« 7月24日(金) 「ロンメルとジュリエット」 | トップページ | 7月26日(日) AVで鯛を釣る »

2009年7月26日 (日)

7月25日(土) 『逆襲のジャー』

 炊き立てのご飯をぶっかけられる。本日の「フューチュラマ」は「Put Your Head on My Shoulder」 車を買うエイミー。この車でフライと金星旅行に出かけたのだが途中でガス欠となって立ち往生。これがきっかけでフライとエイミーができてしまったのであった(笑)。

 しかしフライ、エイミーとの関係が深くなっていくのにつれて「俺は本来一人の女性に縛られるタイプじゃないんだよなあ」と贅沢なことを言い出す。そんな折、ドライブ中に大事故が発生。ドクター・ゾイドバークは瀕死の重傷を負ったフライを救うために彼の首をエイミーの体に縫い付けてしまうのだった。これはあれですよ、あれ、『Mr.オセロマン/2つの顔を持つ男』(http://homepage3.nifty.com/housei/TheThingwithTwoHeads.htm)が元ネタですよ、く、くだらねえなあ(大笑い)。

 『オセロマン』の極端な差別主義者の男の首が黒人の体に移植されるというアイロニーが「Put Your Head on My Shoulder」では別れ話を切り出したフライの首がエイミーの体に移植されるというアイデアにきちんと生かされているのがよろしい。また、フライとエイミーを見ていて「恋愛は金になる!」とひらめいて恋愛相談所を始めるベンダー、これが馬鹿なことに大当たりして、最初は「何考えてんのよ」と言っていたリーラもバレンタインデーのデート相手ほしさに相談所を尋ねるというサイドストーリーもケッサク。

 8月28日に発売される「涼宮ハルヒの憂鬱4 笹の葉ラプソディ (第1巻) 限定版 [DVD] 」 例によってアマゾンのカスタマーレビューでは「例によって高すぎる」と貧乏な怒りを表明している人がいっぱい。やれ、「ファンならこれくらい買って当然だろとでも考えてるのかとか、」やれ、「このまま例の終わらない8月を1話ずつ収録とかする気か」とか、やれ、「こういうファンの方たちを侮辱したような商法、はっきり言って虫唾が走ります」とか、「角川系お約束の販売形態にもううんざり。枚数増やす事より、減らす事考えてくれ。場所ばかり取って困る。 1枚に1話、2話とかただの資源の無駄。時代逆行もいい所」とか、

 そんなにイヤなら買わなきゃいいじゃん(笑)。レンタルもできるんだしさ、なんでそんなに怒っているの。

 あと、こんな書き込みをしている奴もいた。「何人も話題に出してるエンドレスエイト。私は見てませんので良くは分かりません。何回も同じエピソードをやる制作者も理解出来ませんがそんな作品でもまだ金を出すアニメオタクたちも理解できません。愚痴を言うなら見るのをやめればいい。見なきゃ死ぬわけじゃあるまい。一体アニメオタクは何がしたいのでしょうか。そろそろ搾取されてる事に気付くのでしょうか。アニメが生き甲斐ってのは冗談抜きで…?」

 涼宮ハルヒのDVDのカスタマーレビューにわざわざこんなことを書くあなたの方が理解できませんよ。

 朝から昨日の大水の後片付け。物件駐車場にどこからか流れ込んできたジュースの空き缶やらペットボトルやらプラスチックの植木鉢やら(笑)がたくさんあって拾い集めるだけで一苦労。さらに木の葉や汚泥をホースで洗い流す。この作業だけで僕は疲れきってしまいました。

 食ったもの、本日は3日に一度のアンリミテッドランチの日なので赤のれんでラーメン+替え玉 小炒飯の定食。今日のラーメンは出汁が上手く出ておらず今ひとつの味といつものごとく替え玉まで平らげた後で思う。夕食はカツオのタタキ、生野菜、昨日の残りの唐揚げ。ビール二缶、ゴハンはなし。〆のコーヒーは如例。

 その後ハイビジョン録画の『フライング☆ラビッツ』を見た訳でございますが、こんな盛り上がらないスポーツロマンって初めてじゃないか(笑)。ウォーシミュレーションゲームに例えるなら(なんでシミュレーション?)、あるマップでレベルアップして今まで通行不能だった沼地を通れるスキルを得られたとしますな、よし次のマップで沼地を通って敵の背後を突き皆殺しじゃ、うひひとなるじゃないですか。ところが次のマップでは沼地がまったくない、こんな肩透かしをえんえんやられるのがこの『フライング☆ラビッツ』というわけで。

 石原なんとか(ああ、さとみさんですか、どうもすいませんなあ、最近のアイドルなんかにはどうもうといもので)がバスケットボールの試合でシュートがうてない。そこで仲間と練習してシュートを会得。次の試合ではこのシュートで大活躍となるかと思えば、さしたる理由もないのに「あたし、シュートうてない!」なんですか、それは。不調の石原なんとかを見かねて父親の相川翔が登場、彼女に合気道の心得を叩き込む、よし、次の試合ではこれを生かしてこんどこそ大活躍だ・・・試合そのものがラストまでないという(笑)。

 また、腹がたったのがこの石原なんとかが膝の故障で引退を決意した先輩に説教する場面。「バスケットボールが好きならなんでやめるんですか」テメー、お前は男ともめて仕事そのものをほっぽりだして謹慎処分受けてんじゃないか、そのせいでバスケットの練習も試合も出られないようになっているんじゃないか。俺がこの先輩だったら(ありえない)「ふざけんナ、コノヤロー」と叫んで石原なんとかの首筋に激しい空手チョップを炸裂させるね。

 昨日の『ドラゴンボール エボリューション』に引き続いてつまらん映画を見てしまいました。

 ハイビジョン画質は明快な画調。ハイコントラストでテレビドラマのように見えてしまう。音声はステレオ。試合場の歓声などもうちょっとサラウンドしてくれても良かったんじゃないすか。

 シャワーを浴びてお酒。録画しておいた「タモリ倶楽部」など。就寝午前2時過ぎ。

|

« 7月24日(金) 「ロンメルとジュリエット」 | トップページ | 7月26日(日) AVで鯛を釣る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月25日(土) 『逆襲のジャー』:

« 7月24日(金) 「ロンメルとジュリエット」 | トップページ | 7月26日(日) AVで鯛を釣る »