« 5月19日(火) 「荒淫のバカンス」 | トップページ | 『サント対絞殺魔の幽霊』(『El espectro del estrangulador』 『The Spectre of the Strangler』 1963) »

2009年5月21日 (木)

5月20日(水) 「大草原の小さな遺影」

 どこで葬式やっとんねん!あるAVブログの記述・文章が気になって気になってしかたない。曰く「ビットストリーム出力に期待してHD DVDプレーヤー 北米モデルのHD-A35を買ったがHD-DVD音響規格にロスレスが皆無だったために無駄になってしまった」 あの、HD DVDソフトにはロスレスのトゥルーHD、ごく希少であるけれどもDTA-HDマスターオーディオが収録がありましたが、なんで皆無ということになってしまうのか。それに何よりすぐその後の文章でDTS-HDマスターオーディオが収録されたHD DVDソフト 「北米盤イーグルスライブ」(このHD DVD ジャケット表記では単なるDTS5.1チャンネル収録になっているのだが、実際はDTS-HDマスターオーディオが収録されているというややこしいソフトである)に触れているのである。自分で書いていて変だと思わないのだろうか(笑)。

 何を細かいことぐちぐち言っているのかと揶揄されそうであるが、こんなブログが他のAVブログで「巷のAV評論家はあてにならん、HD映画で悩んだらこのサイトで確認すべし」などと紹介されているのである。こんなブログを引き合いにされて「世のAV評論家はあてにならん」とか言われても、困るのである。

 輸入ブルーレイの『ウェディング・シンガー』 ちゃんと日本語字幕、音声付であった。再生を始めるとデフォルトの状態で日本語字幕が出てくるのにびっくり。しかもメニュー画面まで日本語。初期言語設定が日本語設定のプレーヤー、レコーダーで再生すると自動的に日本仕様で再生される仕組みなのだが、実際目の当たりにするとびっくりします(笑)。

 本日はお休み。午前9時半に事務所へ出て日記付けとネットのチェック。それから例によって徒歩で天神へ出かけていき赤のれんでラーメン+替玉 小炒飯の定食。今日のラーメンは出汁が良く出ていて非常に美味かった。その後はこれまた例によって漫画喫茶で3時間。終了後ジュンク堂にてラズウェル細木「風流つまみ道場 #3」を求めて歩いて事務所へ戻る。某所への電話連絡やたまっていた燃えないゴミ出しなどをやって帰宅。缶ビール一本飲みながらレインボーマンを見る。サイボーグキャシーの酷い死に様に大笑いである(笑)。

 夕食はブリの刺身、鯵・キュウリ・ワカメの酢の物、後は出来合いのトンカツを使ったカツ丼。ビールをもう一缶飲んで〆のコーヒーは如例。

 その後レンタルブルーレイの『鉄ワン アンダードッグ』を見る。駄目警察犬のビークル犬が小人のキチガ×博士というディズニーらしからぬヤバさのキャラクター(笑)の実験に巻き込まれて予期せぬ事故によりスーパーパワーを得てしまうというお話。ストーリー的にはもう予想通りの展開で意外性など無きに等しいのだが、例によって細かいクスグリが上手いんだ。キチガ×博士の相棒の大男のドジっぷりとか、本家のスーパーマンそのままにアンダードッグがガールフレンドの犬を連れて空中散歩とか、登場時の決め台詞に悩むとか、みなさん、生真面目に考えますなあ(笑)。この生真面目さがあるからこそ、犬がスーパーヒーローになって空を飛び回るという馬鹿馬鹿しいアイデアがちゃんと実写映画になっているのである。

 ハイビジョン画質は遠景の解像度が今ひとつ。サラウンド音声は今時珍しいリニアPCM5.1チャンネル。この作品は米国盤ブルーレイが比較的早く出されていましたからな、それをそのまま引き継いでいるのでしょうな。音圧が低くヴォリュームを普段より2ノッチ上げる必要があった。

 シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「ナイトシャッフル」 松下電器の大電飾看板をCGで再現してみせたのにびっくり。当の松下にさえ当時の資料はまったく残っていないというのに(笑)。その後またプロジェクターを起動させてハイビジョン録画の『三大怪獣 地球最大の決戦』の続き。就寝午前1時過ぎ。

|

« 5月19日(火) 「荒淫のバカンス」 | トップページ | 『サント対絞殺魔の幽霊』(『El espectro del estrangulador』 『The Spectre of the Strangler』 1963) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5月20日(水) 「大草原の小さな遺影」:

« 5月19日(火) 「荒淫のバカンス」 | トップページ | 『サント対絞殺魔の幽霊』(『El espectro del estrangulador』 『The Spectre of the Strangler』 1963) »