« 1月16日(土) 犬のオルドリンさん | トップページ | 1月18日(月) 阿波オルドリン »

2010年1月18日 (月)

1月17日(日) 『伊豆のオルドリン子』

 オルドリン駄洒落第2弾。西日本新聞のコラム 「ポンきちのNEWSここが知りたい 永住外国人選挙どうなる?」にええっ?と思うような記述があった。少し長くなるけれども全文引用させて頂く<西日本新聞 2010年1月17日 2面より引用開始>

 ポンきち 最近、永住外国人の地方選挙権という言葉を耳にするけど。

 記者 永住外国人というのは、日本に長期滞在する外国人で法相が永住を認めた「一般永住者」と、戦前から日本に住む在日韓国・朝鮮人などの「特別永住者」のことなんだ。民主党は、こうした人たちに地方自治体の首長や議員の選挙権を与える法案を国会に提出しようとしている。同党結党以来の主張で、与党の社民党のほか、野党の公明党、共産党も賛同しているんだよ。

 ポ 永住外国人は日本にどのくらいいるの。

 記 法務省によると、2008年松で一般永住者が約49万人、特別永住者が約42万人いるんだ。 

 ポ なぜ痴呆選挙権が必要なの。

 記 戦前、日本の統治下に置かれた朝鮮半島出身の在日外国人が多いという歴史的経緯もあるけど、何より、その地域で暮らしている人たちにとって、地方自治は生活に密着した問題だからね。永住外国人たちは「納税などで社会に貢献もしているので地方選挙権は付与されるべきだ」と訴えている。1995年には、最高裁が判決の傍論で永住外国人への地方選挙権付与は「憲法で禁止されていない」という判断を示したんだ。

 ポ 反対する人はいるの。

 記 自民党などには反対する人が多いよ。「国政と地方自治の境界は明確ではなく、外国人の投票行動が外交・安全保障政策に影響を与えかねない」と心配する人もいる。沖縄の基地問題などはその例といえるかもしれないね。
 憲法には公務員を選び、罷免するのは国民固有の権利だという規定がある。最高裁の判断が傍論でしか示されていないことから、「地方選挙権の付与は憲法違反」と主張している専門家もいるよ。

 ポ 海外ではどうなの。

 記 国会図書館の昨年11月の調査では、外国人に選挙権を付与する規定がある国は39カ国あり、うち26カ国が欧州。付与する権利の内容や条件は国によってさまざまだよ。アジアでは韓国が地方レベルの選挙権を付与している。
 また日本は原則として二重国籍を認めていないけれど、欧米では認めている国もある。「二重国籍が認められれば地方選挙権付与は大きな問題ではなくなる」という指摘もあるよ。

 ポ 民主党が賛成しているなら法案は成立しているんでしょ。

 記 ところが、民主党内も一枚岩じゃないんだ。同党の閣僚の中にも反対している人がいる。与党・国民新党の亀井静香代表も「賛成しない」と明言している。地方選挙権を付与する範囲も、民主党内では、日本と国交がある国か、それに準じる地域出身者とし、朝鮮半島出身者は韓国籍に限るという案が浮上しているけど、これにも賛否は分かれている。次の国会で成立するかどうか予断を許さないのが現状なんだ。

 (伊藤完司)

<引用終了>

 中立を装いながらもさりげなーく永住外国人選挙権(鳩山首相ははっきりと在日韓国・朝鮮人の選挙権と言っているのだからこんなごまかしの呼び方はいい加減やめたらどうか)容認の方向へ誘導する文章の芸を見よ(笑)。また、「次の国会で成立するかどうか予断をゆるさない」って、私には「早く在日韓国・朝鮮人占拠権じゃなかった在日韓国・朝鮮人選挙権が実現すればいいな。でも邪魔する奴がいるのがいまいましいんだよな」という風にしか読めないのですが、これは私の貧弱なる読解力ゆえの誤解なのでしょうか。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー牛乳。昼飯は3日に一度のアンリミテッドランチで膳のラーメン+替え玉。スープが妙に美味しかったのが不思議。その分麺に腰がなく、バリカタで頼んでもただただ硬いばかりであったけれども(笑)。夕食は鰤の刺身と豚汁、イカとサトイモの煮物。ビール2缶飲んでゴハンを一膳。〆のコーヒーは如例。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『天使の眼 野獣の街』を見る。ハードボイルドな香港警察監視チームの面々に大興奮。この映画ではもうひとつの主人公チームとして宝石強盗団が登場するのだが、演出的にはもうまるっきり監視班という刺身のつま。監視班をカッコよく描くための道具なのである。その分、強盗団の首領を外面は穏やかそうだが、実は警官を殺すことに何の躊躇いもない大悪党にしておりバランスを取っているのだ。監視班の上司の頚動脈を刺して逃げた首領が自身のミスで垂れ下がっていた鉤に喉を裂かれて死ぬ皮肉なラストも大いに気に入った。

 ハイビジョン画質は発色があまり良くないのだがその分異様なまでに画面に立体感がある。俯瞰で街を見下ろしたショットなぞちょっとびっくりしたくらいである。AACステレオ音声はリアの音場情報が豊富で正確。5.1チャンネルなみである。音質もコンプレッスド・オーディオ・リストアラーの働きで実に品位が高い。

 その後シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「たかじんのそこまで言って委員会」 田島女史のアホな物言いに腹を立てて途中で見るのをストップ。削除してしまう。まったくもうあんな人をこれ以上テレビに出すのは勘弁して欲しいものだと本気と書いてマジと読むで思う。

 ひれひれ酔って気づいたらソファーの上で寝ていました。午前2時過ぎベッドに移ってすぐさまグー。

|

« 1月16日(土) 犬のオルドリンさん | トップページ | 1月18日(月) 阿波オルドリン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月17日(日) 『伊豆のオルドリン子』:

« 1月16日(土) 犬のオルドリンさん | トップページ | 1月18日(月) 阿波オルドリン »