« 5月28日(金) 「チャージマンゲン」 | トップページ | 5月30日(日) 「この色物が目に入らぬか」 »

2010年5月30日 (日)

5月29日(土) 「わたしが死んでも代わりが色物」

 三人目の綾波レイが女漫才師に!デニス・ホッパー死去。一種のカルチャー・アイコンとしての地位を確立しながら『悪魔のいけにえ2』や『スーパーマリオ魔界帝国の女神』、『ウォーター・ワールド』、『ランド・オブ・ザ・デッド』などのアレな映画に出演を厭わなかった前世紀最大の「仕事えらべや!」役者であったと思う。そんな彼のベストムービーは賛否両論あるだろうけれども私はもう断然『悪魔のいけにえ2』(笑)。出てくる奴がみんな狂っている映画だけれども、その中でもホッパー親父の狂気は突出していた。あの狂気をもう味わえないかと思うと残念でならぬ。ご冥福をお祈りする。

 NHK BSHiの『スターウォーズ特集』の詳しい放送スケジュールが判明。 7/17 スター・ウォーズ EP1 ('99)  20:00~22:17  7/18  スター・ウォーズ EP2 ('02)  20:00~22:23  スター・ウォーズ クローン・ウォーズ ('08) 22:30~0:04   7/19  スター・ウォーズ EP3 ('05)  20:00~22:21  7月20日  スター・ウォーズ EP4 ('77) 20:00~22:16  7/21 スター・ウォーズ EP5 ('80) 20:00~22:08  7/22 スター・ウォーズ EP6 ('81) 20:00~22:16 ま、私は前回のWOWOWでの放映時にBD-Rで保存できなかった『エピソード1』、『エピソード2』以外はまあ、どうでも良かったりするのですが(笑)。

 良かったら参考にして下さいな。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、本日はアンリミテッドランチの日なので昼飯はゆきみ家で醤油ラーメンとミニカレーのセット。夕食は天然ヤズの刺身、生野菜、冷蔵庫にあったチャーシューを電子レンジで加熱してキャベツのたれをかけた奴、これらをツマミにビール2缶。そしてカレーを一皿。〆のコーヒーは如例。

 その後輸入ブルーレイで『Dr.パルナサスの鏡』を見る。この作品に関しては現時点での評価は差し控えたい。いや、何しろ前半の饒舌な台詞に翻弄されてしまい眠くなってしまったのである。途中、何度か落ちてしまったお陰で重要な台詞を聞き逃しストーリーが良く分らなくなってしまったのだ。ひょっとしたら私の中であの『未来世紀ブラジル』を越えるのではないかという可能性を秘めた作品をこんな状態で論評することはとてもできない相談であり、これは少なくとももう一度見てからのことにしたいと思う。

 『未来世紀ブラジル』を越えるかも知れないというのはあくまで可能性の話ですからね、そうならない可能性も多分にあるので、ゆめゆめ勘違いしないように(笑)。

 ハイビジョン画質は微妙な出来。終始、黒が浮いておりそのくせ暗部の情報が乏しかったりする。幻想世界の広大な奥行き感はまるで3D映画なみであり、大画面の良さを満喫させてくれた。サラウンドはDTS-HDマスターオーディオ 48kHz/24bit(同時収録されているポルトガル語音声はDTS-HDマスターオーディオの48kHz/16bit 16bit、24bitの音質比較に使えるかも)。音圧が低めだったけれどもヴォリュームをいつもの4ノッチ増しの18にすると繊細さと迫力を併せ持った極上のサラウンド空間が出現した。

 その後今までちびちび見ていたWOWOWハイビジョン録画の『群青 愛が沈んだ海の色』を見る。登場人物たちの行動原理がきちんと描かれておらず、展開が非常に不自然に見えてしまう。最初は那覇の看護学校に行くと言っていた長澤まさみが幼馴染から告白されると「うん」とか頷いちゃって島にそのまま残ってしまったりするのも納得できず。また終盤、もう一人の幼馴染の男が溺れて人工呼吸されて息を吹き返すあたりの時系列の流れも適当で、まあ、なんですな、長澤まさみと沖縄の自然に頼りきったつまらない映画でしたな。

 しかし、この映画で描かれる南の島はちょっと凄いよ。綺麗な海、島の自然の他に何もないよ、海へ潜って魚を獲る漁師(海人って言うんですか)以外の仕事がないんだよ。海から上がったら飯食って後はひたすら酒を飲むしかないんだよ。娯楽施設もしけた酒場がたった一軒あるだけなんだよ。こんな描かれ方をして地元の人はムッとこなかったのか。

 ハイビジョン映像はDRからHGに圧縮したもの。スキントーンの描写が大味となりまた海中でのトーンジャンプもやや発生しやすいようである。まあ、DRの映像と直接比べた訳ではないのであんまい真剣に取って貰っては困りますが(笑)。音声はAACステレオ。DTS-NEO6を使うと綺麗にサラウンドしてくれる。またBGMの美しさも印象的であった。

 シャワーを浴びて読書。有川浩「図書館内乱」を読了。この勢いでスティーブン・キングの「トム・ゴードンに恋した少女」に行っちまえと思ったのだが眠くなってきてダメでした(笑)。

 就寝午前2時過ぎ。

|

« 5月28日(金) 「チャージマンゲン」 | トップページ | 5月30日(日) 「この色物が目に入らぬか」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5月29日(土) 「わたしが死んでも代わりが色物」:

« 5月28日(金) 「チャージマンゲン」 | トップページ | 5月30日(日) 「この色物が目に入らぬか」 »