« 5月7日(金) テニアンもんや三度笠  | トップページ | 5月9日(日) 大化の海鮮 »

2010年5月10日 (月)

5月8日(土) 大化の金丸信

 ちょっと苦しいか(笑)。5月9日の校区内壮年ソフトボールがついに終了。今年も何とか人が集まってくれて試合に出場することは避けられた。いやあ、もう本当に良かった。何しろ私は三国一の運動オンチである。そんな私にソフトボールなぞできる筈がなく、打てば三振、守ればエラーとなることは確実だったのである。いや、これくらいで済めばまだいい。2年前に試合に出たときはボールを追っかけはじめた途端にすっ転び足を大きくすりむいたし、フライを取ろうとして胸にあてもした。その時はなんともなかったけれども、後から聞いたらボールを胸に当てるのは大変に危険なことで下手をすれば心臓が止まるというではないか。まさに私は九死に一生を得たと言っていいのだ(ちょっと大げさか)。

 その時からさらに年齢を重ねて体力が衰えている私がまた試合に出たりしたら、今度こそ大変なことになる。フライを取ろうとしてまた胸にあて、心臓停止。救急車で運ばれたものの病院到着前にあえなく頓死とか、ボールを顔面に受けて割れた眼鏡の破片が眼球に突き刺さり失明とか、ボールを追ってまたすっ転び足首を複雑骨折し生涯つえが必要な体になるとか、もういろんなことを考えてゴールデンウィークの頃から憂鬱だったのだ(笑)。

 それが何とか人数を確保できて私自身はまったく試合に関与することなく今年の壮年ソフトボール大会を終えることが出来た。もう私はうれしくって、うれしくってならないのである。これで心置きなく5月26日の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』のブルーレイ発売や6月12日の「日本トンデモ本大賞」を迎えることができるぞって、お前の楽しみはそんなことしかないんかい。

 ああ、そうだよ、俺の楽しみはこんなのばっかりなんだよ、何か悪いか、クッ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。昼飯はアンリミテッドランチの日なのでゆきみ家で塩ラーメンとミニカレーのセット。漫画単行本が撤去されてしまったのは非常に残念であるけれどもラーメンそのものは大変に美味しかった。スープを全部飲んであまつさえ丼の底をぺろぺろ舐めてしまったよ(ウソ)。夕食はハマチの刺身、鶏唐揚げ、生野菜。ビールを一缶飲んでゴハンをたっぷり。〆のコーヒーは如例。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『アマルフィ 女神の報酬』を見る。ネットのあちこちで散々な評判を目にしておりあまり期待しないで見たのだが、いやいや、これは結構面白い映画ではないですか。身代金受け渡しの場所をヒントにある警備会社の関与を探り当てる織田裕二、しかし実はそれは犯人側の餌であり、実際は思うように操られていたという皮肉な展開が小気味良いし、まるでミナス=ティリスのようなアマルフィの街並みを美しく捉えた映像も見ものだ。

 この展開の面白さ、美しい映像があれば警備会社の心臓部?の描写があまりにチャチかったり(笑)、天海祐希が警備装置をリセットしてからの時系列の描き方が曖昧なために、犯人グループが日本大使館に潜入する場面に説得力がなくなってしまっていたり、腕利きの特殊外交捜査官(ていうのか、あれは)である織田裕二が結果的に外務大臣に対するテロ行為を防ぐことができなかったのに、何で威張っているのか分らなかったりという些細な欠点も(笑)気にならないのである。

 ハイビジョン画質はコントラストが足りず眠たい画調。あの映像美をもっと鮮烈な発色で見たかったと思うのは私だけではあるまい。音声はAAC5.1チャンネル。ハリウッドのメガバジェット作品に比べると(いや、この『アマルフィ』も十分にメガバジェットなんですけどね)音場の情報量が少なく、はっきり言ってこうした映画のサウンドトラックとしては貧弱であると思う。

 終了後BSHi録画の『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還 エクステンデッドエディション』を30分ほど。ガンダルフとピピンがミナス=ティリスを駆け上る場面で24フレームの威力を存分に味わう(笑)。この動きは本当に気持ちが良い。

 シャワーを浴びてお酒。ずびずび酔って午前11時過ぎに就寝。

|

« 5月7日(金) テニアンもんや三度笠  | トップページ | 5月9日(日) 大化の海鮮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5月8日(土) 大化の金丸信:

« 5月7日(金) テニアンもんや三度笠  | トップページ | 5月9日(日) 大化の海鮮 »