« 6月10日(水) 『源平とバラバラ死美人』 | トップページ | 6月12日(金) 上からメーソン »

2009年6月12日 (金)

6月11日(木) タリバンは野菊のような人だ

 アフガニスタンに野菊はありませんから(と思う)。麻生首相が6月10日に発表した2020年までの温室効果ガス排出削減目標「2005年比15パーセント減(1980年比8パーセント減)」について、まあ、大いに予想されたことであるが、こんな馬鹿げたことを言っている市民団体の人がいますな。(2009年6月11日西日本新聞19面より引用開始)国内初のプルサーマル発電が計画される玄海原子力発電所がある市民団体「NO!プルサーマル佐賀ん会」のメンバー清流裕子さんは「温暖化対策を理由に、国は原発の比重を高めようとするのではないか。太陽光や風力などの自然エネルギーに力を入れるべきだ」と警戒感を示した。(引用終了)

 太陽光や風力などの自然エネルギー!そんなもので電力がまかなえるならもうとっくにやってますって(笑)。こういう人たちはまるっきり知識も持たず、勉強する気もなく、思い込みと偏見だけで原発(プルサーマル)に反対しているのだということが良く分かるご意見でありました。

 こんな恥ずかしい発言、新聞に載せんなよ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯にマルタイ棒ラーメン一食分、夕食が豚肉のみそ焼き二枚、マグロと鯛の刺身、生野菜、ビール一缶、ゴハン一膳。マグロはインド産の生マグロ。ねっとりとした食感が素敵・・・だったかな。〆のコーヒーは如例。

 その後ブルーレイで『スカイクロラ』を見る。ラスト近くで函南 優一が「アイル・キル・マイ・ファーザー」と英語で喋るのに、日本語字幕で「ティーチャーを殺す」と表示される印象的な場面、この部分の英語字幕は台詞と一緒になっていた。つまりアメリカ盤ブルーレイではこの台詞と字幕によるダブルミーニングの仕掛けがなくなってしまっている訳で、これは非常に残念。こりゃまた後から日本版買いなおすかな。

 画質・音質は文句なし。画質は映画の淡い色彩感覚を上手く表現しており、トーンジャンプもほとんど気にならない。サラウンドのトゥルーHD5.1チャンネルは日本版(レンタル)と同じく定位のしっかりしたコンパクトな音場を楽しませてくれる。

 その後今までちびちび見ていたハイビジョン録画の『セックス・アンド・ザ・シティ』をようやく見終わる。しかし、良く考えたらすげーよな、このタイトル、『性交都市』ですよ(そ、そうか)、なんかアジモフの小説みたいっすよ(そりゃ「鋼鉄都市」だっつーの)、さすが戦争に勝った国の人は偉いことを考えますな。

 内容はまあ、私が理解できるものではなし。恋愛沙汰がああなったのこうなっただの、旦那が浮気したのしてないだの、こういう興味の持てないストーリーが2時間20分にも渡って延々続くのである。けっして不出来な映画ではないのだが、私のような人間には退屈きわまるものであった。じゃあ、見なきゃいいだろと言われるかも知れないけど、これはあれですよ、不味い博多とんこつラーメンでもとりあえず替え玉まで食って文句を言うみたいなものですよ。

 ハイビジョン画質はこってりとした発色が魅力的。5.1チャンネルサラウンドは音声に迫力あり。こんな内容の映画にふさわしくないと思えるほどであった(笑)。

 シャワーを浴びてお酒。なんかすぐに眠くなってしまって午前12時過ぎには寝てしまった。

|

« 6月10日(水) 『源平とバラバラ死美人』 | トップページ | 6月12日(金) 上からメーソン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月11日(木) タリバンは野菊のような人だ:

« 6月10日(水) 『源平とバラバラ死美人』 | トップページ | 6月12日(金) 上からメーソン »