« 7月2日(木) 井村屋のビックバン | トップページ | 7月4日(土) 「摩周湖メグちゃん」 »

2009年7月 4日 (土)

7月3日(金) 心霊新婦のご入場です

 どんな結婚式だ。志水一夫先生ご逝去。思えば先生のお名前に初めて接したのは1990年刊行の「UFOの嘘」を書店で見かけた時でした。その時は「もういい加減この手のものから卒業しよう」とか「少しでも真人間になろう」という思いがありまして買わずに立ち読みで済ませてしまいました。でもその内容に驚き、ひきつけられ、もう一度立ち読みした挙句にとうとうたまらんごとなってついに買ってしまったのです。こんな読書体験は中学生の時のブラッドベリの「火星年代記」以来でした。こんな得がたい体験をさせて頂いた先生に心から感謝したいと思います。ご冥福をお祈りします。

 ああ、本当に「宇宙人の嘘」を読みたかった(「宇宙人の嘘」は「UFOの嘘」巻末で予告されていた次作の仮タイトル 「宇宙人の嘘」で使われる予定であったネタは他の本に流用されているが、俺は、俺は志水先生の「宇宙人の嘘」というタイトルの本が読みたかったんだよ)。

 ひょんなことでちょっと高めのミネラルウォーター コントレックス(でいいのか) 1.5リットルで安売りでも140円 を買ってみた。これでコーヒーを入れてみたら確かに美味いのだが、なにか表面に油がたっぷり浮いてくる。大丈夫か、これ(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。葛の会メンバーのAさんの母上がなくなられたのでぴんでんさんと共に通夜に出席。ぴんでんさん、車で送り迎えして貰ってすんませんでした。またAさん、さぞ気を落とされたことでしょうが、どうかご自愛ください。

 食ったもの、朝飯にコンビニのサンドイッチとコーヒー牛乳。昼飯は例の100kcalレトルトカレーゴハン抜き、夕食はヒラメの刺身、うなぎの蒲焼、茹でキャベツ、オクラの野菜類。ビール二缶、後はうな丼一杯。食いすぎか、俺。〆のコーヒーは如例。

 その後今までちびちび見ていたハイビジョン録画の『東京のヒロイン』を最後まで。年代を感じさせないモダンな恋愛絵巻に驚かされる。また人気作家の原稿取りに四苦八苦させられる編集者というステロタイプなキャラクターを用いながら、それを上手く利用して話を盛り上げていく演出も見ものである。

 何より独身主義なんてものは一種のツンデレであると看破した脚本がよろしい(笑)。

 ハイビジョン画質はまあ、駄目。黒浮き甚だしくまたフィルム傷も目立つ。SD画質とは確かに違うのだが、その差は極めて小さい。

 シャワーを浴びてお酒。お供はアニメ「げんしけん」 明日も飲み会なので早々に切り上げ就寝。

|

« 7月2日(木) 井村屋のビックバン | トップページ | 7月4日(土) 「摩周湖メグちゃん」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月3日(金) 心霊新婦のご入場です:

« 7月2日(木) 井村屋のビックバン | トップページ | 7月4日(土) 「摩周湖メグちゃん」 »