チャンネルサラウンドはなかなかの出来。何機も飛び交うヘリの軌跡を見事に描き分けて見せた。

 その後輸入LD!で『怪獣ゴルゴ』(『GORGO』 1960年)を見る。舞台はアイルランド近海、ラナという島の近く。夜の海がぱっと映りましてタイトルがどーんと出ます。そしてエンドクレジットが続きます。これが終わったかと思うとすぐに海からごごごごっとせり出してきた火山の噴火に襲われる海底探査船。噴火で恐ろしい波が起こりまして探査船は翻弄されます。危うく転覆しかかったのですが乗組員の必死の努力でなんとかそれだけは回避したのですがあまりの波の力の強さにスクリューが壊れてしまいました。

 この探検隊の長であるジョー(ビル・トラバース)とサム(ウィリアム・シルベスター)は故障箇所を調べて「思ったよりは酷くないが修理に3日間ほど掛かるな」と結論します。ならば水の補給が必要だということで二人はボートでラナ島へ向かったのでした。ところがラナ島の方も昨晩の津波にやられていて港など大変な被害を受けております。サムは忙しく立ち働く島民に「港の責任者はどこかね」と聞いて「あー、忙しいだに、何のようだ、責任者?あ、ほれ、あっちじゃ、あっち」と邪険に扱われてムッとしております(笑)。

 まあ、それでもとにかく島民が指差した方へ歩いていきますと家があった。ははあ、ここだなとノックをしますと出てきたのは幼い子供。彼に「パパはおいでかね」と聞くと子供は首を振って「ううん、おいらにはパパはいないんだ。うん、ここは港の親分の家だけど今いないよ、おいら、その人のことを手伝っているんだ」

 この子供、ショーン(ヴィンセント・ウィンター)は「親分は考古学者なんだ」と言い出します。そして二人に家の裏手の倉庫を見せてくれるのでした。そこにはバイキング時代の剣や槍など貴重な品物がたくさん。蛇のような頭を持った怪物の船首飾りもあります。「この怪物はね、オグラっていうんだ、本当だよ」得意げに話すショーン。いわゆる伝説の怪物ということなのでしょう。すっかり圧倒されてほうほうと頷くばかりの二人であります。

 と、ここで港の親分(笑)、マッカーティン教授(クリストファー・ローデス)が登場。ジョーとサムは「あ、お邪魔してるっす、あの、船の修理をしたいんで、2~3日停泊させて欲しいのですが」と丁寧に頼むのですが、あにはからんや烈火のごとく怒り出す教授です。「ばかもーん!何者であれ、この島で24時間以上滞在しようとするならば政府の許可が必要なのだ、すぐ出て行きたまえ。何、水、水はやるから、さあ、さあ、早く早く」

 びっくりしてボートに戻る二人です。教授のあまりに性急な態度を怪しんだ二人、「あいつはきっと何か隠しているのに違いないぞ」 それでボートに乗って島の周辺をうろうろ(笑)。そうこうするうちに島民のボートがたくさん集まっているのに出くわします。何をしているのか聞いてみると、何でもダイバーが二人行方不明になったのを探しているらしい。と、いきなりジョーとサムのボートの近くにそのダイバーの一人が浮上。急いで助けあげてみると、彼が握っていたのは金貨ではありませんか。「なるほど、あの親分はこれを隠そうとしていたのだ」と頷きあう二人。

 この後ダイバーはふっと死んでしまいます。目だった外傷も潜水病に掛かった風でもないのにどうして死んでしまったのか。ジョーとサムはダイバーの怯えたような死に顔から「彼は海底で何かを見て、恐ろしさのあまり死んだのではないか」と考えるのでした。

 そんなことがあったのにも関わらず金貨に目がくらんで海へもぐる二人。ダイバー一人が行方不明でもう一人は謎の死を遂げたというのにようやりますな。そして案の定、海中で二人は巨大な生物を発見、泡を食って海上へ逃げ戻ったのです。

 その怪物は早くもその夜ラナ島へ上陸してきます。ダイバーを探していた島民の皆さんが突如現れた怪物に銛を打ち込むのですが効果なし。怪物は港に上がりこんで漁船をぶっ壊すなどやりたい放題です。そしてこの怪獣をみて何故か喜んでいるのがショーン。「うわー、あれがオグラだ、凄いなあ」たまたま居合わせたジョーとサムは焚き火から燃える板を取り出して怪物に投げつけます。これがどうやら効いたようで明らかな苦痛の声を上げる怪獣。これに勇気付けられた島民の皆さんも同じ攻撃を仕掛けて、怪獣、ついに夜の海へ退却していったのでした。

 ちなみにショーンはみんなが火のついた板を投げつけ始めますとベソをかいて「やめて、やめて、そんなことしちゃ駄目だ」だって。

 さて、この怪物がいては海底に眠っているお宝を見つけることはできないということで、ジョーとサムは早速にゴルゴ捕獲作戦を開始。ジョーが小さな潜水球に乗って海中を捜索します。と、いきなり怪獣出現。怪獣は何のためらいもなくジョーの潜水球を抱きかかえ押しつぶそうとします。ジョーは船上のサムに「ヒーッ、出た、出た、出たァ!」サムは船員に指示してエンジンを停止させると、「よーし、この下にネットを下ろせ」このネットを怪獣に被せて捉え、ウィンチで引き揚げようという作戦のようです。

 そんな卑しくも怪獣たるものがそんな網とウィンチで捕まってたまるかいと思ったのですが、怪獣、意外とあっさり揚がってきちゃった。

 「太古の怪獣捕わる!」のニュースが全世界を駆け巡ります。

 本日はここまで。

 その後シャワーを浴びてだらだら。録画しておいた「黄金伝説3時間スペシャル」を見たりする。就寝午前3時。

|

« 3月25日(水) 「ECMっぽいの好き」 | トップページ | 3月27日(金) 「オーベルトと象」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月26日(木) 「LMっぽいの好き」:

« 3月25日(水) 「ECMっぽいの好き」 | トップページ | 3月27日(金) 「オーベルトと象」 »