« 8月13日(金) 草食系ダンウィッチ | トップページ | 8月15日(土) 「彼のカルマに乗って」 »

2009年8月17日 (月)

8月14日(金) 「間違いだらけのカルマ選び」

 江原啓之談。本日の「フューチュラマ」 第3シーズン エピソード#44の「The Route of All Evil」 ファーンズワース教授のクローン、キューバート、ハーミスの息子ドワイトは学校でいじめっ子のブロブに塩をかけちゃった罪で(笑)停学に。彼らはまたプラネットエクスプレス社でもいたずらを仕掛けみんなをいらいらさせるのだった。困った教授とハーミスは彼ら二人に「仕事を見つけなさい」と命じる。二人は手作りの宇宙船を使った新聞配達請負業を設立。なぜかどんどん業績を伸ばしていく。そしてついにプラネットエクスプレス社そのものを乗っ取ってしまうのだった。失意のどん底に叩き落される教授とハーミス。

 でもまあ、やっぱり子供のやることですから、最後は大失敗してしまう訳で・・・。キューバートとドワイト、あんまり手を広げすぎたものだから新聞を配達しきれなくなったのである。余った新聞は月のクレーターに溜め込んでいたという(笑)。苦情の電話が殺到、どうにもならなくなった二人は教授とハーミスに助けを求めるのだった。教授とハーミス、大喜びで子供たちの失敗をカバー。物凄い速度でプラネットエクスプレスシップを操りすべての新聞を配達したのだ。最後にはブロブ親子とも仲直りして、めでたし、めでたし。

 このエピソードにはリーラ・フライがベンダーの体を使ってビールを醸す「もやしもん」みたいなサイドストーリーがある。体内でビールが発酵したためにベンダーのお腹は大きく膨らみまるで妊婦のよう。ベンダーもすっかりその気になってビール瓶の形をした靴下なんか編んじゃっているのだ(笑)。フライ・リーラもベンダーの腹に耳を当て「ああ、動いた、動いた」 ああ、まったく妙ちきりんなアニメだよ。

 今日から盆休み。とはいえ明日からのバーベキュー大会に備えてお金をキープしておかなければならないのでどこにも出かけられず。事務所で日記をつけたり亀の世話をしたり自宅でビールを飲んでごろんと寝転んだりしただけ。ま、こういう休みも嫌いではないのだが(笑)。

 食ったもの、昼飯にマルタイ棒ラーメン一食分。夕食はカラスカレイの煮付け、ゴーヤと豚肉の炒め物。またビールを一缶。その後タマゴかけゴハンを一膳。〆のコーヒーは如例。

 その後、今までちびちびと見ていたハイビジョン録画の『叛乱』を最後まで。2.26事件の前後を描いた映画であるが、その視線の非常に冷静なことに驚かされる。映画は主に決起した将校たちを中心に物語られるのだが、その行動の未熟さをストレートに出し同情的な描写を一切行わないのだ。現実の事件に余計な解釈を行わず、出来うる限り冷静に描く。ドキュメンタリズムの映画とはこういうものを言うのであろうって、私には今ひとつドキュメンタリズムという言葉の意味が分かっておらんのですが(笑)。

 ハイビジョン画質は解像度は高いもののやはり黒の表現が物足りない。これはWOWOWと日本映画専門チャンネルの両方に見られる欠点であり、見易さを重視したゆえの画質かも知れぬ。私などは「ちょっとくらい潰れてもいいから、黒を黒らしくしろ!」といいたくなってしまうけれども(笑)。

 終了後、ハイビジョン録画の『レイダース 失われた聖櫃』を一時間ほど。あのインディアナ・ジョーンズがコブラにしゅーっと威嚇される場面、LDではこの時ハリソン・フォードとコブラの間を隔てているガラスがはっきりと見えていたのであるが(笑)ハイビジョン版では確認できず。どうやら修正が入ったらしい。

 画質は黒がちょっと潰れていたのでガンマ2を使用する。発色が豊かであり古さをまったく感じさせない好画質。AAC5.1チャンネルサラウンドも素晴らしい出来。情報量が非常に多く余裕綽々のセレブサラウンドだってどんな表現だよ。

 シャワーを浴びてお酒。明日はバーベキュー大会のために午前5時起きなので午前12時前に就寝。うひひ、楽しみ、楽しみ。

|

« 8月13日(金) 草食系ダンウィッチ | トップページ | 8月15日(土) 「彼のカルマに乗って」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8月14日(金) 「間違いだらけのカルマ選び」:

» 完全限定、日本で166人だけ。プレミアム珈琲専門サイト/山口珈琲店 [プレミアム珈琲/山口珈琲店]
官能の吐息がもれる珈琲を、一度は飲んでみてほしい。これが本当のプレミアム。 [続きを読む]

受信: 2009年8月18日 (火) 19時24分

« 8月13日(金) 草食系ダンウィッチ | トップページ | 8月15日(土) 「彼のカルマに乗って」 »