« 6月8日(火) 「アプレゲールのアン」 | トップページ | 6月10日(木) ググれ!カレー »

2010年6月10日 (木)

6月9日(水) フランク永井はけいおん!の魅力

 「けいおん!」の漫画もアニメを見たことのない私がこんな駄洒落を作ってしまってどうもごめんなさい。デヴィ夫人の公式ブログが凄まじい。<http://ameblo.jp/dewisukarno/page-19.html#mainより引用開始>2010-05-22 22:37:38 本当に北朝鮮の魚雷でしょうか?   続きテーマ:ブログ 今回のこの韓国軍艦 「天安」 沈没事件 とにかく奇妙です。「天安」 は哨戒艦であり、 レーダーやソナーを使って、 敵軍の潜水艦や魚雷、 航空機、 ミサイルなどを感知し、 攻撃するのが任務の筈。北朝鮮の潜水艦や魚雷が接近してきたら、 早期に感知し、 迎撃や回避の策をとれた筈です。 それなのに・・・・・。しかも当日は、 米韓合同軍事演習が 行われていた。本当に不思議です。 もしかしたら 問題のアメリカの コロンビア艦の 誤射ではないかということです。   それをカバーするための工作。<引用終了>

 だから「この駆逐艦というのはいわゆる空母でしょうか」の人(軍事知識のかけらもないくせにとりあえず口を出したがる人)はだまっとれと言っているだろう。

 <http://ameblo.jp/dewisukarno/archive5-201004.html#mainより引用開始>2010-04-24 07:50:08 北朝鮮問題に関しまして テーマ:ブログ一部のコメントに失望しております。 私は丁寧に よおく読んでいただければ 私の中立の意見がお判りになる筈と信じ、 再度 書きましたのに 判らない方がいる事は残念です。   私は大変忙しくしているため こういう方のために もうこれ以上時間を割くことはできませんので、 これからこういう方のコメントは省かせていただきます。 一方的に既成概念を持ってしか読めない人は 私のブログ( 2008年6月から ) を始めからよく読んで下さい。下記のことは何度も書きました、 付け足しましょう。 (これが最後です)   1、 拉致は許されないこと。 私は同じ娘を持つ母として 人間として、   2、 横田夫妻の活動には 頭が下がる思いでいること、   3、 私自身 5人の拉致被害者が帰国した際のTVを見て、              一週間涙にくれたことなど、等々 何度も書いてきました。 私と横田夫妻の違うところは、   1、 私の娘が拉致されたら、 私は地球の果てまで 探し続けます。   2、 消息を 我が目で 我が耳で 我が手で気の済むまで確認します。   3、 横田夫妻のように 歴史的な国交問題を妨害し、弾圧と制裁を叫び、        復讐を煽るようなことはしません。また 横田夫妻はいつでも自由に北朝鮮に行けるのに、そうした努力を一切していません。 何故 お孫さんや義理の息子さんに会おうとしないのでしょう。どうして、 拉致事件のようなことが起きたのか、朝鮮と日本の歴史を 研究してみないのでしょうか。 1905年の頃からの歴史をみれば、おのずから判ることです。 かといって、 私は (前述のように) 拉致を肯定している訳ではございません。北朝鮮は拉致を認め、 金総書記は正式に謝罪しました。私は我が娘の消息が 死亡と悲しくも確信されたら娘の犠牲を 尊い名誉ある 価値あることに 自分の悲しみを乗り越えて役立てようとします。決して 拉致事件を〝利益〟としているような人達の加担は致しません。あの国の関係ない人民を苦しめるようなことなど露ほども思いませんし、 そんなことをしても 心は晴れません。個人感情の 「復讐」 は 「邪ま」 だと思います。日本の人が知らないことが沢山あります。 生活の苦しさから脱北しようとしている人達がいるのは事実でしょう。しかし多くの北朝鮮の人々は、 苦しさや貧しさに耐え、負けず、 強国を建立しようと チュチェ思想に燃えているのです。 彼らは、 悲壮なまでの覚悟をしており、人民一丸となって、 この情勢の中で 耐えています。 歴史上ずうっと侵略や迫害にあってきた国民だからこそ 何をさておいても軍備強化、そして核を持つことは、 あの国の威信なのです。ですから、 私は一刻も早く国交正常化が行なわれ、経済制裁が解かれ あの国が潤い、 豊かになり、人々の生活が良くなることを望んでいるのです。もうこれについて、 判らない人と話したくありませんので、コメントは ご遠慮させていただきます。 いくら説明しても判らない人にこれ以上 労力と時間をかけることは 無駄と気が付きましたので。もう建設的な意見以外は、 きく必要がないと思いました。「 週刊新潮 」 の2010年4月1日号の ” 北朝鮮 「 拉致 」 奪還運動はなぜ衰亡したのか ” の記事をご覧下さい。 なお、先日4月18日のプログ『北朝鮮の旅、 大いなる収穫  Part Ⅰ』 の中で、寺越さんの息子さんが「拉致」とありますが、 「連れて行かれた」と表現を訂正しております。 もう一度 お読み直し下さい。<引用終了>

 <横田夫妻のように 歴史的な国交問題を妨害し、弾圧と制裁を叫び、復讐を煽るようなことはしません。>わたしゃ、こんな暴言を吐く人が非難もされずにテレビに堂々と出ているのが信じられないですよ。

 (現在は削除されているが同ブログにはこんな記述もあった模様。<http://michaelsan.livedoor.biz/archives/51409103.html>三の収穫は、偶然、北京から乗った平壤行きの同じ飛行機でご一緒になった寺越武志さんのお母さんの寺越友枝さんとお会いしたこと。石川県で、 13才の時、 拉致された息子さんも、今や北朝鮮の政府高官として日本を訪れる身分でした。お母さんの訪朝は、既に100回以上にも及びます。そういえば、 蓮池薫さんも政府高官になってらっしゃいましたね。息子さんが拉致されたことを自慢げに話されていて、 微笑ましく思いました。横田夫妻に対して↓ なぜ、 復讐を叫び続け、経済制裁を絶叫し、 何の罪もない多くの朝鮮の人々を苦しめるのですか?北朝鮮の人々のライフ ・ ラインである万景峰号を寄港させないなんて、人道に反します。 この世の中にはもっと悲業な目にあったご家族は沢山います。両国の関係や歴史をも、 一人娘のために崩壊させる権利がこのお二人にあるのでしょうか? このお二人は、日本がどのような酷いことを朝鮮にしたかご存知ないのでしょうか?)

 ちょっと考えたネタ。「わたしの女性関係と掛けて清家真一先生の空飛ぶ円盤と解きます。その心は・・・どちらもまったく浮いた話がございません」あー、そんなこと言っててどうするのかねえ、この男は。

 本日は水曜日であるが終末の東京旅行のために代休ならぬ代出勤。仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯にインスタントの冷麺2食分(900kcal)。いかにアンリミテッドランチの日であるとはいえ食べすぎである。夕食はしめ鯖、国産牛ステーキ、生野菜たっぷり。ビール2缶、ゴハンを一膳。しめ鯖はいくらなんでも酢が利きすぎていて地獄のように酸っぱかったぞ(笑)。〆のコーヒーは如例。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『キミに逢えたら』を見る。手ひどくフラれたガールフレンドに自作曲のCDを贈り続ける男(『ジュノ』のマイケル・セラ)とそのCDを聞いてちょっとこの人はいいなと思っていた女(『チャーリー・バートレットのの男子トイレ相談室』のカット・デニングス)の出会いを描いたラブ・コメディ。

 たった一夜の出来事、それも男女の出会いというたわいないイベントをウィットに富んだ会話やセンスの良いギャグでここまで面白い映画に仕上げた演出の妙に驚嘆させられる。またマイケル・セラがいつものように頼りないキャラなのに女にモテまくりという意外さも気に入った。

 まあ、あのガムのギャグはちょっとやりすぎでしたけどね(笑)。

 ハイビジョン画質は非常に高解像度。暗部が潰れ気味であるが、それでもこの解像度の高さでNYの夜景の奥行き感が失われない。AAC5.1チャンネルサラウンドは控えめであるが、街の喧騒音を良く表現してくれた。

 その後ハイビジョン録画の『エド・ウッド』を30分ほど。『怪物の花嫁』撮影場面でセットの研究室に入ってきたルゴシ(マーチン・ランドー)、ぱちぱちと電撃を走らせる何かの器械を見て「わしゃ、あんなのには近づかんぞ、『Return of Chandu Magician』でこりたからな」 (http://homepage3.nifty.com/housei/ChanduontheMagicIsland.htmを参考にせよ) ティム・バートン、あんた、どこまでオタクやねん(笑)。

 シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「ナイトシャッフル」 非常につまらない回でがんがん早送りしてしまいましたわい。就寝午前1時過ぎ。

|

« 6月8日(火) 「アプレゲールのアン」 | トップページ | 6月10日(木) ググれ!カレー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月9日(水) フランク永井はけいおん!の魅力:

« 6月8日(火) 「アプレゲールのアン」 | トップページ | 6月10日(木) ググれ!カレー »