« 4月28日(火) ボブ・ラザーはみんな生きている | トップページ | 4月30日(木) 『ザ ビースト~巨大一家の逆襲』 »

2009年4月30日 (木)

4月29日(水) チビ咽喉科

 背の低い耳鼻咽喉科の先生。サッカー漫画の代表作のひとつとして「イレブン」(原作・七三太朗、作画・高橋広)という作品があるのだが、韓国で開催された世界ユース大会(遺憾ながら私はこの大会がどういうものであるか良く知らない)で日本は苦戦の末韓国を破る。次に日本は強豪ブラジルと対戦するのだが、その時試合場に詰め掛けた韓国の皆さんは敗れた母国の夢を隣国日本に託して「イルボン!イルボン!」と声援を送るのである・・・、ないないない、絶対ないそんなこと(笑)。

 主人公青葉茂の活躍に魅せられた韓国の少年たちは彼を応援するために日の丸の旗を作って「日本の旗は赤い丸がひとつで作るのが簡単だ」と喜ぶのである・・・、ないないない、絶対ないそんなこと(笑)。

 私は別に一部の異様に熱心なネットの人たちのように韓国を嫌っているという訳ではないが(どんだけ韓国映画見てますか)やっぱりこの描写は今の目から見ると凄く変だよねえ。

 5月26日発売の『スカイ・クロラ』米国盤ブルーレイ ネットでようやく音声仕様を見つけた。ソースはこちら。(http://www.play-asia.com/paOS-13-71-13c-49-jp-70-3c3z.html) これによると5.1チャンネルサラウンドはドルビートゥルーHDで日本語・英語・ポルトガル音声を収録。サブとしてスペイン語ドルビーデジタル5.1チャンネルも収録される。一方、字幕は英語、フランス語、ポルトガル語、スペイン語を収録。ちょっと怪しい感じがしないでもないけれども(何故にポルトガル語のトゥルーHD5.1チャンネルなのか)現時点ではこれを信用するしかない。また映像コーディックには触れられておらず、こりゃ、やっぱり他の人が買うのを待ってからになるかな(笑)。

 てなことを書いたのですがその後でBlu-ray.comにて同様の表記を発見。映像コーディックはTBAだが、ちゃんとジャケット裏にも日本語・英語・ポルトガル語トゥルーHDと書いてある。ちょっと怪しいなんて書いてどうもすみませんでした(笑)。

 (http://www.blu-ray.com/movies/movies.php?id=4760)

 本日は休みなのであるが、5月の3,4,5を休むつもりなので代休ならぬ代出勤。仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのハンバーガーとコーヒー牛乳。昼飯は福岡の数多のラーメンブログで褒めちぎられているS丘の「Y」という店に行く。屋台豚骨ラーメンと炒飯のセット(800円)を頼んだがはっきり言って期待はずれ。上品だけれども旨みとコクがないという私の一番キライなタイプのスープだ。麺は非常に美味しかったけれどもこのスープとの組み合わせではせっかくの風味と腰が台無し。また炒飯はやたらに胡椒が利いており今の時代にこれはないだろうと驚かされる。不味くはないけれども、これは昭和30年代のふるーい炒飯の味だよ。

 この店は化学調味料を使っていないのがウリだというけれども、私のように化学調味料と食品添加物に毒された下品で不調法で「お前は犬におなり、ぺっ!」と女王様に言われてワンと鳴いているような舌の持ち主にとっては全然及びではないのである。この分ではもうひとつのラーメンメニュー 醤油豚骨・平打ち麺 「Yラーメン」も期待できそうにない。

 夕食は母親が出かけていたのでコンビニ飯。とはいえ、昼飯がまだ腹に残っていたのでししゃもとレトルトのカレーのみ。その代わりビール二缶飲んだ。〆のコーヒーは如例。

 その後ぽすれんレンタルブルーレイで『最高の人生の見つけ方』をみる。大金持ちだけど孤独なジャック・ニコルソン、しがない自動車整備工だけど家族に囲まれたモーガン・フリーマン、まったく違うタイプの二人だけれども、たったひとつの共通点は死の病に犯されていること。この二人が意気投合して死ぬ前にやりたいリスト(これが原題となっている)を作ってその項目を一つ一つ潰していく旅に出るという映画なのだが、このわざとらしくて非現実的な話ながら得られる感動のなんと静謐なことよ。これは映画を通して「確実に迫る死に対してどう対処すべきか」という通奏低音が奏でられているからで、このしっかりとした主張があるからこそ安っぽいお涙頂戴映画に堕していないのである。

 ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンという二人の名優の存在感も素晴らしい。普通に二人で話しているというなんということのない場面が私の胸にぐいぐい迫ってくる。

 ハイビジョン画質はちょっと進化したワーナークオリティ(笑)。ディテールを潰してまでグレインを消すという極端な方向ではないものの、やはり昨今の輸入版に見られるようなシャープな解像度は望めない。5.1チャンネルサラウンドはドルビーデジタルハイレート。こういう映画だからこそロスレスの高音質で楽しみたいのにいいと地団太踏まされたものである。

 シャワーを浴びてお酒。ひれひれ酔って午前1時過ぎ就寝。

|

« 4月28日(火) ボブ・ラザーはみんな生きている | トップページ | 4月30日(木) 『ザ ビースト~巨大一家の逆襲』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4月29日(水) チビ咽喉科:

« 4月28日(火) ボブ・ラザーはみんな生きている | トップページ | 4月30日(木) 『ザ ビースト~巨大一家の逆襲』 »