« 2月26日(金) 実るほど頭を垂れるフルフォードかな | トップページ | 2月28日(日) カルティキに花を咲かせましょう »

2010年2月28日 (日)

2月27日(土) 露出の限界

 オッパイぐらいまでなら・・・。一応、ロシュの限界の駄洒落です。ロシュ博士、あなたの理論をこんな下らない駄洒落に使ってごめんなさい、ごめんなさい。

 例のトヨタの車が急加速して止まらなくなったのよ、オー・マイ・ゴッドおばさん(http://megalodon.jp/2010-0225-0831-05/www.afpbb.com/article/economy/2701135/5392928より引用開始)【2月24日 AFP】23日に行われた、トヨタ自動車(Toyota Motor)のリコール問題を調査する米下院公聴会1日目。この日は元ソーシャルワーカーの女性が証言に立ち、高速道路でトヨタのレクサス(Lexus)を運転中に時速100マイル(約161キロ)で制御不能になり、夫に別れを告げる電話をかけたことを涙ながらに語った。 米テネシー(Tennessee)州のロンダ・スミス(Rhonda Smith)さんは、2006年10月に起きたこの出来事の際、死を覚悟したと証言した。 

新車の「レクサスES 350」で高速道路に合流したところで、スミスさんは突然、時速70マイル(約113キロ)から100マイルへの不可解な急加速を体験した。必死でサイドブレーキをかけ、ギアをバックに入れたが、速度は下がることなく車は高速道路を疾走した。「車が最高速度まで加速していくと思った。次のガードレールに車をぶつけて他の人を巻き込まないようにしなければと考え、神さまに救いを求めて祈りをささげた」と、スミスさんは語った。 

 短距離無線通信規格のブルートゥース(Bluetooth)搭載の携帯電話で、夫に電話をかけたという。「夫にはどうにもできないことはわかっていた。けれども、もう一度だけ声が聞きたかった」と、スミスさんは涙をぬぐいながら語った。 夫へ電話をかけたとき、「神の力が介在し」、車はすこしずつ減速して停止したという。 

 悲劇を回避することができて良かった、というスミス夫婦の安堵もその後の数か月の間に、怒りへと変わっていった。それは、トヨタと安全当局調査官が、2人の主張を冷淡に扱ったからだった。 

 度重なる要望にようやくトヨタが応じたとき、夫妻の怒りはますます高まった。トヨタは、この出来事が所有者のせいだと言ったのだ。「ついにトヨタに書面で返答に応じさせた。受け取った文書は5行の内容で、こう書かれていた。『適切にメンテナンスをしていれば、ブレーキはアクセルよりも常に優位にある』」「それがウソだということはわかっていた。それに、こういったことが起きたのは、ブレーキが適切にメンテナンスされていないからに違いないと、トヨタが文書で返答したことにわたしたちは憤慨した。車の走行距離は、まだ3000マイル(約4800キロ)以下だった」 スミスさんは紛争処理の民間機関「National Center for Dispute Settlement(NCDS)」に問題を持ち込んだ。しかし、その経緯は「完全な茶番」だった。 

 地元のレクサス担当技術者は、1時間の距離しか離れていないにもかかわらず、NCDSの聞き取りに電話で参加し、スミスさんに原因があると証言した。「トヨタが再度、わたしたちをうそつき呼ばわりしたことに、もちろんとても憤慨した」(ロンダ・スミスさん) スミス夫妻はさらに米運輸省道路交通安全局(National Highway Traffic Safety Administration、NHTSA)に相談した。

 調査員が派遣されたものの、NHTSAもトヨタも真剣に対応しなかったという。そして、2008年に、スミス夫妻はこの問題の追及をあきらめた。「わたしたちの努力で、ほかの人たちが急加速の不必要な恐怖と苦しみにさらされることがなくなればと思っていた。それが失敗に終わったことに気づき、わたしたちの心は深く傷ついています」「しかしこの失敗は、本日、トヨタとNHTSAにも共有されたことでしょう。両者は、思いやりのない対応と人命軽視の姿勢をみせた」「強欲なトヨタよ、恥を知れ。責務を果たさなかったNHTSAよ、恥を知れ」(引用終了)

 いろいろ怪しいとか、あり得ないとか、言われている証言である。フツーのおばさんが160キロオーヴァーの速度で走行していたら、大藪ヒーローじゃないのだからわやわやの運転になりますわな。傍から見ても物凄く危ない運転に見える筈でそのような目撃証言が出てきてもいいのではと思ってしまう。スミスさん自身が「ガードレールに車をぶつけて他の人を巻き込まないようにしなければ」と証言しているのだから事件当時、高速道路上に他の車がいたことは間違いない。

 また、そのような故障を起こした車を売却したというのもちょっと信じられぬ話である。スミスさんはちゃんと中古車の業者さんに「えー、この車は一度暴走したんですのよ、161キロで暴走してサイドブレーキを掛けても、ギアをバックに入れても止まらなかったんですのよ、10キロも走ってようやく止まったんですのよ、死ぬかと思いましたわ、おほほほ」と説明したのか。業者さんはその故障を知りつつ他の人に売却したのか。考えれば考えるほど不思議で納得できないことが増えていく。(二十五日付の米紙ウォールストリート・ジャーナルが、対象となった車がその後には問題が起きていないことを報道。スミスさんが売却した後、走行距離は三千マイルから三万マイルまで増えたが、所有者は大きなトラブルを経験していなかったという。)

 米道路交通安全局(NHTSA)は26日、トヨタ自動車の急加速問題をめぐる米下院の公聴会で、不具合が起きたと指摘されたレクサスを同局があらためて調査すると発表しており、その結果が注目されるところである。

 まあ、多分何も出てこないんじゃないかと思いますが。

 仕事はまあ、いろいろあった。食ったもの、本日は3日に一度のアンリミテッドランチの日なので膳でラーメン+替え玉。何か今日は非常に美味しかった。その代わり後でえらい下痢になりましたけれども(笑)。夕食は鯵の塩焼き、出来合いの竹の子の天ぷら、ブリ刺身、生野菜。ビール2缶飲んでゴハンを一膳。〆のコーヒーは如例。

 その後輸入ブルーレイで『インベージョン』を再見。あのウィルスにおかされてアッチの人になったダニエル・クレイグがいい味だしている。「こっちはいいよう、何も心配することはないよう、平和で穏やかで安心して暮らせるよう」とうっとりした表情で喋るその様子が不気味を通り越してある意味こっけいなものになってしまっているのである。これが50年代のモノクロ映画だったら十分に恐ろしかっただろうが、新作映画でしかも二コール・キッドマン、ダニエル・クレイグというメジャーすぎる俳優だとまったく怖いものが感じられないのだ。

 いや、別にこの2人に責任がある訳ではないのだが(笑)。

 ブルーレイの画質はさほどでもなし。トゥルーHD5.1チャンネルは音圧が低くヴォリュームを20ノッチまで上げなければならない。

 終了後、これまた輸入ブルーレイで『G・I ジョー』を30分ほど。やっぱりバカで凄く面白い。なんでみんなこんな素晴らしい映画のワルクチを言えるんだ(笑)。

 シャワーを浴びてお酒。お供はDVDの「ウルトラマン」 後はプロジェクターを再起動させて赤木圭一郎の映画を見ようと思ったのだが、昨晩あまり寝ていないので早めに寝てしまった。はい、おそまつ。

|

« 2月26日(金) 実るほど頭を垂れるフルフォードかな | トップページ | 2月28日(日) カルティキに花を咲かせましょう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月27日(土) 露出の限界:

« 2月26日(金) 実るほど頭を垂れるフルフォードかな | トップページ | 2月28日(日) カルティキに花を咲かせましょう »