« 5月25日(月) 「ミクシィ、苦痛」 | トップページ | 5月27日(水) 西新リアクター部隊 »

2009年5月27日 (水)

5月26日(火) 「サブカル・オブ・サイレンス」

 この駄洒落に関して苦情は受け付けません。ご了承ください。恒例WOWOWの7月番組表である。7月4日『アラジン完結編/盗賊王の伝説』吹き替え 7月5日『いつか眠りにつく前に』5.1 『狂熱の季節』 7月6日『カンナさん大成功です!』5.1 『第三の死角』 7月8日『黒い太陽』 『写楽』 『ランジェ公爵夫人』 7月9日『ランド・オブ・ウーマン優しい雨の降る街で』5.1 『ジャッジ・ドレッド』5.1 『アキレスと亀』5.1 7月10日『狼よさらば』 『ストリートファイター』 7月11日『カリフォルニア・ドリーミング』 『さよなら。いつかわかること』 『告発のとき』5.1 『やわらかい手』 7月12日『ヒズ・ガール・フライデー』 『レイダース 失われたアーク《聖櫃》』5.1 『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』5.1 『インディ・ジョーンズ 最後の聖戦』5.1 『アローン・イン・ザ・ダーク Ⅱ』 7月13日『僕たちのアナ・バナナ』5.1 『特急二十世紀』 『その名にちなんで』5.1 『この道は母へとつづく』5.1 7月15日『ブレス』 『10人のワケあり男女』 7月16日『ファン・ジ二 映画版』 『純喫茶磯辺』 7月17日『言えない秘密』 7月18日『ジェイン・オースティンの読書会』5.1 『カンフー・ダンク!』5.1 7月19日『ディセンバー・ボーイズ』5.1 7月20日『アメリカを売った男』5.1 7月21日『レイジング・ケイン』 7月22日『シティ・オブ・メン』5.1 7月23日『ライセンス・トゥ・ウェディング』5.1 『フライング☆ラビッツ』 7月26日『ストリート・レーサー』5.1 『エグジット・スピード』5.1 7月28日『アウェイ・フロム・ハー君を想う』5.1 7月30日『うた魂♪』5.1 

 未見映画が37本。インディアナ・ジョーンズシリーズのHV一挙放送も嬉しいぞ。まったく7月もWOWOWは元気で私はどうしてあの国の首領様が「WOWOWを見せよ、しからば核開発、ミサイル開発を停止せん!」と国連安保理に要求しないのかまったく理解できないのである。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのハンバーガーとコーヒー牛乳、昼飯にマルタイ棒ラーメンを一食分。たっぷりキムチをぶち込んで食うとンまかった。夕食はマグロの刺身、肉じゃが、炒飯。ビール二缶不覚にも飲んでしまいましたよ。〆のコーヒーは如例。

 その後今までちびちび見ていたハイビジョン録画の『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』を最後まで。連合赤軍の誕生から自壊、そして浅間山荘事件に至るまでを描いた映画である。本作は一部から連合赤軍を美化しすぎているとの批判があるそうだが、私にはとてもそうは思えなかった。時代性を剥ぎ取り、また共産主義という理想への傾倒を除いてしまえば、この映画での連合赤軍は単なるカルト集団としか見えないのである。彼らは総括という言葉を使って、彼らの思惑から外れたと判断された人物を次々にリンチにかけ殺していった。全員でよってたかって暴行し、氷点下にもならんとする屋外に放置して凍死させたりするのである。その総括という行為も最初こそ、「てめえ、さぼってんじゃねえよ」という理由があったのだが(笑)、この判断基準も次第に恣意的なものとなり、しまいには「てめえ、二人だけで風呂に入ってきたのかよ、総括だ」で殺されてしまう。

 遠山美枝子(坂井真紀)の総括を喜々として指導する永田洋子などもう彼女の美貌に嫉妬いることが丸分かりで、こんな演出が彼らの美化に繋がるとはとうてい考えられないのである。

 ラスト近く、浅間山荘に押し入る連合赤軍メンバー、奥さんを銃で脅し縛り上げる。そして「我々は革命のため働いております。人民の為に戦っております」このちぐはぐさに思わず大笑いしてしまった。

 液晶モニター UNI-LCD24/Bでの鑑賞。色のりの薄さ、黒浮きが気になるけれども解像度の高さでそれを補ってくれる。雪が積もった山の中がいかにも寒そうなのがよろしい。

 その後今度はプロジェクターでハイビジョン録画の『マイ・ブルーベリー・ナイツ』をみる。初めてのウォン・カーウァイ映画であるが、予想通りというか、なんというか、合いませんでしたな(笑)。ヒロインの魂の彷徨的なテーマは分かるのだけれども、「そんなんどーでもいいじゃん」という会話が延々続いて私のような人間には退屈極まりなかった。凝ったカメラワークやキャラクターの作り方にはなるほどみるべきものがあると思うのだが、何しろ、私はこんな人間ざましょ、こういう高級な映画は似合いませんの。

 ハイビジョン画質は色の抜けが悪い。暗転でトーンジャンプが見えてしまっていたのも大きなマイナスポイント。5.1チャンネルサラウンドはBGMの品位の高さが印象に残る。

 その後シャワーを浴びてだらだらテレビや読書。就寝ちょっと早めの午前1時過ぎ。

|

« 5月25日(月) 「ミクシィ、苦痛」 | トップページ | 5月27日(水) 西新リアクター部隊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5月26日(火) 「サブカル・オブ・サイレンス」:

« 5月25日(月) 「ミクシィ、苦痛」 | トップページ | 5月27日(水) 西新リアクター部隊 »