« 3月20日(土) オーガニック人形 | トップページ | 3月22日(月) 「やせ蛙、マッケンナ 一茶ここにあり »

2010年3月22日 (月)

3月21日(日) サイモントンとガーファンクル

 パセリ・ローズマリー・アンド・パンケーキ。以前にちょっと考えたネタ。1961年に宇宙人に水を上げてお礼にパンケーキを貰ったサイモントンさん。彼はラジオのニュース番組に出演し、事件のあらましを語ってみせた。彼が「宇宙人から貰ったパンケーキを齧ってみたらダンボールのような味がした」と感想を述べた瞬間、全米の聴取者がいっせいに「お前、食うたんかい!」とツッコンだという。

 これと同じパターンでいくつか。オウム騒ぎ華やかなりし頃、テレビで「おとうさーん、おかあさーん、目をさましてー」と絶叫する女性信者の姿が放映された。これをみた日本中の人々がいっせいに「目を覚まさなければいかんのはどう考えたってお前の方だろう!」とツッコンだという(元ネタ 青木光恵女史のエッセイ本?)

 北尾光司がプロレスデビューした時、リングに現れた彼の姿を目にしたファン達がいっせいに「乳首の位置が違う!」とツッコンだという。この時はまだプロレスラーの体型になりきれていなかったのだ(元ネタ 高田文夫氏の落語のクスグリ)

 ある女子高生もののAVで女子高校生役のAV女優が「ああ、壊れるー、壊れるー」 これを見た男達がいっせいに「そんな古臭いよがり方をする女子高生はおらん」とツッコンだという。

 これはあくまでネタですからね。実際にあったことではないので勘違いしないように。

 あのきっこがツィッターで騒ぎを起こしている模様。ちょっと覗いてみたら、なるほど、これはすげえや。<http://togetter.com/li/10277より引用開始>フツーの人 <鳩山首相の責任に一元化するのも極論だと思うけどね。このひとって、けっこう、決め付けやこだわりが目立つ。それとソースを示さないこと。> 

 きっこ <「一元化」と「ソース」、どこかの北朝鮮掲示板にわいてるウジ虫くんたちの大好きな言葉ですね。><人の感性は人それぞれ。何から何まで自分と同じ感性の人などいません。それなのに自分と違う感性の人のつぶやきにイチイチ反論や批判のレスをする人って、もしかしたら自分の感性こそが「絶対」だと思い込んでるクルクルパーなのでしょうか?まるで石原慎太郎ですね。><ま、あたしの場合は有名税だと思って、ある程度まではガマンしてますが、あまりにも粘着質な場合は、めんどくさいのでブロックしてます。><1対1ならいいけど、あたしの場合は同時に何人ものクルクルパーを相手にしてるので、とても手が回らないのです。><こんなこと言うとテングになってると思われるのでイヤなのですが、あたしのところには「あのきっこを批判してやったぜ」というヤカラがたくさん来るのです。きっと仲間内で自慢話でもしているのでしょうね。><同じ日本人同士なのに、こうした相手の顔の見えないネット上で、見ず知らずの相手を不愉快にさせるコメントを平気で送りつけるようなヤカラが増殖してしまいました。小泉と竹中のせいで「相手を思いやる心」を失ってしまった人たちが本当に気の毒です。><引用終了>

 ミクシィの時も凄かったけど、ツィッターでも同じことをやっているのだなあ。やっぱりキチガイはしょうがねえなあ。まあ、こういうキチガイの言うことを信じ込んだ民主党の馬淵澄夫みたいなバカ議員もいたわけだけれども。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでおしまい(笑)。午後1時過ぎに末弟家族が来訪。K太郎、やけに背が伸びており驚かされる。はしゃぎっぷりもさらにパワーアップしており遊ばせているとこちらが疲れてしまうほど(笑)。T子、Y乃とはまた違っており、男の子と女の子の違いを再認識させられた。食ったもの、昼飯にレトルトカレーとパックのゴハン。夕食は末弟家族と一緒に宅配の釜飯。ビール一缶飲んで〆のコーヒーは如例。

 午後6時過ぎに末弟家族は帰宅。私はそれからシャワーを浴びて映画をみるべく自室に引っ込んだのであった。

 その映画とはレンタルブルーレイの『君がぼくを見つけた日』である。タイムトラベラーというSF要素を上手く取り込んだ純愛映画で、非常にロマンチック。私みたいな鬼畜な人間を感動させるだけの力があった。また、一回見た後で良く考えたらおかしなところがいっぱいというのも大変に私好み(笑)。

 だいたいですな、タイムトラベルの時にいかなるものも一緒に持っていけない、つまりタイムトラベルした先の時空では素っ裸という設定があまり必要とは思えないのですな。このタイムトラベルで主人公のエリック・バナは後に奥さんとなるレイチェル・マクアダムスと出会うのですが、この時彼女は6歳。野原で素っ裸の40過ぎの男が6歳の少女と対峙する訳ですよ、これはいくらなんでも不味いでしょうが(大笑い)。結婚した後、レイチェル・マクアダムスは妊娠するのですが、赤ん坊がやっぱり子宮からタイムトラベルして何度も流産するというくだりも凄く変。どこかの時空にへその緒つきの胎児の死体が転がっているということなのだから。

 この現象に悩んだエリック・バナは妻にナイショでパイプカットしてしまう。これに憤ったレイチェル・マクアダムス、過去(パイプカット以前の時空)からタイムトラベルしてきた夫とヤッてまた妊娠するという・・・。無断でパイプカットする夫も夫だけど、奥さんの方もどうかなあと思うよ(笑)。

 ハイビジョン画質は全体的にもやっとした感じで解像度があまり取れていない。ただ、発色が素晴らしく夜の街並みの光景にうっとりさせられる。サラウンドはDTS-HDマスターオーディオ。あまりサラウンドが活躍するような映画ではなくちょっと物足りない音場であった。

 その後シャワーを浴びてお酒。お供は「大食い女王決定戦」 一回戦だけ見たけれどものっけからイカの干物という難物設定に腹を抱える。いきなり何を食わせるねん!

 その後プロジェクターを再起動させて『香港クレージー作戦』を30分ほど。就寝午前1時過ぎ。

|

« 3月20日(土) オーガニック人形 | トップページ | 3月22日(月) 「やせ蛙、マッケンナ 一茶ここにあり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月21日(日) サイモントンとガーファンクル:

« 3月20日(土) オーガニック人形 | トップページ | 3月22日(月) 「やせ蛙、マッケンナ 一茶ここにあり »