« 5月12日(火) 「井の中カーズ大海を知らず」 | トップページ | 5月14日(木) チーチよ、ハッパよ、妹よ »

2009年5月14日 (木)

5月13日(水) ガンホの宿

 ソン・ガンホがかんぽの宿に宿泊したという非常に難解な駄洒落。少なくとも名のある師のもとで15年以上厳しい修行に耐えないとこんな駄洒落は思いつけない。

 ピースボートがなぜか海上自衛隊の護衛艦に護衛して貰ったというニュース。(http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090514/plc0905140140001-n1.htmより引用開始)「反対…でも守って」 海自がピースボートを護衛 ソマリア沖 2009.5.14 01:38 海賊対策のためアフリカ・ソマリア沖に展開中の海上自衛隊の護衛艦が、民間国際交流団体「ピースボート」の船旅の旅客船を護衛したことが13日、分かった。ピースボートは海賊対策での海自派遣に反対しており、主張とのギャップは議論を呼びそうだ。 海自の護衛艦2隻は11日から13日にかけ、ソマリア沖・アデン湾を航行する日本関係船舶7隻を護衛。うち1隻がピースボートの船旅の旅客船だった。ピースボートは社民党の辻元清美衆院議員が早稲田大在学中の昭和58年に設立。船旅は寄港地のNGO(非政府組織)や学生らと交流を図ることなどを目的としている。 66回目となる今回の船旅は約3カ月半に及ぶ地球一周で、北欧5カ国とフィヨルドを巡るのが目玉。約600人が参加し、4月23日に横浜港を出発後、中国とシンガポールに寄港。ピースボートのホームページには船旅の最新リポートとして、デッキで催されたフルーツパーティーの様子が掲載されている。 ピースボート事務局によると、船旅の企画・実施会社が護衛任務を調整する国土交通省海賊対策連絡調整室と安全対策を協議し、海自が護衛する船団に入ることが決まったという。ピースボートは市民団体による海自派遣反対の共同声明にも名を連ねている。事務局の担当者は「海上保安庁ではなく海自が派遣されているのは残念だが、主張とは別に参加者の安全が第一。(企画・実施会社が)護衛を依頼した判断を尊重する」と話している。(引用終了)

 いつかのイラク人質芸者衆みたいに「私たちは平和の使者です」と紛争地域に出かけていきあっさりとっつかまって、その解決のために多額の税金が使われるよりははるかにましなのであるが・・・やっぱり税金の無駄遣いだよな、こんなのは。またこの期に及んで「海上保安庁ではなく海自が派遣されているのは残念」などと抜かす事務局担当者にも腹が立つ。アホと違うか。

 なお、5月14日現在、ピースボートの公式サイトではこの件について何の告知もしていない。

 本日はお休み。午前9時半に事務所へ出て日記付けとネットのチェック。後は例によって徒歩で天神まで出かけていき赤のれんでラーメン+小炒飯 替玉つきの飯を食って漫画喫茶。終了後、ジュンク堂にて唐沢俊一さんの「昭和ニッポン怪人伝」を購入して徒歩で事務所へ戻った。亀の世話やミクシィへの書き込みして午後5時過ぎに帰宅。缶ビール一本飲んで「レインボーマン」を見たのである。

 夕食はタイとブリの刺身、ゴーヤと豆腐の炒め物、鯛の煮付け。ビールをもう二缶飲んで私はすっかりいい気持ちになってしまいましたよ。ゴハンはなし、〆のコーヒーは如例。

 その後ハイビジョン録画の『フューチュラマ ベンダーの大冒険』を見る。『Futurama』は『ザ・シンプソンズ』の原作者として知られるマット・グレーニングが、デイヴィッド・コーエンと共に原案・製作総指揮を手がけたSFコメディアニメ。1999年に冷凍冬眠され、1000年後の2999年にめざめた青年フィリップを主人公に、彼が働く宇宙の運送会社《プラネット・エクスプレス》とその愉快な仲間たちを描く。全米で4シーズン続いた後、放送終了から4年後の2007年に製作された初の長編スペシャルが本作。アル・ゴア元副大統領(本人役)や「スター・ウォーズ」のM・ハミルらがゲスト出演している。

 とにかく全編に渡って張り巡らされたタイムトリップの伏線が凄い。最初の方こそ訳が分からなくなって眠くなってしまったけれども(笑)この仕掛けが動きだしてからのストーリーは躍動感に満ちたものとなる。全ての伏線が綺麗に回収され、パズルのピースのごとくぴたりぴたりと嵌っていく脚本の上手さ、特にラストのベンダー自爆を使ったギャグには大笑いしてしまったぞ。そしてフライとリーラのラブストーリーも切なくて、こんなアニメで純愛で感動させるのかよと驚かされてしまったのである。

 ハイビジョン画質は黒がびしっと沈んで実に明快な画調。宇宙艦隊戦で全ての宇宙船が見分けられる高解像度も好印象。ステレオ音声はサラウンド感がほとんどなく、こちらはちょっと残念な出来であった。

 それから途中までちびちび見ていた『私をスキーに連れていって』を最後まで。スキーという題材からオシャレでハナモチならない映画とばかり思っていたのですが(笑)、意外とそうではなかったですねー。むしろ伏線を真面目に張ってきちんと回収していく実に誠実な作りの映画だったように思います。また、あの車を壊しながら道なき道を爆走というパターンは『トラック野朗』への明快なオマージュであり、そういうところも好感が持てました。

 何より原田知世がむちゃくちゃに可愛い。とり・みき先生を始めとする知世原理主義者たちの想いがちょっと理解できるようになったと思います(笑)。

 ハイビジョン画質はなかなか良好。ナイトシーンで黒浮きが見られるのが残念であるが、年代を考えると健闘している部類。モノラル音声はちょっと篭り気味。さ行の音がきちんと出ていなかった。

 シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「ナイトシャッフル」 昭和31年の西鉄優勝パレードの写真がいい。何しろああた、パレードの先頭の車にはチーム名にちなんでライオンの剥製が乗せてあったんだから(笑)。

 (註 西鉄バスにタイヤを納めていた久留米市のブリジストンの初代社長石橋正二郎氏により寄付されたもの。現在この剥製は寄贈先の東京都小平市の小平中央図書館にて保管されているそうな)

 ひれひれ酔って就寝午前1時過ぎ。

|

« 5月12日(火) 「井の中カーズ大海を知らず」 | トップページ | 5月14日(木) チーチよ、ハッパよ、妹よ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5月13日(水) ガンホの宿:

« 5月12日(火) 「井の中カーズ大海を知らず」 | トップページ | 5月14日(木) チーチよ、ハッパよ、妹よ »