« 4月20日(月) 俺がこんなに強いのも当たり前田のクラッカワー | トップページ | 4月22日(水) 「電脳の料理番」 »

2009年4月22日 (水)

4月21日(火) 「眠狂四郎 エンゲル係数殺法」

 これで貴殿の懐事情を勘案してみるがよかろう。映画 「眠狂四郎シリーズ」 WOWOWハイビジョン一挙放送記念駄洒落。えー、また怪しげなオーディオアクセサリーを買おうと思っています(笑)。その名は接点導通改良・音質&画質向上剤 CAT(クライオオーディオテクノロジー) EX-CONTACT(エクスコンタクト) EC-5 接点導通改良剤  送料込約7,000円。いわゆる接点復活剤で「あらゆる接点に塗布することによって接触不良をなくし接触抵抗を減少させ、しかも音質や画質を飛躍的に向上させる」アクセサリーなのである。

 何でも「接点の接触部分にEC-05を塗布しますと、主成分ジメチルシリコンオイルの「表面張力が小さい」という特異な性質が作用して、接点の金属表面に少しずつ吸い込まれるように浸透し拡がっていきます。そして接点金属部分の汚れや錆が浮き上がり、EC-05のオイル成分に取り込まれて、接触部分から取り除かる」という効果を発揮し、いや、まあ、ここまではまあいいのよ、それからがちょっとヤバくなってきて、「EC-05に共鳴転写充填された「音質改善のイマジナリー情報」が、塗布された接点の接触部分を通過する音声電流に作用します。そして聴感歪みの激減や聴感周波数特性の広帯域化、並びに聴感音量レベルアップ効果が得られ、目が覚めるような生き活きとした、マスターテープを聴くような音質・音楽性改善」が得られるのだそうな。(http://store.shopping.yahoo.co.jp/avac/excontact.htmlより抜粋)

 うひー、「共鳴転写充填された“音質改善イマジナリー情報”」ですよ、さあ、お立会い。しかもこのエクスコンタクトはある製品のOEMで、その元となった商品があの飯田 朗先生絶賛のコンタクトアキュレーターだというから、もうこれは鉄板ですよ(大笑い)。まあ、シンクロプラズマシートにたやすく騙され、今でも使い続けている私みたいな人間だから、今度もコロリ、コロコロとやられて「うわー、すげー、画質・音質が激変した」なんて言い出すかも知れませんが、その辺は優しい目で見てやってください。

 しかしキョーメーテンシャジューテンって凄い言葉だよなあ。ぼんやり聞いていたら漢字にできないよなあ。

 (そのコンタクトアキュレーター、例によって飯田朗先生のホームページで「携帯のカード(FOMAカードとかUSIMカードというような使用者の基本データが入ったカード)や電池の接点に塗ったら携帯のレスポンスが早くなった」とか「パソコンの電源周りやモデム・電話線に使ってみたらインターネットの速度が速くなった」とか「車のアンテナに塗ってみたらラジオの感度が上がった」とか「車のバッテリーに塗ったらカーステレオの音が良くなる、エンジンの良くなる、ヘッドライトが明るくなる、パワーウインドウの速度が上がる」等々の報告が寄せられている。やっぱり鉄板じゃん!)

 仕事はまあ、いろいろあった。業者さんへリフォームの催促を数度。後は入居予定日について不動産業者さんと打ち合わせ等々。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パン、コーヒー牛乳。昼飯に冷凍うどん細麺で作ったかけうどん。夜は餃子5個(ぐらい)、キャベツ・キュウリ・トマトの生野菜、雌株の酢の物。ビール一缶、炒飯一皿。〆のコーヒーは如例。

 それからハイビジョン録画(初めてBW800でBD-REにコピーしたもの)の『ブラッド・ウルフ』を見る。人類の迫害を受けながらその血脈を繋いできた狼人間(この映画ではルガルー)たち。そのうちの女がコミックブック作家にまんまとナンパされ、恋に落ちるというお話。もちろん、人間との恋愛関係はルガルーの中では絶対のタブー、彼らの秘密が漏れたら人類に絶滅させられかねないからである。そんな訳でヒロインとそのコミックブック作家を巡って狼人間族がてんやわんやの大騒ぎになるのであった。

 ルガルーのボスを除いてキャラクターが弱く、彼ら同士の関係もうまく描かれないので、虐げられてきた民族という悲しみの部分が伝わってこない。それでいて単なる女性の旅行者を狩りと称して惨殺したりするから、こっちとしてはあまり同情できないのである(笑)。こういっちゃなんだが、こんなことやってたら人類に嫌われ殺されても仕方ないんじゃないかと思ってしまう。

 唯一感心したのはラストシーンってそれだけかい(笑)。苦闘の末ボスを何とか倒したヒロインと作家。彼らはボスの高級車に乗って街を脱出する。この時人間の中に混じって暮らしている狼人間たちが頭を垂れてこの車に敬意を表するのである。これが都市伝説的なイメージを喚起させ、映画に深みを与えているのであった。まあ、ちょっとその数が多すぎるのが何だが、いやもう事故を調べているお廻りさんと事故の加害者・被害者、みんな頭を垂れていたりするんだもの。そこまで多ければ実質的に街を支配しているようなもので、あんなに人間にわしらの秘密がばれる!と慌てなくてもよさそうなものであるが(笑)。

 ハイビジョン画質はさすがBW800、奥行き感や建物のディテールの描き方が随分と向上している。サラウンド音声はさらに凄く、BGMの定位の良さと質感表現がただごとではない。

 終了後BW200をヤフオクに出すための準備。パソコン用の掃除ブラシやティッシュペーパーを駆使して磨き上げ、新品同然(言いすぎ、言い過ぎ)とする。これに付属品を加えてデジカメで写真撮影。それから梱包作業。最後に「なるったけ良い値段で売れてください」と神様に祈りぽんぽんと拍手を打ったのであった。

 シャワーを浴びテレビをだらだら。就寝午前2時過ぎ。やっと寝たと思ったら外でパトカーと暴走族のおっかけっこだよ。これで目が冴えてしまい自室に戻ってまたテレビ。30分ほどで眠気がさしてきたので寝室に戻って今度は就寝成功。

|

« 4月20日(月) 俺がこんなに強いのも当たり前田のクラッカワー | トップページ | 4月22日(水) 「電脳の料理番」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4月21日(火) 「眠狂四郎 エンゲル係数殺法」:

« 4月20日(月) 俺がこんなに強いのも当たり前田のクラッカワー | トップページ | 4月22日(水) 「電脳の料理番」 »