« 『サント対邪悪なる脳』(『Santo contra el Cerebro del Mal』 『Brain of Evil』 1958年) | トップページ | 『ドラキュラ '72』Dracula A.D. 1972 »

2009年5月23日 (土)

5月22日(金) 『波動を越える渡り鳥』

 「こ、これは兄貴の波動ネックレス」 AVブログに文句をつけるシリーズ第三弾(だったかな)。あるAVブログで「『APPLESEED』(リニアPCM5.1) 高いけどこれは買わなきゃロスレスLPCM」「『平成ガメラブルーレイボックス』(リニアPCM5.1チャンネル) 出た出た出た、ロスレスやで』 リニアPCMは無圧縮のデジタルデータ。ロスレスとは圧縮・解凍のプロセスを経ても情報の欠落がなく元情報を完全に再現できる音声フォーマットだから、この両者はまったく違うもの。だからロスレスPCMという呼び方は誤っているのである。強いて呼ぶなら「無圧縮リニアPCM」というのが適当であろう。

 細かいことをあげつらっているようだが、間違いは間違いなのである(笑)。

 メタルラック本棚作戦進行中。本を抑えるためにブックエンドを使おうと思っていたのだが、これが意外と高いのですな。近隣の一番安い店でも一組300円もしてしまう。四段のメタルラックで両側から本を詰め込むから4×2で8組必要になるから約2,400円の多大なる出費となる。しかもその安い店はもう品切れになっているという・・・(笑)。これでは安いメタルラック(3,000円)を使う意味がなくなってしまうので、窮余の策として針金を使って本を固定するようにしたのである。

 一巻き124円の針金(黒のビニールコーティング仕様)をラックの両側に網目状に張り巡らす。手間がかかっておまけに貧乏くさいのだが(笑)強度に不足はなし。ラックの天板だけはブックエンドを使わざるを得ないが、それでも二組で済んでしまう。だからラック代、ブックエンド代、針金代を合わせてもおおよそ3,700円程度。この値段で単行本にして160冊の収容能力を持つ本棚が調達できるのだ。この不景気の時代、なかなかおりこうなやり方と自負するものである。

 仕事はまあ、いろいろあった。店舗関連の問い合わせが連続し振り回される。食ったもの、朝飯にコンビニのチキンカツサンドとコーヒー牛乳。昼飯に膳のラーメン+替玉。間食のスイーツとして(笑)チーズケーキ。夜はサーモンソテー、付け合せの生野菜、マグロとホタテ貝柱の刺身。ゴハン食わなかった代わりにビール二缶飲んでしまった。

 アンリミテッドランチの日ではないのに何でこんな食い方をしたのかというと、これは夜に町内会の理事会があったから。これが結構時間の掛る話し合いになるもので腹が空かないよう食いだめをしていたのである(笑)。

 帰宅後シャワーを浴びて夕食。その後一時間映画を見て午後11時過ぎから前述のメタルラック組み立てと本の整理。これがもう大変で大変で終了したのが午前1時過ぎですよ。2時間も掛かった訳ですよ。今晩は『怪物の花嫁』後半を見るつもりだったけれども、そんな気はうせてしまいましたよ。くたくたになって部屋へ戻り録画しておいた「黄金伝説」など見たですよ。

 就寝午前2時半過ぎ。

|

« 『サント対邪悪なる脳』(『Santo contra el Cerebro del Mal』 『Brain of Evil』 1958年) | トップページ | 『ドラキュラ '72』Dracula A.D. 1972 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5月22日(金) 『波動を越える渡り鳥』:

« 『サント対邪悪なる脳』(『Santo contra el Cerebro del Mal』 『Brain of Evil』 1958年) | トップページ | 『ドラキュラ '72』Dracula A.D. 1972 »