« 3月31日(火) 番頭はんとダンウィッチどん | トップページ | 『続・恐竜の島』(『The People that Time Forgot』 1977) »

2009年4月 2日 (木)

4月1日(水) リリエンタールビデオ

 リリエンタールのグライダー飛行を再現して見せたビデオ。レンタル解禁は4月3日から。なんか前に1回やったような気がする駄洒落だけど、良く覚えていないからいいのだ。西日本新聞のアホ記事。(2009年4月1日朝刊 3面より引用) 首相の高揚感は過剰なサービス精神となり「軽口」となりやすい。会見では「明日は新年度が始まる。新しい職場に就かれるフレッシュマンも多い」と述べたが、この日、大学生・高校生の内定取り消しが約1900人に膨らんだと発表されたばかり。やや配慮に欠けた印象も残した。 東京報道部 相本康一 (引用終了)

 これが軽口ってあんた(笑)。この人の価値基準だと不景気の時代に新社会人に祝辞を述べるのもいかんことになってしまうのだな。

 また同日の31面では「消費税率引き上げ」に関するインターネットアンケートの調査結果と称して長崎の会社経営社某氏の意見を載せているのであるが、これが「米国への思いやり予算などをやめてから考えるべきだ。無駄な予算が多い」というくだらないもの。市民の声としてこうした馬鹿げた意見を載せるのはいつもの手であるが、今は、明確な敵性国家の北朝鮮が「てめえ、がたがた抜かすと、ミサイル打ち上げるぞ、コノヤロー、人工衛星だから迎撃なんかするとただじゃおかないぞ、バカヤロー」とわが国を恫喝している真っ最中なのである。

 配慮に欠けているのはどっちだと言いたくなっちゃうじゃありませんか。

 本日は休み。午前9時半に事務所へ出てちょっとした仕事と日記付け、ネットのチェック。午前11時くらいから徒歩で天神に出ていつものごとく赤のれんでラーメン+替玉 小炒飯の昼飯食って漫画喫茶3時間。その後ジュンク堂にて「蒼太の包丁 」20巻を求めてまた徒歩で事務所へ戻る。またちょっとした仕事や亀の世話など。

 午後5時過ぎに帰宅。ビール一缶飲みながら録画しておいた「レインボーマン #38」を見る。『地球防衛軍』の陥没場面を見て青ざめるキャシー・ダイアナが宜しい(笑)。

 夕食は水炊き、カツオのタタキ。そしてゴハンものとして鉄火巻きを四個。ビール一缶飲む。〆のコーヒーは如例。

 その後ハイビジョン録画の『UMA レイクプラシッド2』を見る。テレヴィムービー丸出しの安っぽいCGにがっかりさせられたが、いや、ワニや飛んでいる水上飛行機をCGでやるのはかまわんのだが、桟橋に係留されている飛行機ぐらい実物大のプロップでやれよ!と思ってしまうのである。だが、そこのところを除けば意外と私好みの映画で、拾いものと言っても過言ではなかったりする(笑)。あの億万長者のキャラクター設定は秀逸だし、地元のティーンエージャーの馬鹿さ加減も大いに愉快。実際にばらばらの死体を見ているのに、「うーん、じゃあ、俺たちで調べてみよう」という保安官の暢気さも楽しい。フツー、こういう展開だと、「危険だから湖を閉鎖しよう」という保安官と「いや、それじゃ観光収入が減ってしまう」という地元財界の有力者との争いを描いてサスペンスを盛り上げたりするものではないですかね。

 ハイビジョン画質はあまり誉められたものではない。発色が白っぽくなっており、またハイライトでの飽和も早い。水中での異様な立体感・奥行き感だけがとりえであったか。AAC5.1チャンネルサラウンドは音質は良いものの音場構築が実に大味。これはこれで悪くはないのだけれど・・・。

 それから今までちびちび見ていた『イングリッシュペイシェント』を最後まで。不倫の愛や異民族との関わりなどを通して魂のふれあいを描くという試みは成功しているのですが・・・いやもう上品過ぎて、途中から退屈になってしまいました(笑)。やはりわたくしはこういうちゃんとした映画、名作映画には向かないようです。

 ハイビジョン画質はややコントラストに乏しい傾向にある。AAC5.1チャンネルは大作映画に相応しい堂々たるもので、砲撃・爆発音の凄さにはびっくりさせられた。こういうドラマであの音はずるいよ(笑)。

 シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「ナイトシャッフル」 うー、あの焼き鴨肉は実に美味そうであった。就寝午前12時半。

|

« 3月31日(火) 番頭はんとダンウィッチどん | トップページ | 『続・恐竜の島』(『The People that Time Forgot』 1977) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4月1日(水) リリエンタールビデオ:

« 3月31日(火) 番頭はんとダンウィッチどん | トップページ | 『続・恐竜の島』(『The People that Time Forgot』 1977) »