« 7月30日(木) 娘さん、良く聞けよ、ヤハウェイ男には惚れるなよ | トップページ | 8月1日(土) ゴルァのマーチ »

2009年8月 2日 (日)

7月31日(金) ネオテニー花

 分かりにくいけれども、両手に花の駄洒落っすからね。本日の「フューチュラマ」 エピソード#32 「The Cryonic Woman」(もちろん、「地上最強の美女バイオニック・ジェミー」 「The Bionic Woman」のもじり) 今日も今日とて馬鹿をやるフライとベンダー。彼らはリーラがプラネットエクスプレス・シップのキーをつけたままにしていたのを見つけて、さっそく地球漫遊飛行を試みる。しかし、プラネットエクスプレスシップは強力なロープで係留されていたために、社屋を道連れにして飛び回ることになるのだった。

 フライのむちゃくちゃな操縦であちこちにぶつけられてぼろぼろになったプラネットエクスプレス社屋。ファーンズワース教授はさすがに激怒してフライとベンダー、リーラを解雇。「なんであたしまで」と抗議するリーラだったが教授の返事は「こんな馬鹿二人のところに鍵を置き忘れた責任は許しがたい」 この時フライとベンダーが「そうだ、そうだ、リーラ、見損なったぞ」とはやし立てるギャグに大笑いである。

 リーラは運命割り当て係(冷凍睡眠から目覚めた人間の手のひらに割り当てられた職業のチップをインプラントする)の職に戻ろうとしてじぶんの手にチップを埋め込むのだが、これをフライのそれと間違っちゃった。かくしてフライは運命割り当て係りの職を得て、リーラはフライがなるはずだったピザのデリバリーボーイ(この場合はデリバリーガールか)になるのだった。

 さて、運命割り当て係の職を大いに楽しんでいるフライ、ある日、面白半分にハリウッドのコメディアン、ポーリー・ショアを冷凍睡眠の期間が2日間残っているのにも関わらず蘇生させる。彼はハリウッドの『Jury Duty II.』1,000周年記念上映イベント(なんじゃ、そりゃ)に出席するために冷凍睡眠に入ったのである。

 次に解凍予定の冷凍睡眠装置を見たフライは驚愕。中に入っていた人物が彼の1,000年前のガールフレンド ミシェルだったのである。蘇生した彼女はフライを見て感激、よりを戻してニュー・ニューヨーク周遊デートを楽しむ。しかし、彼女は3,000年の世界になじめなかった。ドクター・ゾイドバークや一つ目のリーラなどが恐ろしくて仕方なかったのだ。彼女はフライを説得し二回目の冷凍睡眠に入ることになる。これで1,000年後 40世紀の世界に行こうというのだ。

 目覚めたフライとミシェル。そこは荒涼とした大地が広がっているだけの未来だった。フライとミシェルはこの世界を支配している(らしい)子供グループと出会う。『マッドマックス』の悪役みたいなカッコをした子供グループのボスとスケートボード対決をすることになったフライ、マコトに大人気ない方法で勝負に勝つ。「よっしゃ、これで俺がこの世界のボスだ」と大喜びのフライだったが、ここで突然車に乗ったママが登場。「いつまで遊んでいるの!」と子供たちを連れていってしまったのである。

 がっかりしたフライ、「何よ、どういうことよ」とわめき続けるミシェルにうんざりして彼女と別れてしまう。彼は一人で遠くに見える都会らしき地帯へ向かう。と、そこにはチャイニーズ・シアターがあった。ここは40世紀の荒廃したニュー・ニューヨークではなく、30世紀のロサンジェルスだったのだ。

 どういうこと?と困惑するフライの前に突然、プラネットエクスプレスシップが着陸。船から降りてきたリーラとベンダーが詳しく説明してくれるのだった。「フライとミシェルが冷凍睡眠状態にあったのは2日間だけ。なぜなら彼らはフライが2日間早く蘇生させてしまったポーリー・ショアの冷凍睡眠装置に入ってしまったからである。プラネットエクスプレス社はポーリー・ショアをハリウッドの記念式典に出席させるために冷凍睡眠装置ごと配達しようとしたのだが、中に入っているのがポーリーじゃないことが分かって投棄してしまったのだ!」

 ぽかんとしているフライ。この時リムジンが止まってドアが開くと中ではポーリー・ショアとミシェルがイチャついているというオチ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯に冷凍食品の焼きそば(350kcal)、夕食はカツオのタタキ、生野菜、うな丼。ビール一缶飲んだ。〆のコーヒーは如例。

 その後ハイビジョン録画の『アメリカを売った男』を見る。凄腕のFBI情報分析官でありながら、その内面は性的倒錯、極端なまでの信仰心によって蝕まれており、さらに長年にわたってソ連にアメリカの機密情報を売り渡してきたというアンビバレンツな人物像を見事に演じきったクリス・クーパーに驚かされる。中盤にあるこの用心深い人物がいかに唐突な写真撮影があったとはいえ、自分の携帯端末をオフィスに置きっぱなしにするという不自然な箇所も、この演技一つで帳消しだ(笑)。

 ハイビジョン画質は柔らかなフィルムルックが特徴。私はあまりフィルムの質感などにこだわる人ではないので、もうちょっとかっちりとした絵で見たかったですな。AACは5.1チャンネル。前後への移動感、サラウンド音場の情報量の多さ、どれをとっても一級のクオリティと言えるだろう。

 終了後、日曜にやってくるT子のために部屋のお掃除。

 シャワーを浴びてお酒。明日は地区の夏祭り。準備と焼きそば販売(笑)でとってもきつい一日になるだろう、とほほ。

|

« 7月30日(木) 娘さん、良く聞けよ、ヤハウェイ男には惚れるなよ | トップページ | 8月1日(土) ゴルァのマーチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月31日(金) ネオテニー花:

« 7月30日(木) 娘さん、良く聞けよ、ヤハウェイ男には惚れるなよ | トップページ | 8月1日(土) ゴルァのマーチ »