« 9月3日(木) 『スーダラらしき哉、人生!』 | トップページ | 9月5日(土) 「天王洲の王子様」  »

2009年9月 5日 (土)

9月4日(金) 『私はと学会会員になりたい』

 アンチの2ちゃんねるの書き込みはつまらない。いっそ、私はと学会会員になりたい。えー、一応『私は貝になりたい』の駄洒落なので、はい。

 日本の次期ファーストレディである鳩山幸さん、世界のメディアでこんな報道をされているぞ。(http://sankei.jp.msn.com/world/america/090904/amr0909040914001-n1.htmより引用開始。)日本の次期首相は演説がつまらないことで知られているが、彼の妻はまったく違う-。AP通信は3日、魂がUFOに乗って金星に行ったと著書で述べるなど、民主党の鳩山由紀夫代表の妻、幸さんがさまざまな超常現象について発言してきたと報道した。  ロイター通信は同日までに「次期首相のニックネームは“宇宙人”だが、別の世界と遭遇したと言っているのは妻の方だ」と紹介。イタリアの通信社ADNクロノスも3日、幸さんの“金星”発言を引用し「日本社会にとって型破りの人物」と伝えた。  APは幸さんがテレビのインタビューで、米俳優のトム・クルーズさんと前世で会ったことがあり「前世で彼は日本人」などと述べたことに言及。米ニュース専門局MSNBCのキャスターは笑いをこらえ切れない様子で一連の発言を引用した。(共同)

 まさにドロドロのオカルトおばさん。こうした人がVIP中のVIPとも言えるファーストレディになることで、巷のインチキオカルト商売の類が元気になったりするととってもイヤだなあ。

 社民党の歴史改変バカ議員 阿部知子(なんでこんなのが政審会長になって表舞台にちょろちょろ出てくるのだ?)、民主党の911バカ議員 藤田幸久、そしてオカルトのファーストレディ 鳩山幸 なんか人材が豊富でうらやましい限りであります(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの 朝飯にコンビニのサンドイッチとコーヒー牛乳。昼飯はマルタイ棒ラーメン一食分、夕食はブリの刺身、シーチキンを使ったサラダ、そしてカレー。ビール2缶、カレーを一皿。〆のコーヒーは如例。

 その後レンタルブルーレイでヴィン・ディーゼルの『バビロンA.D.』を見る。あの宗教団体のおばさん(まるで「フューチュラマ」のママみたい)があの少女を現代のマリアに仕立て上げることで団体の権威をよりいっそう高めて世界に君臨するという狙いは分かるけれども、それが分かった時点で映画が終わりとはどういうことか(笑)。アクション映画としてももうどこかで見たような映像が羅列されるばかりでまったく新味がなく、前にこれを輸入ブルーレイで買おうとして何かいやな予感がしてとりやめた私の判断を大いに誉めてやりたくなった。

 こういうつまらないアクション映画はセガールに主演させるべきである。

 ハイビジョン画質は今ひとつ。ハイライトが飛んでいるし、画面の奥行き感もなし。顔の皮膚の表現を見る限り解像度は高いのにどうしてこういう画質になるのであろう。サラウンドはDTS-HD5.1チャンネル。こちらのほうは文句なし。前後の移動感に優れたサラウンドで、銃声の迫力も申し分なし。

 それから輸入DVD 『Spooks Run Wild』 (1941)の続き。棺桶を開けようとしたダニーとマグスでしたが、鍵が掛かっているのが分かってホッします。なんだ、つまらないな。このあたりから脈絡もなく面白くもないといった場面が延々続きます。

 ピーウィーを見つけて追いかけたものの、見失ったり、さっき部屋の奥に消え二人のうちのグリンピーがあっさり姿を見せたり、さっきルゴシに襲われた筈のスクルノ(アーネスト・モリソン ダンは誤り)がいつの間にか廊下を歩いていて部屋に入り込むと白い蜘蛛がうえからひゅーっ、ひややあああと驚いたりって、お前は焼津の半次かっての(笑)。タバコ入れがひゅうっと動いてまた「ひゃあああ」と驚いたり、マグスが屋敷にあった甲冑を着て歩きダニーを驚かせたり、さらにもう一体甲冑が現れて今度は幽霊かと思いきやこっちの甲冑にはグリンピーが入っていたり、ダニーが秘密の通路を見つけたり、ああ、もう書くのが面倒くさくて仕方ない。

 一方、いまだに外をうろうろしているリンダ(笑)。やってきた車に乗っていた例の博士、ヴァン・ゴーシュに声を掛けられます。「大変だ、あの屋敷に殺人鬼が潜伏しているそうだ、子供たちもそこにいるらしい。一緒に助けに行こう」あっさり車に乗り込むリンダ。無用心だなあ。それにヴァン・ゴーシュ、なんでマグスたちが屋敷にいるって知っているんだ?

 さらに保安官やジェフ、町の人々が車に乗って屋敷へ出発します。

 えー、いつの間にかスキニーも姿を現しておりまして、ダニーの見つけた秘密の通路を通って墓地へ出ます。そこから町へ助けを求めに行くかと思いきや、また中へ戻る訳の分からなさ(笑)。この後ヴァン・ゴーシュとリンダが到着し屋敷へ入るのですが、あ、あれ、画面が暗くてよく分からないけれども、これはダニーが見つけた秘密の通路じゃないの?どういうこと?

 マグスたちは騎馬を作ってシーツを被ります。一番上のマグスが骸骨のお面つけてルゴシを「よくも25年前に俺を殺したなあ、今度は俺がお前を殺してやるう、ウハハハハ」恐怖に立ち竦むルゴシ。この時骸骨のお面が転がり落ちてルゴシの頭にごつん、ルゴシ失神します。彼を縛り上げてほっと一息。またピーウィーも見つかりました。なんと呆れたことに元のベッドに寝ていたのです。どうやら、ルゴシが与えた薬のせいで夢遊病状態になっていたらしい。なんだ、それは(笑)。彼の無事を喜ぶイーストサイドキッズたちでしたが、ここで縛り上げた筈のルゴシが部屋に入ってきます。悲鳴が聞こえて暗転。

 屋敷に入ってきたヴァン・ゴーシュとリンダ。ヴァン・ゴーシュはいきなりドアに鍵を掛けてリンダに「ええやろ、させんかい!」これは、この人が実は殺人鬼だったということなのでしょうか?そうだとしたら一体全体なぜ、わざわざ人がいることが分かっている屋敷の中で犯行に及ぼうとするのでしょうか。車の中でやっちまえとか思わなかったかな。

 続いて保安官たちがようやく到着します。彼らが目にしたものは談笑するルゴシとイーストサイドキッズの姿。マグスが得意げにルゴシを紹介します。「この人は殺人鬼なんかじゃありません。マジシャンなんです」な、なんですとー。マグスによるとスクルノが死ぬほど驚かされた動くタバコ入れもマジックの練習だったそうで・・・。やっぱりちょっとふざけんナって思いますよね。

 と、ここで聞こえてきたのがリンダの悲鳴。みんな、リンダが襲われているのを助けようとしたのですが、ドアに鍵が掛かっていて入りません。ここでマグスが「じゃあ、いっちょう、俺が窓から入ってやっつけよう」マグス、するすると窓から侵入。ヴァン・ゴーシュに襲い掛かります。この隙に鍵を開けるリンダ。もう保安官からジェフからどやどや入り込んで「この殺人鬼づれが何をするか」「死ね、死ね」ぼこぼこにしてしまいました。

 ラストはルゴシのマジックショー。ルゴシが「消える箱」のカーテンをさっと開けるとあら、不思議。先ほどまで中にいた女の子、ほら、最初のほうで出てきたパーラーの女の子ですよ、が消えてしまったのです。マグスが張り切って「じゃあ、次はおれね、女の子も探してくるから、すぐ見つけるから」カーテンを閉じます。すると中からマグスの歓喜の叫び。「ほら、もうみつけたぞ、どんなもんだい!」ルゴシがカーテンを開けるとマグスが抱いていたのはスクルノだったという大爆笑のオチで映画は終わります。

 もう話めちゃくちゃ(笑)。画質も暗くて暗くて人の顔の見分けがつかないくらい。音質もノイズざーざーで台詞が聞き取れやしない。まったくストレスのたまった60分間でしたよ。

 シャワーを浴びてお酒。昨日あまり寝ていなかったのですぐに眠くなり珍しく午前12時前に寝てしまった。

|

« 9月3日(木) 『スーダラらしき哉、人生!』 | トップページ | 9月5日(土) 「天王洲の王子様」  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9月4日(金) 『私はと学会会員になりたい』:

» マジシャンTsuyoshi.のZero Magic Starters System [マジシャンTsuyoshi.のZero Magic Starters System]
プロマジシャンTsuyoshi.の『Zero Magic Starters System』です。 [続きを読む]

受信: 2009年9月 6日 (日) 01時35分

« 9月3日(木) 『スーダラらしき哉、人生!』 | トップページ | 9月5日(土) 「天王洲の王子様」  »