« 4月8日(水) トップ屋効果 | トップページ | 4月10日(金) 叉焼の名月 »

2009年4月10日 (金)

4月9日(木) 『中台の穴居人』

 元ネタはコーマン映画『十代の穴居人』(『Teenage Caveman』)。この作品の正式な邦題は『恐怖の獣人』であり、『十代の穴居人』は原題の直訳である。だから駄洒落としてはいささか卑怯なのだが、どうか許されよ。だってさすがにネタが尽きかけているんだもの(笑)。

 ある輸入ブルーレイを扱っているブログ。米国盤・カナダ盤・英国盤等々とにかく手広く買っていて、「あ、日本語字幕付だと思っていたのに違った!」とか「あ、英国盤買ったらリージョンBで再生できなかった!」とか、いわゆる人柱になっていらっしゃる。そしてこの人が注文する『スカイクロラ』のブルーレイはもちろん5月26日に発売される米国盤。「値段が国内盤の半額だ!」というのが購入最大の理由なのだけれども、同時に「これでサラウンドがドルビーデジタルだけだったら切腹モノだ!」ともおっしゃっているのである。

 どうしてあらかじめ調べないのだろう(笑)。そりゃ、現時点でハイデフ・ダイジェストでもサラウンドフォーマット、映像コーディックはTBA(To Be Announced 後日発表の意)になっているけど(http://bluray.highdefdigest.com/2212/skycrawlers.html)、発売日までには詳細な情報が判明するはずだ。これを待ってから発注を掛けても遅くないのではないか。ドルビーデジタルとトゥルーHD、DTS-HDマスターオーディオとは雲泥の差があって、たとえ半額だろうがその価値はないと言ってもいい。いや、『スカイクロラ』はロスレスで視聴しないと『スカイクロラ』にならないんだよ(笑)。

 調べる手段がなければこうした冒険もやむを得ないかも知れない。だが、そんなことはなくちょっと検索すれば発売日までにはそうした情報が確実に手に入るのである。その手間さえ惜しんで、むやみやたらに発注するという行為は「人柱」などではなく、単なる無駄遣いに終わってしまうのではないかと思うのだが。

 まー、一言で言えばそうした無駄遣いが可能なお金持ちはいいやねということですか(笑)。私は間違ってもお金持ちではないのでハイデフダイジェストに詳細情報が出るのを確認してから注文したいと思います。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食べたもの、昼にカップヌードル。夜に鯵とヨコワの刺身、カレイの煮付け、タコとキュウリ・ワカメの酢の物、お茶漬けでゴハンを一膳。ビールは飲まず。〆のコーヒーは如例。

 その後ハイビジョン録画の『リボルバー』を見る。あの二人がチェスの天才とペテンの巨匠であることが早くに分かりすぎてそれ以降の話を非常につまらないものにしてしまった。ジェイソン・スティサムのモノローグもうっとおしく冒頭でわくわくさせられた俺の気持ちをどうしてくれるのだと思うのである(笑)。

 ハイビジョン画質は優秀。きりっとした絵でありながら輪郭の強調が感じられないのが私好み。黒の沈みも気持ちよくより映画をスタイリッシュに見せてくれる。AAC5.1チャンネルもリア音場の濃厚さが素晴らしい。

 この後事務所へ戻って2時間ばかり何かをやる。何かと言ってもオナニーではないので念のため。

 自宅へ戻ってシャワーを浴び、あとは録画しておいた「黄金伝説スペッシャル」を最後まで。その間にケーブルテレビSTBからブルーレイディーガへのムーブ作業も行う。どちらのHDDも残り10時間を切っており、このままでは近いうちにスターリンばりの大粛清を行わなければならぬであろう。

 就寝午前3時過ぎ。

|

« 4月8日(水) トップ屋効果 | トップページ | 4月10日(金) 叉焼の名月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4月9日(木) 『中台の穴居人』:

« 4月8日(水) トップ屋効果 | トップページ | 4月10日(金) 叉焼の名月 »