« 4月3日(金) 「鬱血物語」 | トップページ | 4月5日(日) 男装のレーニン »

2009年4月 5日 (日)

4月4日(土) 「ユイの中でユイの中でイッてみたいと思いませんか」

 シンジ君作るんかい!業界初のエヴァ駄洒落。北朝鮮ミサイル誤探知の件でかまびすしいこと。(読売新聞 - 04月04日 22:31より引用開始)北朝鮮が発射を予告した弾道ミサイルの探知を巡り、防衛省は4日、未発射にもかかわらず2度にわたり「発射した」という誤った情報を流した。

 これを受け、政府や一部自治体が「発射情報」を発表、報道機関に伝えられ海外でも報道された。防衛省の連絡内容の取り違えや機材の不具合が原因で、浜田防衛相は4日夕、「情報伝達の不手際で大変ご迷惑をかけた。厳しく指導したい」と陳謝した。

 政府は4日午後0時16分に、「官邸対策室」名で、「さきほど、北朝鮮から飛翔体(ひしょうたい)が発射された模様」と発表。5分後に「さきほどの情報は誤り。飛翔体の発射は確認されていない」と撤回した。

 防衛省の説明によると、午後0時16分、技術研究本部飯岡支所(千葉県旭市)に設置した警戒管制レーダー「FPS-5」が「何らかの航跡」を探知。この情報は防空指揮群(東京・府中市)経由で、ミサイル防衛システムを運用する航空総隊司令部(同)の担当官に伝えられた。だが、担当官は米軍の早期警戒衛星からもミサイル発射情報(SEW)がもたらされたと勘違い。この誤った認識をもとにして、防衛省の中央指揮所(東京・新宿区)の担当官が「発射」と判断、首相官邸の危機管理センターに防衛省連絡官を通じて伝えられ、発表された。

 直後の同17分、「FPS-5」が航跡を見失い、SEWも入っていないことが判明し、防衛省は同20分に首相官邸に訂正を連絡した。関係筋によると、「何らかの航跡」は人工衛星だった可能性が高いという。

 一方、4日午前10時48分には、陸上幕僚監部指揮所(東京・新宿区)から、「飛翔体発射」の誤情報が「コンピューターの不具合」により地方自治体との連絡などにあたっていた自衛官約900人にメールで送信された。このうち秋田県では自衛隊の連絡官がこの誤情報を県庁に伝え、県庁経由で県内市町村に連絡された。指揮所は同11時8分に誤発表であることを全国の連絡官らに伝えた。(引用終了)

 軍事面で参考にさせてもらっているサイト 週間オブイェクト(http://obiekt.seesaa.net/article/116782394.html#comment)によれば、千葉県の警戒レーダー「FPS-5」だけの情報で弾道ミサイルと断定して発表してしまったのがまずかった、アメリカ軍の早期警戒衛星や青森県車力に配備されたXバンドレーダー、ミサイル追跡機コブラボールなど、他の観測手段の中からもう一つでもダブルチェックをしていれば避けられていたとのこと。まあ、こういう複雑でしかも迅速な対応を必要とするシステムが最初から100パーセント上手くいく筈もなく、私は、むしろ、誤情報のそれぞれ、5分、20分後に訂正がなされたという対応を評価したいですな。

 いや、もちろん、この誤探知を庇うわけではありませんけれども(笑)。

 でもこの件に関して、「むやみに動揺するより、冷静に対処することの方がはるかに大事だ。いたずらに危機感をあおりすぎることも国際的に問題だ」と指摘。その上で、「このようないいかげんな政府は国民のためにならない」と述べ、政権交代の必要性を訴えた鳩山由紀夫民主党幹事長や、というか、また政権交代かい!「政府の大失態ではないか。間違ってミサイル防衛で迎撃していたら、先制攻撃にもなりかねなかった」と訳の分からないことを言う社民党のみずほなんかは相手にする必要なし。アホと違うか。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、本日は3日に一度の制限なしの昼飯、アンリミテッドランチを食える日なのでゆきみ家のカレーラーメン+小ごはん行っちゃいました。そして午後3時におやつとして(笑)プリン。夕食に昨晩の残りのステーキ一枚、串かつ一本、お好み焼き風コロッケ一個、生野菜たくさん。ビール一缶飲んでゴハンはなし。〆のコーヒーは如例。

 それからハイビジョン録画の『サウスバウンド』を見る。元過激派のオトーさんが巻き起こす珍騒動を使って家族の絆や子供達の成長を描くという映画らしいのだが・・・、森田芳光監督の全共闘世代への親しみ・シンパシーというのがほの見えていて、これが凄い違和感の原因となっている。このオトーさんをまるで元過激派の寅さんみたいな愛すべきキャラクターとして描こうとしているのが、私にとってはなんとも気持ちの悪い試みに映るのであった。ラストの私たち好き勝手にやって子供も放ったらかしにして逃げますけど、西表島の自然に免じて勘弁してくださいよと言わんばかりのラストにも出るのはため息ばかり。いくらなんでも時代錯誤でしょ、こりゃ。

 ハイビジョン画質は鋭さはないものの、柔らかな画調が返って自然の美しさを引き立てているように思う。まあ、あの黒浮きには困ったものであるが(笑)。AAC5.1チャンネルは音場の充実感には欠けるが、効果音の定位が素晴らしい。

 その後ぽすれんのレンタルDVDで『デビルズ・ビレッジ 魔神のいけにえ』(『The Devil's Men』 1976年)を見る。朧月夜、KKKのような頭巾とローブを見につけた人々が洞窟へ急ぎます。その洞窟の中には鼻から炎を吹き出すミノタウロスの像や円形の祭壇などがあって、どうにも怪しい雰囲気。そして頭巾を被った人々のリーダー格 コーファックス男爵(ピーター・カッシング)が高らかに唱えます。「我ら、主の前で素顔を隠す」これをみんなで唱和して、その言葉どおりに頭巾を頭まで引き揚げます。

 そして一人だけ素顔をさらしたままの少女が進み出てカッシングから恐ろしげなナイフを受け取りました。少女はそのナイフで石の椅子に縛り付けられている男女を無造作にぐさ、ぐさ。またミノタウロスの像の鼻から炎が噴出してタイトルでます。

 さて、その後村の警察へ電話が掛かってきます。どうやら、行方不明の若者を心配した神父様(ドナルド・プレザンス)が問い合わせてきたもよう。電話に出たベンドリス巡査部長(ディミトリス・ビスラニス)はいかにも面倒くさそうに「はあ、行方不明、人聞きの悪いこと言わないで下さい、若者が村に来て、帰っていった、それだけのことです。その後のことは知りませんよ、何、これで二件目だ、殺されたのではないか、ええ、仕事をサボるな、大きなお世話だ」電話を叩ききってしまいました。

 憮然とした神父様、思い余って旧知の私立探偵マイロ(コスタス・カラギオルギス)に助けてくれという手紙を出すのですが、マイロは女とやっている真っ最中。あ、ヘアとオッパイが見えた(笑)、「ああ、また行方不明がどうのという話だな。来てくれって書いてあるけど、そこまですることはないな」女の方も「変な儀式に巻き込まれたのかも知れないって、もうキチガイじゃないの」とか酷いことを言ってます。

 そうこうするうちに新たな登場人物。村の遺跡を調査に来た若者三人グループであります。イアン(ニコス・ヴェラキス)・トム(ロバート・ビーリング)・ベス(バナ・リバイル)の三人組。このうち、イアンとベスは恋人同士で、そのいちゃつきぶりにあてられたトムは寂しくなって(下半身の鬱血がこらえきれなくなって)手紙を書いてガールフレンドのローリー(ルアン・ピータース)を呼び寄せるという・・・(笑)。彼らは旧知の神父の家に世話になるのですが、夕食の席で「調査しようと思っていた遺跡で他の若者が行方不明になっている」という話を聞かされて逆に興味百倍。

 神父に止められないよう夜中にこっそり遺跡へ出発するのでありました。車の音で彼らの行動に気がついた神父、呆れながらも無事を祈ります。

 この祈りが神に通じて何事もなく遺跡の調査が終了、三人組が帰っちゃったということになると映画が終わってしまいますから(笑)、翌朝、さっそく事件が起こります。村へ朝食のために買い物に行くベス、その間に男二人は遺跡を調べ始めたのです。割合、あっさりと謎の墓穴が見つかりまして、二人は「おー、すげえ、すげえ」と中に潜り込んじゃった。これが冒頭のいけにえの儀式が行われていた洞窟に繋がっていたわけで、すぐに男女二人の死体を発見します。「神父さんの言ったことが正しかったんだ」と息を呑むトムとイアン。その直後、「ミノタウロスの部屋を侵せしものは死ななければならぬ」という声が響いたのでした。二人はどうやら捕まってしまったようです。

 そんなこととは露知らず村の雑貨屋で買い物をするベス。「あのね、パンとベーコンを下さらない」なんて言っている彼女の後ろにああ、あれは冒頭でいけにえにナイフを突き立てた少女ではありませんか。彼女は雑貨屋の主人にパパと呼びかけます。なんと彼女はこの雑貨屋の娘だったのです。

 さらにピーター・カッシングとその運転手マックス(ジョージ・ヴェイルス)が登場。彼はベスが落としたパンを拾ってあげると、「あー、君たちは遺跡の調査に来たのだね、あそこの土地は私のものだが、勝手に調査してくれてかまわんよ。それに何か困ったことでも起きたら遠慮なしにおっしゃいなさい」と優しい言葉をかけるのでした。嬉しそうに頷くベスです。その後、すぐに「何か起こったら」という言葉が現実のものになるなど思ってもみずに・・・。

 車で戻ったベスは愕然とします。張っていたテントが影も形もなかったからです。もちろん、トムもイアンも見当たりません。途方に暮れたベスは思い余ってカッシングの居城を訪ねます。カッシングは優しく「彼らはすぐに見つかりますよ、宿で休んでおいでなさい」でもベス、歩いて帰る途中、黒頭巾の男たちに拉致されてしまいましたとさ(笑)。

 さて、この後トムに手紙で呼び出されたローリーが空港に到着。彼女はトムたちと合流しようとしたのですが、もちろん駄目。それで神父のところへやってきます。神父はこれで、「ウワー、連続三件の行方不明事件だ、これはもう放っておけん!」彼は今度は手紙ではなく直接長距離電話でマイロに出動を依頼したのであります。今度は無視するわけにもいかずしぶしぶ腰を上げるマイロ。

 マイロの到着を待って村へ向かう三人。村へつくなりお葬式。なんでも宿屋のご主人が亡くなったそうであります。彼らは警察へ行って詳しい事情を聞きだそうとするのですがベンドリス巡査部長にはぐらかされるだけ。三人は宿屋の主人が死んだために、変わりに巡査部長の世話で雑貨屋に滞在することになりました。

 この時警察署でミョーに焦った女がいまして、三人に「お話したいことがある」なんていいます。でもその直後戻ってきた巡査部長に気がついて「ここでは駄目、後で私の家へ来て」と言い残すなり慌てて逃げ出してしまったのです。むむっ、これは怪しい。

 その後雑貨屋に落ち着いた三人。神父さんは十字架、聖水などの悪魔祓いグッズの整理(笑)、ローリーはシャワー。でもこのシャワーを黒頭巾の男達が覗いていたってそれは単なる出歯亀だろ(大笑い)。ローリー、恐怖で失神してしまいました。

 翌朝、オープンカーで遺跡の調査に出かけます。ローリー、どうやら昨夜の体験をマイロ、神父に信じて貰えなかったらしくてカンカン。「もう信じないのなら信じないでいいわよ!」とか叫んだりしております。そして程なく遺跡に到着。そしてトムとイアンの時と同じく割合あっさりとあの洞窟への入り口を見つけたのであります。ミノタウロスの部屋へ入って周囲を調べる三人。と、その時頭上のシャンデリアが突如落下。とっさにマイロが二人を突き飛ばして難を逃れます。その後シャンデリアのワイヤーを調べてみると、明らかに何者かによって切断されていたことが分かって戦慄する三人です。

 「誰かがいる。私たちを見張っている」と呟く神父。

 その後雑貨屋へ戻ります。ローリーは疲れちゃったからということでシャワー。その時マックスがやってきました。主人であるピーター・カッシングが彼らを城へ招待したいというのです。神父とマロイはシャワー中のローリーを放っておいて、酷い(笑)、マックスの運転する車でカッシングの城へ向かったのでした。

 城に入るなり態度を豹変させたマックスがピストルを取り出して二人を脅迫、そのままミノタウロスの部屋に連れ込んでみんなでよってたかって石の椅子に縛りつけ、あの少女がナイフでぐさ、ぐさっなんてことになると映画が終わってしまいます(笑)。何気ない態度で二人を迎えるピーター・カッシング。彼の城にはもう一組のお客様がいました。あの葬式をやっていた宿の主人の未亡人ミカエラ(アナ・マンツォラニ)と彼女の赤ん坊です。神父は赤ん坊のガラガラに目を留めます。彼はその表面に施された飾りを見て「これは古代ミノア人の儀式に使われていたものだ」たかがガラガラでえらいこと持ち出しますなー(笑)。

 カッシングは「わはは、凝っているでしょ」と何気ない振りをして神父とマイロを送り出します。帰り道、そっとマイロに囁く神父。「ありゃ、ミノア人のいけにえの象徴なのだ」だんだん、面白くなってまいりました。二人はそれから例の怪しい女の家を訪ねます。

 本日はここまで。

 その後だらだらTV。就寝午前2時半。

|

« 4月3日(金) 「鬱血物語」 | トップページ | 4月5日(日) 男装のレーニン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4月4日(土) 「ユイの中でユイの中でイッてみたいと思いませんか」:

« 4月3日(金) 「鬱血物語」 | トップページ | 4月5日(日) 男装のレーニン »