« 9月10日(木) 鄧 小平系男子 | トップページ | 9月12日(土) 子供は仮性の子 »

2009年9月12日 (土)

9月11日(金) カートゥンの子天井

 わあ、ミッキーマウスが、うわあ、ジェリーが、ひいい、バックス・バニーが、あああ、ポパイが、ちんちんの先を・・・。すいません、すいません、下品な駄洒落ですみません。WOWOWで放映された『カリートの道』(これがもうBD-R 一層25GBにぎりぎり入らないの)や9月22日放送予定の「伊東四朗一座・熱海五郎一座合同公演」用にTDK 録画用ブルーレイディスク BD-R DL 50GB 1-4倍速対応 ホワイトワイドプリンタブル 5枚入り 10mmケース BRV50PWB3STDKを山田電器で購入。9月の特価ということで2,980円。さらにポイント 646を利用して2,334円で買ったわけだ。一枚あたり、778円。なかなかいい買い物が出来たと思ったのだが・・・。まあ、アマゾンでは同じ二層BD-R 10枚入り 5mmケース BRV50PWB10Sが6,280円で一枚あたり628円だったりするのだが(笑)。5枚組( 5mmケース)BRV50PWB5Sでも3,580円で一枚あたり716円だったりするのだが(笑)。ポイントがなけれりゃ山田電器でブルーレイメディアなど買ってはいけませんな。

 同じくアマゾンで見つけたBD-R 一層メディアの最安値 TDK 録画用ブルーレイディスク BD-R 2倍速記録対応 ハードコート仕様 20枚パック BRV25PWA20Kが4,270円 一枚あたり214円。

 本日の「フューチュラマ」は第4シーズン、エピソード#61『Jurassic Bark』 タイトルの元ネタはまあ、言わなくても分かるよね(笑)。20世紀のピザパーラーの遺跡が発掘された。リーラ、ベンダーを連れて見物に行ったフライは、その遺跡がまさに自分が働いていたピザパーラーであることを発見。そして彼は驚くべきものを目にする。それは彼が20世紀でペットにしていた犬、シーモアの化石であった。彼は懐かしさのあまり博物館前で一人デモ。ついに博物館よりシーモアの化石を返却させることに成功する。

 そしてさらに嬉しいニュース。ファーンズワース教授によるとシーモアの化石にはDNAが残っておりこれからクローンを作ることが可能だというのだ。しかも、記憶や性格もオリジナルそのままになるという。フライは「僕の親友が戻ってくる」と大喜び。しかし、ここでめちゃくちゃに嫉妬するのがベンダー(大笑い)。フライがいそいそとドッグフードを買ったり寝床を用意したりするのを見て激しくいらついている。

 いよいよファーンズワース教授のクローン製造マシーンによってシーモアクローンが誕生する時が来た!ファーンズワース教授、「クローンを作るためには膨大なエネルギーが必要になる。だから自然のエネルギーを利用するのだ」この時天気は雷雨。当然ながら雷を利用するフランケンシュタイン的な展開になると思いきや、ぐいーんと装置が下がって地下へ。溶岩の地熱を使うというギャグがいい。

 さて、いよいよクローンが誕生かというその時、ついにベンダーが切れた!彼はシーモアの化石を溶岩の中に投げ込んでしまったのであるって、ヒドイ!泣き喚くフライ、しかし、ファーンズワース教授によると化石はドロマイトで出来ているからすぐに溶けたりはしないそうな。それを聞いたフライ、「じゃあ、俺が助ける」と叫んで溶岩に飛び込もうとするのだった。危ういところでリーラとエミーに止められるフライ。ベンダーはそんな彼を見て自分の行為を悔い、「俺の体もドロマイトで出来ている。俺が助ける」と溶岩に飛び込むのである。

 しかし、ドロマイトなのはベンダーの体の一部だけ。溶岩の熱であちこちぼろぼろになるベンダーだったが、ようやくシーモアの化石を見つけて回収することに成功する。

 回収されたシーモアの化石から今度こそクローン誕生か、しかしフライはシーモアが15歳で死んだことを知ってクローン製造を断念するのだった。フライが予期せぬ冷凍睡眠に入ったのがシーモア3歳の時、その後12年も彼のことを覚えているはずがない。フライはそう思ったのである。

 しかしシーモアは彼のことを忘れたりしなかった。シーモアは彼の失踪後、死ぬまでピザパーラーの前で辛抱強く待ち続けていたのだ。ああ、涙、涙。

 これだけだと、なんだ、忠犬ハチ公だと言われそうだけれども、これを単なる感動ドラマに終わらせないのが「フューチュラマ」のいいところ。だって、このシーモア、ピザパーラーの店内でピザソースの容器に飛び込んだりするどうしようもないバカ犬なんだもの。バカ犬がフライの帰りを愚直に待ち続ける、これがさらに感動を盛り上げるのでありますよ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのチーズバーガーとコーヒー牛乳。昼はレトルトのクリームシチュー100kcal!塩コショウをぱっと振ると私好みの下品な味となってとっても美味しい。夕食は秋刀魚の刺身、出来合いの串カツ3本、レンコン、鯵、アナゴ、付け合せのキャベツ。そしてざるそば。ビール一缶飲んだ。〆のコーヒーは如例。

 その後WOWOWで録画しておいた『おくりびと』を見る。人間の死という事象を使って人と人との関わりを改めて説明して見せた映画。後半で語り口がやや性急になるという欠点があるものの、普段語られることのない納棺士という職業を通して人間の営みを描くという試みに感動せざるを得なかった。アカデミーの外国語映画賞も十分になっとく出来る良作だ。

 ハイビジョン画質も良好。輪郭の強調が気になる箇所があるのだが、その分解像度が高く桜の花の細かな描写に驚かされる。AAC5.1チャンネルは象徴的に使われるチェロの音色が実に美しい。

 シャワーを浴びてお酒。お供はレンタルDVDの「涼宮ハルヒの憂鬱 2」

 昨晩、ろくすっぽ寝ていないのですぐに眠くなって午前12時過ぎに就寝。

|

« 9月10日(木) 鄧 小平系男子 | トップページ | 9月12日(土) 子供は仮性の子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171789/46190496

この記事へのトラックバック一覧です: 9月11日(金) カートゥンの子天井:

« 9月10日(木) 鄧 小平系男子 | トップページ | 9月12日(土) 子供は仮性の子 »