« 5月20日(木) 「オーケンダン吉」 | トップページ | 5月22日(土) ずいきとスッポン »

2010年5月22日 (土)

5月21日(金) 「あっかんベーのアン」

 アンは自分を「にんじん!」とからかったギルバートに思わずあっかんべーをしてしまいました。ああ、いつもの私に似合わぬ可愛い駄洒落じゃありませんか(笑)。その高性能に魅了されて2本 11万円で(笑)導入したSilver Running SILVER SIGNATURE HDMIケーブルであるが、個人輸入すると国内で買うより安くなる場合があるようだ。輸入元のVIDEOGON(http://www.videogon.com/index.html)なら国外にも発送してくれるので長さによってはこちらから直接買う方が幸せになれるかもしれないのである。

 例えば 7.5メートルのケーブルがVIDEOGONで$463.95 国内販売店だと7メートルで70,000円 送料を考えても断然こちらの方が安くなる。5メートルだとVIDEOGONで$409.45  国内販売店 62,000円。 4メートルなら$354.94 58,000円 2メートル $335.54 48,000円(視聴レポート割引3,000円あり) これ以下の長さでは送料込みでほぼ同等。

 7メートルだとおそらく2万円くらい安くなったはずで今さらながら「ああ、しくじったァ」と地団太を踏んだのであった。またこの文章を書いていて気がついたのだが国内販売店で新たに5メートルのケーブルを販売しているではないか。私が7メートルを注文した今年2月頭にはそんなものはなかった。だから私は泣く泣く8,000円も高い7メートルのケーブルを買ったのだ。わあ、ここでも大損こいているぞ。

 まあ、しょうがないっちゃあしょうがないんで(笑)別に販売店さんをうらむとかそんなことはないっすよ。人間、万事塞翁が馬ですよ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドイッチとコーヒー牛乳。昼飯は膳でラーメン+替え玉。アンリミテッドランチの日ではないのだが今日は夜に試写会の予定があって夕食が遅くなる。昼にちょっとインパクトのあるものを食べておかないとお腹が空いてしまいますからな。空くだけならまだしも試写会の途中でぐーぐーとお腹が鳴ったりしたらカッコ悪くてかないませんからな。

 午後5時半過ぎに事務所を閉めてその試写会へ出かける。場所は天神の安田生命ホール。そして肝心の映画作品は中島哲也監督 松たか子主演の『告白』である。松たか子さんの方は割りとどうでもいいのであるが(笑)中島監督と言えばあの『下妻物語』の脚本・演出を手がけた人である。正直言ってイマイチであった『パコと魔法の絵本』の敵をこの作品で取ってくれるのではないかと思って大いに期待していたのだ。

 午後6時半、開演ぎりぎりにぴんでんさんが到着。さすがにこの時間では二人並んで座るという訳にはいかず別々の場所になってしまった。そして開演、はじめに中島監督、松たか子による舞台挨拶があった。前述したごとく松たか子さんの方は割とどうでもいいので彼女の話はほとんど印象に残らず。監督の話ばっかり熱心に聞いていたという・・・。映画の内容については試写の段階でしかも映画の始まる前ということで当たり障りのない話に終始しており「とにかく衝撃的な話」くらいに終わったのが残念。ちょっと面白かったのがぽろりと漏れた監督の本音。「いやー、皆さんの顔がお札に見えています」あはははは、まあ、せめて千円札くらいに見えていればいいのですが(笑)。

 舞台挨拶が終わって午後6時50分より映画開始。この後は例によって凄いネタバレです。兵隊の位で言うともう北の首領様くらいです。北の首領様が兵隊の位なのかという疑問は残りますがとにかく凄いネタバレなんです。注意してくださいね。

 これは中学生の教え子に自分の幼い娘を殺された松たか子の完璧なる復讐譚である。2人の犯人のうち、一人は幼少時の母親による虐待とそれゆえに絶対となった母性を両親の離婚によって失ったという経験から潜在的なシリアルキラーとしての可能性を内包している。彼はクラスメートの女の子を殺害、さらに爆弾を仕掛けて多数の生徒を道連れにして自殺を企てるのだが、松たか子はその状況すら逆手に取り容赦なく追い詰めていくのだ。もう一人は松たか子によって操られた後任の教師によって同じく追い詰められ引きこもりの挙句母親を殺害してしまうのである。

 おそらく中島哲也監督は松たか子の精緻で完璧な復讐計画・実行を描くことにある種の喜びを感じていたのではないかと思う。そして同時にそんな凄惨な話を作り上げていくことに呵責を覚えてもいて、その心境が舞台挨拶で「衝撃的な話」だと発言することに繋がったというのはうがちすぎた見方だろうか。

 もうひとつ、この映画は『へザース ベロニカの暑い夏』と明確な共通点を持つ。復讐の実行者を娘を殺された教師から学校という社会システムで下位の座に甘んじなければならなかった生徒に置き換えればこの二つの映画はくっきりとした相似形を描くのである。これは原作がそうなのか、それとも映画化されるに当たって導入された要素なのだろうか。

 午後8時半過ぎに映画は終了。いつもならぴんでんさんと「まあまあ、軽く一杯いきましょうや」「それで本当に軽くすんだことなんてないよね、わはははは」などと会話を交わしつつ近くの居酒屋に吸い込まれていくところであるが(笑)明日22日は葛の会の5月例会なんですよね。さすがに二連荘は不味いと思っておとなしくタクシーで帰りましたよ。

 夕食は出来合いのてんぷらとイサキの刺身。ビール2缶飲む。仕上げにたまたま台所にあった、決して帰り際にセブンイレブンでわざわざ買ったのではなくあくまで偶然、のUFOカップ焼きソバ。食べてみてびっくり。麺が恐ろしく不味いのである。腰がなくごわごわしておりおまけに粉っぽい。あー、しばらく食べない間に何があったんだ、UFOカップ焼きソバ!

 その後さらにウィスキーの水割りなんぞを飲む。そしてプロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『かもめ食堂』を30分ほど。片桐はいりのパジャマの生地が柔らかく見えてびっくりした。今までとは別のパジャマを着ているみたいである。就寝午前1時過ぎ。

|

« 5月20日(木) 「オーケンダン吉」 | トップページ | 5月22日(土) ずいきとスッポン »

コメント

SILVER SIGNATUREは不良品もあるので海外からは危ないですね。私も使用していて数ヶ月経ってから不具合が出ましたが、国内販売店で快く新品に交換して頂きました。先日発売されたPLATINUM SIGNATUREを買いましたが凄いですよ!

投稿: | 2010年11月27日 (土) 08時44分

Silver Running の購入を考えているのですが、VIDEOGONのサイトをみても販売情報が掲載されているページ見つけることができませんでした。
輸入元、購入ページについてもう少し詳しくお教え頂けませんでしょうか?

投稿: ACER | 2010年11月28日 (日) 21時52分

Silver Running の購入を考えているのですが、VIDEOGONのサイトをみても販売情報が掲載されているページ見つけることができませんでした。
輸入元、購入ページについてもう少し詳しくお教え頂けませんでしょうか?

投稿: ACER | 2010年11月28日 (日) 21時52分

 http://highend.exblog.jp/

 こちらで購入できます。

投稿: エロの冒険者 | 2010年11月29日 (月) 11時07分

ありがとうございます。

でも、私が知りたかったのは輸入販売をしてくれるところです。
(質問の仕方が悪くてすみませんでした)

本文にある「個人輸入すると国内で買うより安くなる~」「輸入元なら国外にも発送してくれる~」
という文面を見て興味を持っております。

投稿: ACER | 2010年11月29日 (月) 20時56分

ありがとうございます。

でも、私が知りたかったのは輸入販売をしてくれるところです。
(質問の仕方が悪くてすみませんでした)

本文にある「個人輸入すると国内で買うより安くなる~」「輸入元なら国外にも発送してくれる~」
という文面を見て興味を持っております。

投稿: ACER | 2010年11月29日 (月) 20時57分

 ビデオゴンの商品リストから消えているようですね。

 これ以上は私にもちょっと分りません。

 すいません。

投稿: エロの冒険者 | 2010年12月 1日 (水) 16時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5月21日(金) 「あっかんベーのアン」:

« 5月20日(木) 「オーケンダン吉」 | トップページ | 5月22日(土) ずいきとスッポン »