« 6月21日(月) 「突撃!肥満」 | トップページ | 6月23日(水) 赤い水洗 »

2010年6月23日 (水)

6月22日(火) セシウム議員

 と学会のあの人が立候補して議員になるとこうなる。と学会員だけにしか分らない内輪ネタの駄洒落でどうもすいません。ふと思い出したこと。人体切断マジックというのがありますな。箱に入った人間をノコギリなんか使ってぎこぎこ切ってその後、元通りにくっつけるという奴。私はたしか大昔にあるテレビ番組 多分、この日記で御なじみの万国ビックリショーだったと思うが、これのグロバージョンを見たことがある。病院で使うような診察台に実験台(笑)を寝かせる。そして催眠術かなんかで寝かせてその上から白いシーツを被せる。そしておもむろに電動ノコのスイッチをオン!唸りを上げて回転するそれを実験台の腹部に躊躇い鳴く降ろしていくのだ。ぎゃーんという世にも恐ろしい音と共に実験台の腹部は切り裂かれ赤い血のりや内臓めいた組織が飛び出す。悲鳴を上げる観客。電動ノコは実験台の腹を血の海にしてようやく止まる。

 もちろん、これはトリック。診察台の腹の部分が凹んでいて、その上に血のりや内臓めいたものを詰めた袋を置いているのである。そうとは分っていても、いやあ、いくら子供でもテレビのスタジオで実際に人間の腹を裂くことなんてあるはずないと知ってますからね、でも、あの映像は十分に衝撃的であった。そしてこのマジックの後、ご丁寧にも観客の皆さんに診察台の周りをぐるりと回らせていたのである。おばさんの世にも嫌そうな顔が今でも私の記憶に残っている。

 例によってこのマジックそのものが私の記憶違いの可能性も大いにある。さすがにいくらトリックとはいえ血のりだの、内臓だのを撒き散らすのはさすがに不味いのではないかと思うからである。でもそうなると飛び散ったものを見て世にも嫌そうな顔をしているおばさんという記憶と整合性が取れなくなるわけで、これまたしっくりこない。あー、どこか、万国ビックリショーのDVD、あるいはCSで放送するとかやってくれないものであろうか。不可能だとは思うのですが。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯に素麺一把を柔麺にして。大量に作った薄味のスープでゆっくりゆっくり腹の中へ入れていく。こういう食べ方をするといくらかでも腹持ちが良くなるのだ。夕食はマグロの刺身、生野菜、レトルトのハンバーグ、付け合せの温野菜、焼きナス。ビール2缶、ゴハン一膳。〆のコーヒーは如例。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『舞妓Haaaan!!!』を見る。想像力の暴走とも言えるクドカンの脚本に阿部サダヲがハイテンションできっちり応えた快作。話自体がもうめちゃくちゃなのだが、阿部を全力疾走で動かすことによって観客に考える暇を与えないのである。柴崎コウのキャラも中途半端で機能しているとは言いがたいのだけれどもラストの人情劇への強引なまでの絡ませ方できっちり纏めている。けっして正統的な上手く出来ている映画ではないがそれだけにエネルギッシュな考えなしの盛り上がりを楽しむことができるのだ。、

 これが遺作となった植木等の登場にも嬉しい限り。ああいう有閑ジジイの役を自然にこなせる役者は今、なかなかいないのではないか。

 ハイビジョン画質は最低(笑)。発色が、コントラストが、暗部諧調が、と言う前にジャギーがうるさくっていらいらさせられた。こんな酷い画質はWOWOW入会以来始めて。プレイヤーが故障したのではないかと思わされたほどであった。

 それに反してAAC5.1チャンネルは大作の風格を備えた立派なもの。ここぞという時の重低音の使い方が本当に上手い。

 終了後シャワーを浴びてBD-Rへのダビング作業。

 午後11時過ぎからプロジェクターを再起動させてWOWOWハイビジョン録画の『紅の銃帯(ガンベルト)』を見る。小林旭の『渡り鳥シリーズ』以上に荒唐無稽な世界で、舞台はまんま西部劇。殺し屋のガンマンが西部劇スタイルでほとぼりを冷ますために温泉宿に逗留しているという絵に思わず噴出してしまう。宍戸錠ものっけから馬の鞍を担いで登場。乗馬のアクションも小気味良く(裸馬をらくらくと乗りこなすのが凄い)、『渡り鳥シリーズ』とはまた違った面白さに満ちた名作?である。金子信雄のボスもいつもに増してやりすぎで口をわざとゆがめるようにして台詞を発するその演技にびっくりさせられる。しかもこのボスは強度の水虫でオフィスでは常時靴を脱いで靴下姿、時々両足をこすり合わせているのだ(笑)。

 こういう映画をシネスコのプロジェクターシステムで見ることができたらどんなにか幸せでありましょうか。

 ハイビジョン画質はやや軟調。きりきりと神経質なまでに細部の情報を抉り出してくるような『渡り鳥シリーズ』と比べると見た目がぼんやりとしているのは否めない。フィルムの傷も目立ったし残念ながら画質に関しては満点とはいかなかったようである。

 終了後、テレビをだらだら。就寝午前3時近く。

|

« 6月21日(月) 「突撃!肥満」 | トップページ | 6月23日(水) 赤い水洗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月22日(火) セシウム議員:

« 6月21日(月) 「突撃!肥満」 | トップページ | 6月23日(水) 赤い水洗 »