« 12月14日(月) Diarrhoea! Diarrhoea!Diarrhoea!空の彼方に踊る影 | トップページ | 12月16日(水) 祝詞泉に囲まれて静かに眠るブルーシャトー »

2009年12月16日 (水)

12月15日(火) 和田は徹子になる

 「わだばゴッホになる」→「わだば手塚になる」(とりから往復書簡参照)→「和田は徹子になる」 この見事な駄洒落三段活用を見よ! 今後のAV整備計画 まずボーナス+12~15回のローンでデノンのフラッグシップブルーレイプレーヤー DVD-A1UDを導入。このローンが終わり次第同じデノンのAVプリアンプ AVP-A1HDを36回ローンで導入。ここで憧れのデノン4thリンクでのジッターフリー伝送環境が構築される。また、この時退役することになるオーラ AVプリアンプVARIEのヤフオクで売却。モノラル・パワーアンプ NuForce Reference9 V2 SE をV3ヴァージョンへアップグレード。そして現用プロジェクター VPL-VW100のローンが終了したのを見計らって次期プロジェクターを48回乃至60回ローンで購入。

 このロードマップ、どこにも隙のない完璧な計画だと思われたのだが(笑)。

 ここに来て突然、まったく別の考えが浮上してきたという・・・。その考えとはパイオニアのフラッグシップブルーレイプレーヤー BDP-LX91をボーナスで購入。そして24~36回のローンでプロジェクター ソニーVPL-VW85かビクター DLA-HD550を導入することだ。この場合も退役することになるVPL-VW100をヤフオクで売却。その代金をNuForce Reference9 V2 SEのアップグレードにあてることができるのである。

 
BDP-LX91は確かに今年のHiVi誌「冬のベストバイ」でDVD-A1UDに後塵を期した。しかし、かってはHiVIグランプリを獲得したほどの実力を持つプレーヤーであり、しかも現在なら26万程度で買えるのである。そしてVW85、HD550の新世代プロジェクター群は価格においてVPL-VW100の半額程度であるが3年の月日がその差を補ってあまりあるほどの進歩を実現させている。

 このブルーレイプレーヤーとプロジェクターの組み合わせは私のAVシステムにいち早く大幅な画質・音質の向上をもたらすであろう・・・、だけど、DVD-A1UDAVP-A1HDの組み合わせによるジッターフリー伝送も思い切れないんだよなあ。でもこんなこと考えていると私の脳内事業仕分け人が「1位じゃないとダメなんですか、2位じゃダメなんですか」と金切り声を上げてローン金利がぐっと下がるBDP-LX91とVW85乃至HD550の組み合わせを推奨してくるのだ。ああ、私は一体どうすればいいのだろう。

 こんな不景気な世の中、こんな能天気なことで頭を悩ませている私はなんという果報者であろうか(ローンだけどね)。


 仕事はまあ、いろいろあった。食ったもの、朝飯にコンビニのハンバーガーとコーヒー牛乳。昼飯に柔麺一把。例によって歯がなくなった年寄りの食事か!とツッコミながら食う。夕食は鯛の刺身(昨日の残り)、ブリの刺身、モツ鍋。ビール2缶、お握り(昨日の残り飯で作った奴)を2個。〆のコーヒーは如例。

 その後レンタルブルーレイの『ナイトミュージアム2』を見る。舞台がスミソニアン博物館になってなるほどスケールは大きくなったけれども、逆にストーリーが1本調子になってしまって面白いとは言いがたし。前作のごとく、ダメ親父の権威をいかにして復権させるか、謎の石版のおかげで大混乱に陥った博物館をどうやって元に収めるか、というサスペンスの妙味がないのである。実は臆病だったカスター将軍という面白くなりそうなキャラクターも使いこなせておらず、むやみにごちゃごちゃとするばかりであった。

 アメリア・イアハートの活躍は良かったけれども、さすがにそれだけじゃどうにもならないのだ。

 ハイビジョン画質も期待外れ。解像度が取れておらずもやっとしたノイズが目立つ。DTS-HDマスターオーディオ5.1チャンネルサラウンドは後半のアクションシーンで大活躍。前半でもう少し細やかな環境音の表現をしてくれていたらもっと良かったのだが(笑)。

 シャワーを浴びて今度は途中まで見ていた日本映画専門チャンネルの『暗黒街の顔役』を見る。いつでもやりすぎる佐藤充とか(笑)、異様なまでにダンディな兄貴分の平田昭彦とか、必要以上に朴訥な三船敏郎とか、出てくるキャラクターがみんな面白すぎ。盗みの現場を目撃した女の子を無残にも車でひき潰したりするなど結構酷いことをやっているのに、このキャラクターたちのお陰でカッコいい犯罪群像劇になっているのが岡本演出の凄さか。

 ハイビジョン画質は黒が沈みきっておらず、また発色も地味。それなりの奥行き感、立体感はあるもののちょっと頂けない画質であった。

 その後いつものごとく本を読んだりテレビを見たり。就寝午前2時半。

|

« 12月14日(月) Diarrhoea! Diarrhoea!Diarrhoea!空の彼方に踊る影 | トップページ | 12月16日(水) 祝詞泉に囲まれて静かに眠るブルーシャトー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12月15日(火) 和田は徹子になる:

« 12月14日(月) Diarrhoea! Diarrhoea!Diarrhoea!空の彼方に踊る影 | トップページ | 12月16日(水) 祝詞泉に囲まれて静かに眠るブルーシャトー »