« 10月19日(月) パンツァーをはいたサル | トップページ | 10月21日(水) 女山窩に家なし »

2009年10月21日 (水)

10月20日(火)  「火星人広報部」

 広報部からのお知らせです。明日、火星は地球に攻め込みます。ちょっと笑ってしまったニュース。(http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091014-OYT1T00756.htmより引用開始)都会から農業の担い手となる若者を招き、廃村寸前の集落を再生させようと、秋田県上小阿仁村(かみこあにむら)は「地域おこし協力隊」の隊員2人の募集を始めた。 

 11月1日から最長で2年5か月間、村の中心部から約20キロ離れた「八木沢地区」に住み込みで働いてもらう。小林宏晨(ひろあき)村長は「都会の若者の斬新なアイデアで過疎化を食い止めたい」と、救世主の出現に期待を寄せている。 村の人口は約7000人(1960年)をピークに減り続け、2931人(9月末)。65歳以上が半数を超える「限界集落」は20地区のうち8地区を占める。 

 隊員が入る八木沢地区は7世帯16人で、うち12人が65歳以上だ。山田テイさん(66)は、4年前に倒れて自宅療養中の夫(73)を支えながら、一人で農業を続けてきた。地区内で「最後の農家」だったが、今春、両ひざの痛みに耐えきれずにやめた。地区には至る所に耕作放棄地が広がっている。 

 村中心部へは県道1本で、豪雪に見舞われると「陸の孤島」と化すこともある。商店もなく、鮮魚や青果を積んだ移動販売車が週2回、地区を訪れる。 

 隊員は1日7時間、週5日勤務。農作業のほか、地区の高齢者が病院へ通う際の付き添いや、雪かき、ごみの不法投棄パトロールなども担う。 

 隊員がそのまま定住することを希望するが、頻繁に話し合いの場を設け、活性化のアイデアも求めている。小林村長は「地元の人の発想は限界に達している。面白い提案には村全体で取り組む」と真剣だ。報酬は月額16万円。住居は、26年前まで小学校だった地区公民館で、改修後に無償提供する。募集は10月20日まで(当日必着)。応募要件は20歳以上で、運転免許(AT限定は不可)があること。問い合わせは村総務課(0186・77・2221)へ。(2009年10月14日15時44分 読売新聞)  (引用終了)

 いや、事情は分かるけれども、1日7時間週5日勤務で、農作業、高齢者の付き添い、雪かき、ごみの不法投棄パトロール、さらに限界集落の村を再生するアイデアを出しなさい!これで月16万の報酬ではちょっとなり手がいないのではないかと思う。へたをすれば借金から逃げているおじさんみたいな人ばっかりやってきたりするのではないか。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。朝飯にコンビニのコーヒー牛乳とハンバーガー。昼飯にカップヌードルライトのシーフード。このカップヌードルライト、麺が妙に貧乏くさい長浜ラーメンを思い起こさせるような味でなかなか宜しい。おまけにおよそ200kcalというのだからダイエットにぴったりである。これからもたびたびお世話になることであろう。夕食はブリの刺身とちゃんぽん。ビール一缶飲んでゴハンはなし。〆のコーヒーは如例。

 その後WOWOW録画の『イン・トゥ・ザ・ワイルド』を見る。やたらに絶賛されている映画だけれども、実際は不仲で仮面夫婦の両親に絶望した青年が嘱望された将来を投げ打って家出。放浪生活をし、さまざまな人々に出会う。そして憧れていたアラスカに単独で入り大自然の中で暮らし始めるのだが、毒草をうっかり食っちゃったせいで中毒になり衰弱死するというかなり独りよがりな話である。

 こういう話が許されるのは例えばベトナム戦の兵役逃れまでだな(笑)。単なる家庭の事情で僕は悩んでいます。だから全米を彷徨ってみましたなんて映画など今さら見たくもないよ。

 ハイビジョン画質は優秀。高解像度できりりとした画調がアラスカの大自然をリアリティたっぷりに表現してみせる。AAC5.1チャンネルはBGMの品位が素晴らしい。

 その後、日本映画専門チャンネルHDで録画しておいた『女性操縦法“グッドバイ”より』を見る。冒頭とラストがきっちり繋がる巧みな構成、この時代には珍しい蓄音機を使った斬新なトリック(笑)、実にいい加減な主人公、田島の人間像など、モダニズム溢れる快作。実にオッシャレーな映画なのである。

 女性の強さも印象的で、ヒロインはとにかく酒ばっかり飲んでいる。両家の子女なのに焼酎一升くらいは平気の平左。年代を考えると極めて斬新な映画といえるのではないか。

 ハイビジョン画質はまったく駄目。フィルム傷、黒浮きが目立っていくら古い映画とはいえ、ちょっと納得できないものがある。

 シャワーを浴びてあとは読書やTV。昔の「大食い選手権」のビデオを見ていたら面白すぎて(笑)寝そびれてしまい、就寝が午前4時過ぎとなった。

|

« 10月19日(月) パンツァーをはいたサル | トップページ | 10月21日(水) 女山窩に家なし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10月20日(火)  「火星人広報部」:

« 10月19日(月) パンツァーをはいたサル | トップページ | 10月21日(水) 女山窩に家なし »