« 5月27日(木) 「アンカーベイのアン」 | トップページ | 5月29日(土) 「わたしが死んでも代わりが色物」 »

2010年5月29日 (土)

5月28日(金) 「チャージマンゲン」

 ギギギ、ボルガ博士、許してつかあさい!大槻教授ブログ(http://ohtsuki-yoshihiko.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-8e77.html)2010年5月26日エントリーの「北朝鮮の攻撃」 ここで大槻教授は北朝鮮が韓国哨戒艇を魚雷攻撃し撃沈までした合理的な理由が見つからない。だからこれは韓国、米国の捏造ではないかとおっしゃっている。

 北朝鮮に合理的理由という言葉ほど似合わないものはない(笑)。かの国が今まで行ってきた陰湿なテロ攻撃、ラングーン事件、大韓航空機事件、日本人、韓国人拉致事件に明確かつ合理的な理由があったか。また1990年代以降に限っても韓国・北朝鮮は数度に渡る銃撃戦など小競り合いを続けている。哨戒艇撃沈事件の前にも北朝鮮は北方限界線に向けて威圧的な砲撃を行ったりもしている。その延長上に哨戒艇の撃沈があったとしても不合理な考えとはいえない筈だ。

 そういった両国の関係、小競り合いの歴史等を無視し、この哨戒艇撃沈事件だけを取り上げて「アメリカと韓国の陰謀」をにおわせる、案外、大槻教授という人は陰謀論の類がお好きなようだ。この分ではひょっとしたら911も・・・・(さすがにアブないので以下6,894行削除)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯にマルタイ棒ラーメン一食分(約280kcal)、夕食は鯛、甘エビ刺身、豚のみそ焼き、生野菜たっぷり、ナスとワカメの味噌汁。ビール一缶飲んでゴハンを一膳。〆のコーヒーは如例。

 それからWOWOWハイビジョン録画の『路上のソリスト』を見る。「ロサンゼルス・タイムズ」紙の記者スティーヴ・ロペスがホームレスの音楽家ナサニエル・エアーズとの交流を綴った連載コラムを映画化した作品。ナサニエル・エアーズ役のジェイミー・フォックスが実に宜しい。音楽的な才能を持ちながら精神疾患(統合失調症)のために音楽学校をしくじりついにはホームレスに身を落とした悲劇の人物を非常に的確なキャラクター造詣で我々に見せ付けてくれる。サラウンドを使った幻聴の表現も巧みであり、こう言ってはなんだけれども(笑)統合失調症の疑似体験ができるレベルではないだろうか。

 ロサンジェルスのスラム街の描写もリアリティありすぎ。ああいう場所の「ヤバさ」をきちんと表現している。とても役者・エクストラの皆さんを使って映画として撮影したとは思えないほど、「らしい」のである。

 ハイビジョン画質は発色が赤っぽく、デイライトシーンでの抜けが今ひとつ。その反面、暗部諧調情報はきちんと確保されており、どちらかというとナイトシーンで真価を発揮する絵作りと言える。音声はAAC5.1チャンネル。オーケストラのリハーサル場面で指揮者が身構えた瞬間に今まで思い思いにチューニングをしていた演奏者たちがぴたりとやめる。この時の静けさの表現が見事であり、AACの底力を改めて認識させられた。

 シャワーを浴びて午後11時過ぎから国内盤DVDで『顔のない悪魔』(『Fiend Without a Face』 1958年)を見る。舞台となるのはカナダ・ウィンスロップにある米空軍の基地、第6試験場。夜中の午前3時、パトロールの兵士がちょっと一服しておりますとどこからともなく聞こえる「どくん、どくん」という怪しい男。当然、この兵士がやられるのかと思いきや直ぐ近くの森の中にいた男がギャーッと悲鳴を上げて倒れたのです。兵士が駆けつけた時には彼はすでに死んでいました。

 ここでタイトルが出ます。

 死んでいた男は畜産家のグリーゼルといいまして近くの農場で妹のバーバラ(キム・パーカー)と一緒に住んでいたのだそうな。捜査を開始した主人公のカニングス少佐(マーシャル・トンプソン)ですが、思いもかけず町民の妨害にあって当惑します。実はこの基地では原子炉を使ったレーダーの実験を行っておりまして町民から大層嫌われていたのです。彼は死因を特定すべくグリーゼルの検死を申し入れたのですが町長(ジェームス・ディレンフォース)とバーバラににべもなく断られてしまいました。

 がっかりしたカニングス少佐ですが、内心、「検死の件は残念だがそれはそれとしてあのバーバラという女はなかなかの美人だな、うひひひ」なんて考えております(ウソ)。

 さて、基地ではその原子炉を使ったレーダーの実験を再開します。これは平たく言えばスーパーワイドレンジのレーダー網を構築しようという試みでジェット爆撃機B-47に特殊な装置を搭載、これに原子炉からエネルギーを送り込みさらに基地のレーダーをナニして(笑)実にロシア全域を監視できるようにしようというものなのであります。

 実験は順調に推移、レーダーのレンジを4,000キロに拡大することが出来たのですが、その後がどうもいけない。急に画像が乱れ、何も映らなくなってしまったのです。「クソ、まただ」と呻くカニングス。どうやら原子炉のエネルギーが何らかの原因で他に流出しているらしい。やむなく実験中止を命令するカニングスであります。

 と、この実験と時を同じくして第2の事件が発生します。アダムス夫妻が農場の納屋で見えない何物かに襲われて二人とも殺されてしまったのです。町長はカンカンになって「また人が死んだぞ、どうしてくれるんだ、やっぱり放射能のせいだろう!」基地指令のバトラー大佐(スタンレー・マクステッド)に電話を掛けてきます。訳の分らないことを言われたバトラー大佐もむっとしてカニングスに「なんとしても死体を確保しろ、こっちで検死をするんだ」カニングスがどうやったかは分りませんが、次の場面になるともう死体が基地の中にあるという・・・。

 死体を検死したドクター、仰天して「こ、この死体には脳と脊髄がありませんばい」動揺のあまりお国なまりが出てしまっています。「後頭部に二つの穴がありましょうが、この穴から脳と脊髄ば吸い出したとですなあ」バトラー大佐はこの奇妙な事件の真犯人を探るべくカニングスに「町へ行っていろいろ事情を聞いて来い」と命令します。カニングスは「分りました、司令官!」と答えてジープで町へ急行。一番先に行く先と言えば、そら、あんた、バーバラの農場ですがな。

 しかもタイミング良くバーバラがシャワーを浴びているという。しかもこの女、無用心なことに玄関の鍵を掛けていないのです。カニングスはドアをノックして「あら、返事がない、あら、鍵が空いている、これは中に入っても良いというサインでげすな」中へ入ります。そしてそこでバスタオル一枚で出てきたバーバラと鉢合わせ。この場面で当時劇場で見ていたお客さんたちが一斉に「ラブコメか!」とツッコンだそうであります(ウソ)。

 「キャッ」と悲鳴を上げて別室で着替えを始めるバーバラ。その間部屋をじろじろと眺めていたカニングス、「思考コントロールの原理 ウォルゲート教授著」という原稿を見つけます。着替えを終えて戻ってきたバーバラによればそれは近々出版されるウォルバート教授の論文なのだそうな。バーバラもこの論文の編集に協力していたのです。

 この後、カニングス、バーバラに「明日の夜は暇かい」なんて下心をむき出しにして尋ねたのですが、そこへ最悪のタイミングでやってきたのが保安官助手のギボンズ(ロバート・マッケンジー)。彼はカニングスを見るなり、「何だ、犯人を見つけるのが先だろ、女の尻を追っかけている場合じゃないだろ」これにかっとなったカニングス、彼と殴り合いになってしまいました。バーバラは激怒して「そんなことするならもう帰って」ほうほうの体でバーバラの農場を後にするカニングスであります。

 基地に戻ったカニングス、部下に命じて「ウォルゲート教授について調査せよ」と命じます。そして部下が持ってきたウォルゲート教授の本「人工頭脳学」、「思考のエネルギー」に読みふけるのでした。

 さて、そうこうするうちに次の犠牲者が。ある夜、目に見えない何者かが町長の屋敷に潜入したのであります。何者かが進むに連れて箒が倒れたり、バケツが倒れて水がこぼれたり、カーペットがぺこぺこと凹んだりという古臭い演出が楽しい。これをピアノ線で引っ張っているんだなー、カーペットの下には穴があってこれでぺこぺこさせているんだなあー、などと分ったようなことを言う輩は地獄に落ちるべきでありましょう。そしてどくんどくんというあの音に気がついて寝室から降りてきた町長を襲って殺してしまいました。

 町長の死で完全に頭に来たギボンズ、「犯人は森に隠れているのに違いない、みんなで山狩りをするのだ!」十数名の町民のみなさんとライフル片手に出動します。

 一方、カニングスはウォルゲート教授を訪ねます。そこで偶然手伝いに来ていたバーバラに出会ったカニングスは先の非礼を詫びて教授へ会わせてくれるように頼むのでした。「いいわよ」と案外、簡単に案内してくれたバーバラ。カミングス、内心で「やっぱりこの女、俺に気があるんじゃないの、うひひひひ」と思っていたという(ウソ)。

 そして教授に会ったカニングス、自己紹介をして「あの殺人事件の犯人はいまだ我々の知らない動物によるものではないでしょうか」と教授に尋ねます。なぜか教授は顔色を変え慌てふためいて「そんなことはありえない。科学者として断言する」ここでバーバラが教授の異変に気付いて「なぜ、教授を興奮させるのです。彼は心臓が弱いのですよ、もう帰って下さい!」また追い出されちゃった(笑)。

 森の中で犯人捜索中のギボンズともう一人。よせばいいのに二手に別れて捜索しようということになります。その後どこからか聞こえてくる例の音。「どくん、どくん」 本日はここまで。

 その後先日放送の「ナイトシャッフル」録画版を編集してBD-Rにダビング。後はテレビや読書。就寝午前2時半過ぎ。

|

« 5月27日(木) 「アンカーベイのアン」 | トップページ | 5月29日(土) 「わたしが死んでも代わりが色物」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5月28日(金) 「チャージマンゲン」:

« 5月27日(木) 「アンカーベイのアン」 | トップページ | 5月29日(土) 「わたしが死んでも代わりが色物」 »