« 9月30日(水) 「サイケのほそ道」 | トップページ | 10月2日(金) 『下種人間第一号』  »

2009年10月 2日 (金)

10月1日(木) 「肉食系の人々」

 ね、念のためにいっておくけどね、これは「楡家の人々」の駄洒落なんだからね、か、勘違いしないでよね!22日にアメリカから発送されたクラシックメディア版『ゴジラ』が到着。15日に発送された『ウルヴァリン』『グレース』ブルーレイが2週間掛かったのとえらい違いや。

 http://www.amazon.com/Gojira-Blu-ray-Akihiko-Hirata/dp/B002C6VMKC/ref=rsl_mainw_dpl?ie=UTF8&m=ATVPDKIKX0DER

 はてさて、この米国盤ブルーレイ(米アマゾンで17.99ドル 送料合わせて25ドルくらいか)のクオリティはいかなるものでありましょうか。

 またがっかりな話。米アマゾンで『不死の怪物カルティキ』のDVD(http://www.amazon.com/Caltiki-Immortal-Monster-Attack-Monsters/dp/B001A46KO0/ref=rsl_mainw_dpl?ie=UTF8&m=ATVPDKIKX0DER)を発見。しかもなんだか良く分からないけれども『ガメラ対大悪獣ギロン』とのダブルフィーチャーだ、これは買うっきゃないと思ったのだが、カスタマーレビューで

 「なんじゃ、こりゃ、これ正規品じゃなくってDVD-Rのパチモンじゃん!なんでアマゾンともあろうものがこんな怪しい品物売るわけ、それに画質はだめだめだし、おまけに台詞と口の動きがずれてんじゃん、おれ返品するよ!」

 いや、『不死の怪物カルティキ』が見られるなら画質がアレでも台詞と口の動きがあってなくても(笑)買いたいのですが、DVD-Rの海賊版?というのが不味いですな。前にヤフオクで買った『ノストラダムスの大予言』みたいに途中で再生できなくなったりしたら泣くに泣けませんからな。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯に豆腐一丁を湯豆腐風で。夕食はしめ鯖、鉄火巻き4個、出来合いの海鮮弁当。ビール2缶飲んで〆のコーヒーは如例。

 その後前述の米国版ブルーレイの『ゴジラ』を30分ほど見てみる。日本映画専門チャンネルHD版よりいっそうコントラストが深いモノクロ画像に感嘆。やや黒の引き込みが早いのではないかと思われる箇所もあったが、黒補正強、ガンマ3を併用しなければまともな黒が得られなかった日本映画専門チャンネルHD版よりもこちらのほうがよほど宜しい。また解像度の高さも段違いで嵐で吹き飛ばされる家屋の瓦の多さに驚かされる。音声はリニアPCM2チャンネル(と表記されるが実質はモノラル)。この音質が素晴らしい。ゴジラの鳴き声がちゃんと弦楽器の音に聞こえるという体験は初めてだ。

 いろいろ驚きつつ(笑)30分ほど見る。それからこれも本日届いたブルーレイソフト 『The Haunted World of El Superbeasto』を視聴。あのロブ・ゾンビがメキシコの人気覆面レスラー El Superbeastoの活躍を描いたアニメで、当然のことながら頭から尻尾まで気が狂っている(笑)。基本的には悪魔の印がついた女と結婚して本当の悪魔の力を得ようと企むドクター・サタン(正体は高校でEl Superbeastoにいじめられていたナード)と戦うEl Superbeastoとヒロイン スージーXを描く映画なのであるが、もう冒頭からしてモノクロの画面に紳士が登場し、「この映画はおっかないですからね、いいですか、私警告しましたからね」と観客に語りかけるという『ザ・ティングラー/背筋に潜む恐怖』風(あるいは『アラスカ珍道中 Road To Utopia 1945』か)。なんでいきなりそんなにマニアックなんですか、ロブ・ゾンビさん!

 スージーXの相棒となるロボットはベラ・ルゴシのシリアル 『ファントム・クリープス ゾルカ博士の野望』に登場するアレとそっくりだし、ヒトラーの生首はシチュエーションからして間違いなく『They Saved Hitler's Brain 』(1963)だ。ヒトラーの首がガラス瓶の中で水に浸かっているので、素人は安易に「フューチュラマ」だと思ってしまうかもしれないが、玄人(何の玄人だか)の私の目はごまかせないのである。また結婚式の牧師さんは『宇宙水爆戦』のメタルーナ・ミュータント!そしてラストはいきなり『キャリー』になってしまう。いや、これ、私みたいな人間だから楽しめますけど、普通の人は絶対分かりっこないですよ、いいんですか、これで。

 またEl Superbeastoが二人の女優とばこばこやるというエッチな場面や、巨大化したサタンが出産直後の赤ん坊(たぶん日本人)を食ったり、にーにーと鳴く捨て猫を巨大タバコの吸殻で押しつぶしたりというヒドイ場面もあったりするので、なおさら見る人を選びます。もうこんな映画は私みたいなボンクラに任せておけば宜しい。間違っても真面目で人生を真っ当に生きている人は見ちゃいけないですよ、いや、本当に(笑)。

 映像コーディックはMPEG4/AVC ハイビジョン画質はいまひとつ。画面が平板に感じられるのがいかん。サラウンドはリニアPCM5.1チャンネル。台詞の粒立ちが良くBGMの品位も高い。

 シャワーを浴びてお酒。てろてろ酔って午前一時過ぎ就寝。

|

« 9月30日(水) 「サイケのほそ道」 | トップページ | 10月2日(金) 『下種人間第一号』  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10月1日(木) 「肉食系の人々」:

« 9月30日(水) 「サイケのほそ道」 | トップページ | 10月2日(金) 『下種人間第一号』  »