« 『紀元前100万年』(『One Million Years B.C.』1940年) | トップページ | 『宇宙快速船』1961年 »

2009年6月22日 (月)

8月21日(日) 「クレッチマーしんちゃん」

 でぶになると愛想が良くなるんだゾー、なあ、みさえ。(http://z-gourmet.com/) 私の好きなグルメサイトのひとつ。掲示板を読んで「こうちゃん、あんた、パチンコばっかりしよったらいかんばい」 私もあんまり人のことを言えないような生活をしておりますばってんが、どうしてもこれだけは言わせてつかあさい」と思いました(笑)。

 同人誌原稿の進行状況である。 「オタク旅」は終了。と学会誌の分はネタの映画『ミッドナイト・イーグル』の原作をようやく読了、これから実際の原稿書きに取り掛かるところ。「特撮が来た!」は資料集めの段階で、これはまだまだ時間がかかりそうだ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯に鉄火巻き6個、夕食にお好み焼き一つ、イカとイサキの刺身、出来合いのてんぷら。やたらと品数が多いメニューでこれでビール二缶飲んだらもうお腹ぱんぱんですよ。ゴハンはさすがに食わず。〆のコーヒーは如例。

 その後今までちびちび見ていたハイビジョン録画の『グッド・シェパード』を最後まで。健全な陰謀史観とでもいうべき展開がどうにも私好み。現代と過去の時制を行き来しつつ、CIAの誕生に関連するエピソードを重厚に語ってゆくそのスタイルも注目に値する。これから、CIAやMI6など諜報機関への就職を目指す人にも格好のガイドとなるであろう(笑)。

 ただ、疑問なのは(ここからすごいネタばれ)、マット・ディモンの息子についてのディテールがまるで足りないこと。父母の反対を押し切ってCIAに就職するという熱意と、恋人に偶然聞くことになった機密情報をあっさりばらしてしまうその不用意さがどうにもアンバランスで納得できない。一応、「プレッシャーがどうのこうの」ともごもご言っていたが、それならそれで、その台詞に説得力を持たせるための絵を挿入すべきであったと思う。

 ハイビジョン画質は黒が沈みすぎていて、華やかさにかける。もう少し鮮烈な赤を楽しませて欲しかったところ。AAC5.1チャンネルはサラウンド効果控えめ。

 シャワーを浴びてから録画しておいた「涼宮ハルヒの憂鬱 エンドレスエイト」を見る。前・後編構成で、前編にあたる今回は、ほとんどSOS団が遊ぶ描写で終わってしまうのにびっくり。フツー、こういう場合はラストで朝比奈さんから「えーん、未来に戻れなくなりましたぁ」と電話が掛かってきたりするもんじゃないですかね(笑)。

 なにはともあれ、後編に期待しましょう。

 その後はお酒。お供はブルーレイの『ザッツ・エンターティメント』 ジュディ・ガーランドの「ディア・ミスターゲーブル」に涙、涙。

 就寝午前1時過ぎ。

|

« 『紀元前100万年』(『One Million Years B.C.』1940年) | トップページ | 『宇宙快速船』1961年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8月21日(日) 「クレッチマーしんちゃん」:

« 『紀元前100万年』(『One Million Years B.C.』1940年) | トップページ | 『宇宙快速船』1961年 »