« 4月5日(日) 男装のレーニン | トップページ | 4月7日(火) 「時には調布のように」 »

2009年4月 7日 (火)

4月6日(月) 「サーマイトの狼」

 ミクシィにいる911陰謀論者。はっきり言ってキチガイばかり(笑)。「日本トンデモ本大賞前月祭2009」のお知らせでーす。「毎年恒例となったトンデモ本大賞前月祭!今年は、大槻ケンヂさんをゲストに迎え、ムーブ町屋で開催!
大賞では出来ないどんなトークやネタが行われるか!?」

【司会】成田優介(JJポリマー)
【出演】山本弘(と学会会長)、皆神龍太郎(と学会運営委員)
【ゲスト】大槻ケンヂ

【日時】平成21年5月10日(日) Open14:00/Start14:30
(16:30終了予定)
【場所】ムーブ町屋 荒川区荒川7-50-9 センターまちや 3・4F
地下鉄千代田線、京成線、都電・町屋駅より徒歩1分
http://www.cbc-move.jp/index.html
前売¥2500 / 当日¥2800(全席自由。前売券の番号順のご入場となります)
前売券はe+で4/11(土)から発売
http://eplus.jp/sys/main.jsp

 みんな行くよね、そうだよね、え、何、その日はちょっとって・・・、おとなしく言っているうちに行きなよ(笑)。

 NHK BSHiで録画した『スターウォーズ クローン大戦』 これを再生してみたらびっくり。あの『トップを狙え!2』よりも画面破綻の頻度が多い。爆発シーンなどではもちろん、アナキンがライトセーバーを振るだけで画面が崩れやがる(笑)。私はしばらく我慢してみていたのだが、とうとう辛抱しきれなくなって再生を中止、ブルーレイソフトを借りることにしたのである。これはもはや放送できるレベルではなく、月々高額の受信料を取りながらなんてザマだと呆れてしまう。はっきりいってふざけんな!というキモチだ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯に冷凍うどんのぶっかけ。夕食にすき焼き、ブリの刺身、生卵一個。ビール一缶、ゴハンを一膳。〆のコーヒーは如例。

 その後ハイビジョン録画の『スルース』を見る。いや、最初は『スターウォーズ クローン大戦』を見ようと思ったのだが前述の理由でこっちに切り替えたのである。全編を通してマイケル・ケインとジュード・ロウの二人だけで展開される映画で1972年の『探偵スルース』のリメイク。二人の緊迫感あふれる芝居にぐいぐい引き込まれてしまったけれども、ラストの展開は正直言ってついていけなかった。緊張感が途中で途切れてしまった感じで、前半との乖離が大きすぎた。

 ハイビジョン画質はハイコントラストで艶のある黒の表現に唸らされる。ステレオ音声はサラウンド感はあまりないものの、音自体の品位は極めて高い。

 その後ぽすれんのレンタルDVDで『ドラキュラ復活・血のエクソシズム』 (『SCARS OF DRACULA』 1970年)を見る。夜の闇に浮かぶドラキュラ城。赤いマントが掛けられた棺桶が見えます。そのマントの上に散らばっているのは灰となったドラキュラ。ここにきーきーと鳴きながら蝙蝠が飛んできます。その口からぽたりぽたりと血が垂れて灰をぬらします。すると灰が骨になり、その骨に肉がついて、はい、ドラキュラ復活です。「ふー、良く寝たザマス」と呟いたドラキュラ。さっそく出動です。

 次の日、女の亡骸を抱えて歩く男。ここでオープニングクレジットがでます。男はそのまま村の酒場へ。この事態に村人は怒り狂って「あのドラキュラの畜生めをやっつけるだ!」彼らは女達を教会に避難させ、馬車にたいまつと油の樽を積んでドラキュラ城へ向かいます。下僕を騙して城の扉を開けさせてなだれこむ男達。彼らは油の樽を城の中にぽんぽん投げ込んで火をつけたのです。猛火に包まれるドラキュラ城。男達は満足して村へ戻ったのですが・・・、女達を避難させていた教会から吸血蝙蝠が飛び出してきた。なんだなんだと教会に入った男達が見たのは虐殺された女たちでした。愕然となる村人たち。

 ここで場面がぱっと変わりまして、セーラ(ジェニー・ハンレー)というお嬢様の誕生パーティ。このパーティでなにくれと彼女の世話を焼いているのがサイモン・カールソン(デニス・ウォーターマン)。どうやら彼女の恋人らしい。セーラはみんなからおめでとうの祝福を受けてほおを染めております。

 このパーティにまだ顔を見せていないのがサイモンの弟、ポール(クリストファー・マシューズ)であります。彼が何をやっていたのかというと、えー、これが女とやっていたという(笑)。彼ははっと思い出してパーティに行こうとしたのですが、その時ぽとりとプレゼントの包みを落としてしまいました。それを見た女が「ンマー、あたしとヤッたのに別の女のところへ行こうというの」と怒り狂います。彼女はたまたま戻ってきた父親に「あいつが窓から押し入ってきて私にあんなことや、こんなことを」と叫んだのです。

 ポール、掴みかかってくる父親を交わして「じゃ、さいならー」飛び出していってしまいました。父親は警察に彼の逮捕を依頼します。

 さて、パーティ会場に姿を見せたポール、さっそくセーラにプレゼント、高価な額縁に収められた彼女のポートレート写真、を差し出します。ところがこの時警察がやってきた。「こりゃいけない、じゃ、さいならー」窓から脱出するポール。サイモンとセーラはそんなポールに「今度は何をやらかしたのか」と心配するのでした。

 窓から飛び降りたポール、丁度下にとまっていた馬車の屋根を突き破って飛び込んでしまいます。これで大いに驚いたのが馬で直ちに暴走開始。御者は追いかけようとしますが、馬の足にはどうやったって勝てる訳がない。

 暴走する馬車。ポールは何とか御者台に移って馬を止めようとしたのですが、もうこれが全然とまらない。いつの間にかあたりはうっそうとした森になっておりまして、ついにポール、枝に顔をはたかれて馬車から転げ落ちてしまうのでした。

 パーティが終わってお客達を送り出したセーラとサイモン。「ポールは大丈夫かしら」サイモンはむっとして「君はそんなにポールのことが気になるのか、あいつの方が好きなのか」「馬鹿ね、愛するあなたの弟だから心配しているのよ」そしてキスをいたします。

 本日はここまで。

 シャワーを浴びてお酒。お供はDVDの「ウルトラQ 2020年の挑戦」久しぶりだからか、やたらに綺麗に見えたぞ。就寝午前2時すぎ。

|

« 4月5日(日) 男装のレーニン | トップページ | 4月7日(火) 「時には調布のように」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4月6日(月) 「サーマイトの狼」:

« 4月5日(日) 男装のレーニン | トップページ | 4月7日(火) 「時には調布のように」 »