« 7月21日(火) 『喜劇 婚活一代』 | トップページ | 『デビルズ・ビレッジ 魔神のいけにえ』(『The Devil's Men』 1976年) »

2009年7月23日 (木)

7月22日(水) 夜襲するならこういう具合にしやしゃんせ

 午前4時過ぎ、音を立てず、よよいのよい!本日の「フューチュラマ」 第2シーズンのファーストエピソードである「I Second That Emotion」 今やプラネットエクスプレス社のマスコットとなったニブラー、もうみんなにチヤホヤされるものだからベンダーは面白くない。それでもニブラーの誕生日パーティのためにケーキを焼いてあげるのだが、このケーキをパーティ前にニブラーに食われてしまったものだから大激怒。ニブラーをトイレに流してしまう(ヒドイ!)リーラは嘆き悲しんで「ベンダーには人の心、感情が理解できないのよ」

 そこでファーンズワース教授、ベンダーに「感情チップ」なるものを取り付ける。この感情チップ、元ネタは「スタートレック ネクストジェネレーション」なのだけれどもオリジナルのものとは少々違っていて「人の感情を感知するチップ」なのである。これでリーラの感情を感知することになったベンダー、ビールを飲んでいようがテレビのヴァラエティ番組を見てげははと笑っていようが、リーラが悲しむたびに涙を流すというおかしなことになってしまう。困り果てたベンダー、ニブラー連れて戻ればいいんだろと下水道に向かうのであった。

 この時代のニュー・ニューヨークの下水道は外見は恐ろしいが基本的に優しいミュータントたちに支配されている。しかし、この世界には得体の知れない怪物がいて、彼らの大事にしているペット、クロコダイル(ニューヨークの下水道では捨てられたペットのワニが生息しているという都市伝説をもじったギャグ)を食いにくるというのだ。この怪物を退治するために生贄が必要であり、しかもそれは処女でなければならない。この怪物がニブラーではないかと考えたリーラは「はいはい、あたしが生贄やります!」と志願するのだが、ミュータントの一人がすかさず、「あんた処女じゃないじゃん、ブラニガンのホームページで見たぞ」

 いや、もう死ぬかと思うほど笑わされましたよ。

 本日は休み。午前9時半に事務所へ出て日記付けとネットのチェック。午前11時から徒歩である漫画喫茶へ向かう。実はこの時日食の真っ最中であたりが暗くなっていたのだが、こういう花鳥風月?に興味のない私はまさかそんな天文学上の大イベントが起こっているとは夢にも思わず「あー、なんか天気悪いな、雨が降りそうだな、傘もっていこう」と思っていたりしていたと(笑)。いや、さすがに途中で気がついて空を見上げて一番太陽が月に隠された瞬間だけは目撃しましたけどね。

 漫画喫茶でとんかつ定食食って漫画読み3時間半。その後また徒歩で事務所へ戻る。亀の世話やミクシィへの書き込みをやって午後5時に帰宅。缶ビール一本飲みながら「フューチュラマ」を楽しんだのであった。

 夕食はマグロの刺身、春雨・きゅうり・ハムの酢の物。後はレトルトのカレー。このカレー、お中元で頂いたものでレストラン用だという。レストランがレトルトのカレーを出すものかと思うが(笑)、30食分も頂いたのでせっせと食べなければならないのである。味のほうはなかなか美味しいものでこれでもうちょっとカロリーが低かったら毎日でもいいのですがね。〆のコーヒーは如例。

 それから輸入ブルーレイで『S・ダーコ A Donnie Darko Tale』を見る。前作と同じよー分からん映画(笑)。前作と同じようにある人物の運命が変わったことによってタンジェントユニバース(近接宇宙)が発生、そのままの状態が続けばすべての宇宙が崩壊してしまうことから、何らかの意思が復旧を試みる物語というのは分かる。しかし、不可解なのはある人物の運命を変えるのは近作の主人公サマンサ(ドニーの妹)自身であり、しかも彼女の死によって第二のタンジェントユニバースが出現してしまうこと。

 導き手となるマニュピレーテッドデッド(操られる死者)もサマンサ自身、行方不明になった少年の2人になっている(と思われる)し、一体なんだこれはと混乱しているうちに映画は終わってしまった(笑)。

 英語ウィキペディアを参照してみたけれどもこっちは詳しいストーリー解説のみで、物語の解釈についてはまったく触れられておらぬ。ウウーム、このままだと私の頭は混乱したままだ。誰か、詳しい人教えてけれ!

 映像コーディックはMPEG4/AVC 輪郭の強調が気になる場面があったけれども、その映像の奥行き感はおどろくべきもの。夜の場面の透明感も素晴らしくまた情報量が途方もなく多い。サラウンドはDTS-HDマスターオーディオ。やや音場が整理されている感があって、音の数では昨日の『アナコンダ』にはまったく適わない。その代わり音自体の品位が高く隕石群襲来の迫力もばっちりである。

 シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「ナイトシャッフル」 就寝午前12時半。

|

« 7月21日(火) 『喜劇 婚活一代』 | トップページ | 『デビルズ・ビレッジ 魔神のいけにえ』(『The Devil's Men』 1976年) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月22日(水) 夜襲するならこういう具合にしやしゃんせ:

« 7月21日(火) 『喜劇 婚活一代』 | トップページ | 『デビルズ・ビレッジ 魔神のいけにえ』(『The Devil's Men』 1976年) »