« 12月6日(日) 「坂の上の空母」 | トップページ | 12月8日(火) 「2DKの人々」 »

2009年12月 8日 (火)

12月7日(月) 「カンダタからの手紙」

 「蜘蛛を殺すなよ!」 我がブルーレイレコーダー BW800の編集機能に異変。日本映画専門チャンネルで録画した『透明人間』をHDD上で部分削除しようとしたら頭から開始の部分までは上手くいったものの、映画の終わりに開始点を設定したらなぜかフリーズしてしまうのである。うわあ、これはいかん、BW800がいかれたのかと思ったのだけれども、どうやらこの現象が起きるのは日本映画専門チャンネルHDで録画したコンテンツだけのようでWOWOWの番組は問題なく編集可能だ。

 これはひょっとしたらBW800側ではなく日本映画専門チャンネルHDの方に問題があるのではないかと思うのだが。なお、HDD上で編集できなかった『透明人間』はBD-Rにコピーした後だと上手くいった。なんだなあ、これは釈然としないなあ(笑)。地上波デジタル録画でも同じようなことが起こるのではあるまいな。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ。旅行中の楽しかったことをあれこれ思い出し反芻していると、もう本当につまらなくなっちまう。以前から旅行の後に同じような感情にとらわれていたものだが近年、年を取るにしたがって酷くなっていくようである。食ったもの、昼飯にマルタイ棒ラーメン一食分、夕食は鯛、ブリの刺身、カレイの煮付け、もやし・キャベツの生野菜。ビール一缶、ゴハン一膳。ゴハンはブリの刺身を使って茶漬けにする。〆のコーヒーは如例。

 それからWOWOWで録画しておいた『交響詩篇エウレカセブンポケットが虹でいっぱい』を見る。神話の再生、エウレカという少女、ネバーランドと呼ばれる別の世界等々の事象が私の頭の中でまるでつながりませんでした。手っ取り早くいうと、「ぼく、よー分からんわ」ということであります(笑)。テレビシリーズもほとんど見ていないし、最後の最後までいくつもの疑問符が私の頭の中を飛び回るばかりでありました。こんな有様なので、評論めいたことはいたしません。私の手に余ります。

 ハイビジョン画質は黒浮きしているのが残念。これに伴ってトーンジャンプも目だってしまったようだ。ハイビジョン5.1チャンネルはぐりぐりと動いてくれる。重低音もふんだんに効かせて迫力のある音場を構成しているのがよろしい。

 シャワーを浴びて今度は先日30分ほど見ていたWOWOW録画の『秘密調査員』を見る。マフィアの大物の犯罪を立証するため活躍する財務省の秘密調査員たちの活躍を描くフィルム・ノワール。密告者たちを手がかりにして真相に迫ろうとしたものの、次から次へと殺されてしまう。このあたりの犯罪組織の容赦のなさがモノクロームの画像とあいまって実にハードボイルドな印象を残す。悪徳弁護士の憎々しさも出色で主人公に「ところで奥さんは大丈夫かな」とそれとなく脅しをかける場面でぶん殴りたくなったほどであった(笑)。

 だから状況が不利なことを察して主人公に取引を持ちかけようとした弁護士が組織から裏切り者として車でひき潰されるラストがじつにカタルシスに満ちたものになるのである。

 ハイビジョン画質は黒の色味に問題あり。わずかに紫が滲んでしまっている。カラー映画なら問題にならぬのだがモノクロ映画ではどうしても違和感を禁じえない。

 その後録画しておいたテレビをだらだら。やたらに寒くストーブをがんがん炊く。就寝は午前2時半。また寝付くまでもぞもぞもぞもぞしてしまったよ。

|

« 12月6日(日) 「坂の上の空母」 | トップページ | 12月8日(火) 「2DKの人々」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12月7日(月) 「カンダタからの手紙」:

« 12月6日(日) 「坂の上の空母」 | トップページ | 12月8日(火) 「2DKの人々」 »