« 6月23日(水) 赤い水洗 | トップページ | 3月25日(金) 対消滅の乱 »

2010年6月25日 (金)

3月24日(木) ドナーのおなりー

 移植手術の現場にて。特ダネAV情報。英語字幕のない米国盤ブルーレイのリストだ。巷のAVブログにはやれ、あのブルーレイには日本語字幕がついている、日本語音声が入っているという類の情報はたくさんあるけれども逆に英語字幕の入ってないブルーレイ情報というのは初めてだと思う。だからこれを読む人は大変に幸運であり、私に多大な感謝を捧げねばならぬのである。どうだ、分りましたか。

 てなこと言っても力んでも、現在のところ判明している英語字幕なしの米国盤ブルーレイはこんなところなのだが。『ハードウェア』 『サイクロップス』 『ファンボーイズ』 『It waits』 『ファンボーイズ』を除けばみんなB級のしょぼい映画で(『It waits』だけは意外と面白かったが)音声もドルビーデジタルなどのロッシーのみ。まあ、字幕なしになるべくしてなったという感じがしないでもない(笑)。

 だが、『ファンボーイズ』はそんなダメ映画たちとは一線を画す出来で音声もちゃーんとロスレス DTS-HDマスターオーディオが入っている。それなのに英語字幕だけが入っていないという極めてアンバランスなソフトでひょっとしたらルーカスフィルムとの関連で『スターウォーズ』とかレイア姫とか台詞だけならいいけど、それを字幕にしたら権利料を払って貰いますよ、いや、低予算の映画なんでそれは勘弁してください、字幕入れないようにしますからなんてことがあったのかも知れない。

 あー、これは単なる想像なので間違っていても僕は責任を取りません。いちいち騒いだりしないようにお願いしますぞ。

 仕事はまあ、いろいろあった。ある物件の裏口にアレがいて、アレアレに電話したら「何もしないで放っておいてください」と言われてその通りにしたのだが、すると明日ぐらいはアレしてアレを片付けるのがイヤだなあと思ったなんてことがあったが詳しく書くと心の綺麗な人たちから文句を言われそうなのでコレくらいにしておきます(笑)。

 食ったもの、昼飯にインスタントの味噌ラーメン。昨日の酢豚の残りを乗っけたので栄養的にもウェルバランスになったのではないか。夕食はマグロの刺身、ナスとゴーヤの味噌煮、ウナギの蒲焼。ビール一缶飲んでゴハンを一膳。〆のコーヒーは如例。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『ブラックウォーター』を見る。オーストラリアで姉妹と姉の恋人がボートで釣りツアーに出たらワニに襲われてえらい目に会っちゃったという映画である。オーストラリアでワニに襲われるというシチュエーションには何の新味もないが(笑)頼りになる筈の案内人がいの一番に食われてしまい、残された男女3人はマングローブの木の上に逃れてなすすべもないという絶望感の作り方が上手い。

 ただ、その絶望感ゆえに実にダウナー系の動物ホラーになっていて、見ているとずーんと重苦しいキモチになってくる。監督もそれをちゃーんと意識しているようで、目の前で恋人がワニにやられてぎゃーぎゃーと悲痛きわまる悲鳴を上げる姉とか、ワニが恋人をぐちゃぐちゃはふはふと食らう音が暗闇の中から聞こえてくるとか、ワニに襲われた妹の小指が折れてクキッと折れ曲がっているとかのイヤーな場面を加えてさらに私をげんなりさせるのだ。

 ハイビジョン画質は暗部に強いノイズが乗り、不安定な明滅を繰り返す。元の画質は非常に良いのにこれですべてが台無しになってしまっている。AAC5.1チャンネルはフロントの音が非常に宜しい。浮き出てくるようなBGMの粒立ちの良さに驚かされる。

 終了後、シャワーを浴びてお酒。プロジェクターを再起動させてまた『無責任遊侠伝』を30分ほど。このところ毎晩のように見ているのにいっかな終わらないのは前にどこまで見ていたのか忘れてしまっていて同じ箇所を何べんも見ているからだ(笑)。まあ、そうやってだらだら見ても面白いのがクレージー映画の良さですよ。

 就寝午前1時過ぎ。

|

« 6月23日(水) 赤い水洗 | トップページ | 3月25日(金) 対消滅の乱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月24日(木) ドナーのおなりー:

« 6月23日(水) 赤い水洗 | トップページ | 3月25日(金) 対消滅の乱 »