« 『ガリバーの大冒険』(『The 3 Worlds of Gulliver』  1960) | トップページ | 8月22日(土) ララァのマークの正露丸 »

2009年8月22日 (土)

8月21日(金) ウイグルメン!

 きなこマンは苛烈な弾圧に苦しめられているウイグルの人民を救うために旅立った。その間、日本を暗黒堂の魔の手から守るのはきなこマン2号だ、変身せよ、きなこマン2号、粉着!げえっ!新プレイステーション3はトゥルーHD、DTS-HDマスターオーディオのビットストリーム出力に対応だってよ。

 旧PS3ではリニアPCM変換だったトゥルーHD、DTS-HDマスターオーディオのデコード出力が新プレイステーションでビットストリーム出力可能になった。(http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20090821_309899.html )前機種の弱点が解消され、動作もおそらく3万円台のブルーレイプレーヤーの中で一番俊敏なものになるであろう。これで動作音の大きさなどが改善されているとしたら、もうみんな専用プレイヤーには見向きもしなくなるのではないか。
 パイオニアやデノンはうかうかしておられませんぞ。

 「林さんチャーハンの秘密」という本をご存知であろうか。椎名誠の「あやしい探検隊」(東ケト会)(山川に出かけていって焚き火で宴会をするサークルみたいなもの)の後身、いやはや隊において料理番を勤めていた林 政明氏の著書である。その内容はいやはや隊の活動、自身の料理暦、キャンプ料理のレシピなど多岐に渡り妙に面白くて、1991年!の購入以来何度も読み返している本だ。

 ただ、どうしてもこの人は筋金入りのナチュラリストであるから、私の目からみると妙なところがあったりするわけで・・・。そのもっとも代表的なのが山における沢の水の使い方(飲み方)。この人は沢の水をそのまま飲むのである。(単行本63、64ページより引用開始)沢の水はやっぱりうまい。どう表現していいか迷うが、なんとなく“甘い”感じがする。ただし谷川の場合、人家の廃水が流れてくることがある。上流にある山小屋の便所の水が流れてくるなんてことはよくあることだ。そういうときは本流の水はやめて、枝沢(支流)の水を飲むとか工夫する。
 沢の上流に人家がないかどうか、といったことはあらかじめ地図で確認できることだから、出発前にでもやっておこう。

 ボク(ママ)も川の水ではずいぶん失敗した。
 福島県の白戸川という谷に一人で入ったときのことだ。
 魚を釣りながら、谷の水を飲んでは谷を登っていく。ボクは谷に釣りに入ったときはいつもこうしている。
 水を口にするたび、なにか生臭いなあと思っていた。味もなんだか腐ったような気がする。そう思いながらすこし登っていくと原因がわかった。
 上流のほうでカモシカが雪崩でやられて死んで腐っていたのだ。しかもその死骸にはウジがいっぱい湧いている。その日はあわてて正露丸を飲んだ。
 ほかにもタヌキが死んでいたり、キツネが腐っていたりと、動物の死骸の味付き水に遭遇することはよくあった。
 谷や枝沢の水は基本的にはそのままのめるが、たまにはこういうこともある。

 (引用終了)

 基本的にはそのままのめるがって、飲めない、飲めない(笑)。人家の廃水、山小屋の便所の水、ウジが湧いたカモシカの死骸、タヌキの死骸、腐ったキツネの死骸、もうやばいことだらけ。こんな体験を何度もしておきながら、何で水をいったん煮沸させてから飲むという発想が出てこないのだろうか。この人の胃腸は丈夫だからいいのかも知れないけれども、フツーの人なら間違いなく下痢しちゃうぞ(笑)。

 やっぱり山の谷川の水なんてものは不潔なものなのだから、そのままがぶがぶ飲むなどということはやめておきましょうや。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドイッチとコーヒー牛乳。昼はところてん。付属の三杯酢ではなく、つめたく冷やしためんつゆをぶっかけ、博多万能ねぎ刻み、ゴマ、オロシショーガを散らしてすすり込むとまるで讃岐うどんの味わい・・・なんてしないよ、やっぱところ天だよ。夕食はシャケのソテー、生野菜、ブリの刺身。缶ビール一缶、冷やしうどんをちょっと。〆のコーヒーは如例。

 その後ハイビジョン録画の『容疑者Xの献身』を見る。ホームレスを殺し、犯行日時を1日遅らせるというアリバイ工作が秀逸。さらに己の恋情すら利用して捜査を違う方向に導くあたりの仕掛けにも驚かされる。犯人 堤真一のこの発想は常人にはなしえないものであり、まさに天才というに相応しい異才を発揮しているのである。

 まあね、第一の死体をそのまま処理しちゃえば簡単だったじゃんというツッコミは入れざるをえないものの(笑)、久しぶりに推理するということの楽しさを味あわせてくれたミステリーだったと思う。

 ハイビジョン画質はコントラストが伸びず眠い印象の絵になっているのが残念。AACは5.1チャンネルサラウンド。この音が素晴らしかった。フロント・リアの音場が完璧に融合しており、しかも一つ一つの音に遠近感がある。BGMの品位も素晴らしくエンディングテーマの弦楽器のリアリティには本当にびっくりさせられた。

 シャワーを浴びて『魔像ゴーレム 呪いの影』(『It!』 1966)の続きって、あんた7月27日以来ですがな、どんだけ放ったらかすんですか。博物館からこそっと家に戻ってくるピム。その数時間後にホワイト警視たちがやってきます。彼らはウィール教授が殺されたことを知らせ、ピムにアリバイを聞いたのです。まあ、ピムの答えは「ああ、午後7時に博物館を出て映画を見てから帰宅しました」というものなのですが。ホワイト警視は彼の帰宅時間を確認すべく母親との面会を望んだのですが、なにしろミイラになっておりますからな、ママ(笑)、ピムは慌てて「ああ、母は病気で寝ています。起こすのは可愛そうです」と誤魔化したのでした。

 翌日の新聞の見出しは「ゴーレムの呪い、再び」(笑)。もう世間は大騒ぎですよ。一方、ピムはエレンを昼食に誘います。「今の僕は何でもできそうなんだよ」と妙に自信たっぷりなピムに不審を抱くエレン。そんなエレンの気持ちを知ってか知らずかますます調子に乗ったピム、ついにある橋を指差して「あれを壊すことだってできるんだぜ」エレン、呆れて帰ってしまいましたとさ。

 さて、その夜博物館からゴーレムを連れ出すピム。「ゴーレム、僕が合図したらあのトラックの荷台に乗り込むんだ」「マッシ」ゴーレムが荷台によじ登るという珍妙な絵に思わず笑ってしまいました。さて、ピムの向かった先は昼間、彼が壊せるとエレンに言った橋。なんだ、こいつ、冗談かと思ったけど本気だったのか。ゴーレムを降ろして「ゴーレム、あの橋を壊せ!」「マッシ」 ゴーレム、橋の鉄柱に取り付きぐらぐら動かします。この怪力たるや恐るべしもので、ほどなく橋が崩壊してしまったのです。

 ぱっと場面が変わるとエレンとパーキンスがキスしているという・・・(笑)。しかし彼らのキスはラジオの臨時ニュースで中断されるのでした。「大変です。えらいことが起こりました。ハマースミス橋が崩壊したのです。行方不明者が一人でております」 エレンが「ハマースミス橋ってピムが壊せると言っていた橋かしら」と首を捻っているところに当のピムから電話が掛かってきました。でもピムはどうやら酔っ払っているらしく「ういー、どうらい、おれの言ったとおりになったらろ、ふふふ、エレン、今、博物館の事務所にいるんらけど良かったら来ないれすか」とか言ってます。エレンはもちろん「こんな遅くに何考えているの、いけるわけないでしょ」と電話を切ってしまうのですが、パーキンスは「じゃあ、オレが会ってくるよ」

 どうやらパーキンス、ゴーレムとピムの関係に疑いを抱いているらしい。

 さて、パーキンスが博物館に行くとピムが事務室でウィスキー飲んで酔っ払っておりました。なんと、彼の主任学芸員昇格が決まったというのです。もう上機嫌のピムはエレンに電話したのに何故、パーキンスがやってきたのか気にも留めず、「ふふふ、パーキンスしゃん、ゴーレム、アメリカへ早く送れるよう手伝いましゅよ」なんて言ってます。学芸員になれたので、もうゴーレムの力を借りて鬱憤晴らしする必要がなくなったということでしょうか。パーキンスも喜んで「おお、それは有難い。ぜひ、早期の実現をお願いします。あ、私、その時エレンもアメリカに連れていきますから」

 この台詞でやっとエレンとパーキンスが出来ていることに気づくピム。鈍いやっちゃなあ。

 パーキンス、それから実に意味深なことを言い出します。「オリジナルのゴーレムは人々を守るために作られました。人々を守るためだけに戦ったのです。それが邪なる目的に使われるとゴーレムはそのパワーを失うと言われています」ピム、ちょっとどきっとして(笑)「それは私に対して言っているんですか」けれどパーキンスは「いや、そういう訳じゃないですけれども」と涼しい顔。もっと追求しようとしたピムですが、その時ホワイト警視がやってきた。このチャンスを逃さずさっと帰るパーキンスです。

 ホワイト警視の目的は奇妙なものでした。ハマースミス崩壊の前に近くでゴーレムらしいものを見たという女性がいたのです。それでゴーレムの像がちゃんとあるのを確かめに来たらしい。ピムは「ゴーレムが動いていたですって、そんなバカな、アハハハハ」身をよじって笑うピム。ところが、このピム、懐からハンカチを取り出そうとして例の巻物落としちゃった。ドジだね。おまけにホワイト警視に拾われちゃったぞ、ウワー、どうするピム、秘密がばれちゃうぞと思ったら、警視ただ、「ずいぶんと大事そうなものですな」と言ってそのままピムに渡しちゃうという・・・。

 ホワイト警視は帰ってしまいます。

 本日はここまで。

 その後はお酒。お供は昔の大食い選手権のビデオ。就寝午前1時過ぎ。

|

« 『ガリバーの大冒険』(『The 3 Worlds of Gulliver』  1960) | トップページ | 8月22日(土) ララァのマークの正露丸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8月21日(金) ウイグルメン!:

» Blu-rayドライブ搭載のBTOパソコン [BTOパソコン比較とレビュー]
Core i7 940を搭載し、そして高性能グラフィックカードGeForce GTX260、そしてBlu-rayドライブを搭載したBTOパソコン [続きを読む]

受信: 2009年8月23日 (日) 11時33分

« 『ガリバーの大冒険』(『The 3 Worlds of Gulliver』  1960) | トップページ | 8月22日(土) ララァのマークの正露丸 »