« 10月10日(土) 最小サイコップ人数 | トップページ | 10月12日(月) ノーヘル平和賞 »

2009年10月12日 (月)

10月11日(日) 「司馬遷の王子」

 「美しくない司馬遷なんか、必要ない。とかしてしまおう」 12月の日本映画専門チャンネルでなんと東宝変身人間シリーズがハイビジョン放送。『透明人間』『美女と液体人間』『電送人間』『ガス人間第1号』『マタンゴ』 そしておまけに「特撮王国スペシャル劇場予告篇集」だ!いやもう私のような人間にはたまらぬラインナップで思わず「日本映画専門チャンネルばんざーい」と叫んでしまったほどだ(ウソ)。あのガス人間が、マタンゴがハイデフでどのように生まれ変わるか、今から楽しみで楽しみでならないよ。

 もちろん、録画してまだ容量の余っているゴジラシリーズのBDメディアで保存するつもりだ。

 今月の輸入版注文枠で米国盤ブルーレイ 『スタートレックⅡ カーンの逆襲』を買ったのだが、なんと国内でも11月6日からレンタルされるそうな。それも最新作『スタートレック』を含めた映画シリーズ全作を一挙にラインナップするという。『カーンの逆襲』を見て画質・音質がよければ他の作品も買おうかなどと思っていたけれども、どうやらその必要がなくなったようである。なんかちょっとくやしいぞ(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯に冷凍うどんを使った釜揚げうどん。大根おろしが辛くて食い終わったら汗まみれ。当節、これほど辛い大根というのも珍しい。夕食は母親がK太郎の運動会に行っていたのでコンビニ飯。ししゃも、おしんこ、後はK太郎運動会お弁当の残りでエビフライだの、とんかつだの。ビールを一缶飲む。〆のコーヒーは如例。

 その後レンタルブルーレイで『ビバリーヒルズ チワワ』を見る。全編を彩るメキシコ風味がなんとも私好み。「チワワのくせにスペイン語を喋れないのか」とツッコむギャグには大笑いさせられたし(チワワの起源は中南米という説がある)、チーチ・マリンが声をふきかえたネズミのキャラクターもケッサク。ストーリー自体はあまりに幼稚であったけれども、こういう味付けのお陰で最後まで楽しく見ることができた。

 これで劇中にメキシコの記号である「サント映画」が出てきたらもっと良かったのだが(笑)。

 映像コーディックMPEG4/AVC 遠景かつ動きのある場面で解像度がぽんと落ちるのが気になる。黒の表現は出色、ただ黒いだけではなくちゃんと暗部の情報が保たれているのが嬉しい。サラウンドはリニアPCM5.1チャンネル。音圧が低くいつもより2ノッチヴォリュームを上げなければならなかった。なお、このディスクの音声仕様は英語・日本語共にリニアPCM5.1チャンネルという贅沢なもの。前述の解像度の低下はこれで容量を食われたせいか。

 終了後、今までちびちび見ていた日本映画専門チャンネルの『クレージー作戦 先手必勝』を最後まで。柳家金語楼の登場場面で思わず爆笑。だって、ハイビジョンの金語楼だぜ、これが笑わずにいられるかっての。また、彼が焼いているせんべいの不味そうなこと。焼け焦げているのやら、生焼けのやら、そういう細かいところまでハイビジョンでは分かってしまうのである。

 ひれひれ酔って午前一時過ぎ就寝。

|

« 10月10日(土) 最小サイコップ人数 | トップページ | 10月12日(月) ノーヘル平和賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10月11日(日) 「司馬遷の王子」:

« 10月10日(土) 最小サイコップ人数 | トップページ | 10月12日(月) ノーヘル平和賞 »