« 1月6日(水) 「押尾もピアノが弾けたなら」 | トップページ | 1月8日(金) ヤフー元旦決済 »

2010年1月 8日 (金)

1月7日(木) 鬼にカネボウ

 カネボウ化粧品さえあれば何も怖いものなんてないさ。1月の米国盤ブルーレイソフト注文リスト。12月の時点でこの日記に記した注文予定と変わらず『クリフハンガー』 『ティム・バートンの9』、『第9地区』、ロブ・ゾンビの『ハロウィーンⅡ』、『パブリック・エネミーズ』の5枚となった。『パラノーマル・アクティビティ』にも食指が伸びたのだが、怖い映画は苦手なのでやめておいたって、『ハロウィーンⅡ』はどうなんだよ(笑)。

 国内版は1月22日発売の『サンダ対ガイラ』か。

 先日、寝ぼけ眼で朝のシャワーを浴びていた時、ふと自分の胸を見てびっくり。「わあ、右胸に茶色い大きな虫がいる!」でも良く見たらそれは自分の乳首だったという・・・。皆さん、世間には自分の乳首を見て驚いている人間がいるのですよ、知っていましたか。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。昼飯は柔麺1把。夕食は鯵の刺身、鳥の唐揚げ、生野菜。ビール2缶飲んでゴハンを一膳。〆のコーヒーは如例。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『レッドクリフ Part II/未来への最終決戦』を見る。やたらに仰々しい戦闘場面が宜しい(笑)。まあ、寡兵で曹操の砦を攻略するのはちょっと無理があるのだけれどもそこは映画ということで許しておきましょう。でも曹操を完全に追い詰めたのに「お前、帰れ!」はないだろう。ここで曹操を殺しておけば後漢の政治体制が崩壊することが確実であり、呉・蜀による天下統一も見えてくるというもの。見逃す理由などどこにもありはしないのだが。

 ハイビジョン画質はフィルムグレインの一粒一粒が見分けられそうな超高解像度(これはVantage-HDのシャープネス、ディテールエンハンサーを強めにしたことも関係していると思われる)。黒の粘りも実にフィルム的であり、映画館気分を満喫させてくれる。AAC5.1チャンネルは低音のキレが素晴らしい。DVD-A1UDのコンプレッスド・オーディオ・レストアラーの効果でブルーレイソフトなみの音となっている。

 終了後、ブルーレイの『AKIRA』を30分ほど。DVD-3800BDで聞いたTrueHD5.1ch (192KHz/24bit)も凄かったけれども、DVD-A1UDは当然ながらさらにその上を行く。一つ一つの音が非常に明快でありサラウンドの音場ながらその存在を強く主張してくる。いうなればサラウンドの中の音ではなく、音がいっぱい集まってサラウンド音場を形成しているという感じか。

 覚書。ブルーレイソフトの無圧縮リニアPCMステレオ音声にもコンプレッスド・オーディオ・リストアラーを使うことができる。もっともWOWOWのAACとは違ってオフの方が音質的には上だけれども(笑)。なお、ロスレス、リニアPCMで5.1チャンネルサラウンドのブルーレイソフトではオーディオリストアラーを使用することはできない。モードセレクターに表示もされなくなる。

 シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいたテレビ東京の「でか盛番組」 でか盛料理を出しておけばいいだろ、これで視聴率取れるだろという安易な姿勢が仄見えて非常に面白かった(笑)。終了後、みうら・じゅん、いとうせいこうの「ザ・スライドショー」 ビーズで無理やり作った気持ち悪いピカチューやドラえもんは何度見ても笑えるなあ。

 その後プロジェクターを再起動して・・・と思ったのだが急速に眠くなってきたので断念。早々にベッドに潜り込む。

|

« 1月6日(水) 「押尾もピアノが弾けたなら」 | トップページ | 1月8日(金) ヤフー元旦決済 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月7日(木) 鬼にカネボウ:

« 1月6日(水) 「押尾もピアノが弾けたなら」 | トップページ | 1月8日(金) ヤフー元旦決済 »