« 6月30日(水) こっくりから人へ | トップページ | 7月2日(金) 「天動説の歌」 »

2010年7月 2日 (金)

7月1日(木) 天動説がしゃしゃり出て

 森の小さな教会で異端審問をやりました。仕事で中央区笹丘に行ったと思いねえ。するとラーメン 喜峰が入っているパチンコ屋の前に救急車一台、パトカーが三台止まっているではないか。そしてさらに続々と覆面パトカーだの白バイだのが駆けつけてくる。おまわりさんたちはどこか殺気だった表情で、通行人にお構いなくロープでパチンコ店駐車場の入り口を封鎖し始めた。「これは事件だ!」と直感した私。強盗だか、傷害だが、喧嘩だか分らないがこの様子ではおそらく犯人は捕まっておらず逃げているのであろう。

 そう思うとちょっと怖くなって(笑)見物などせずに足早に現場を通り過ぎた。犯人が捕まっていないということはどこかに潜伏しているということだ。それが現場の近くだったらどうする、物陰から犯人が飛び出して見物人の1人を捕まえ人質にしないとも限らないではないか。みんな、そんな危険があるのに(?)どうしてそんな暢気な顔で見物していられるのだ。

 私なんか、犯人が隠れているんじゃないかと心配で近くの駐車場の外から死角になっている場所をわざわざ覗いたりしていたというのに(笑)。

 取り越し苦労にも程があると言われそうだが、実際の事件の概要は

 <http://news.www.infoseek.co.jp/topics/society/n_attempted_murder2__20100701_2/story/20100701_yol_oyt1t00790/より引用開始>1日午後0時45分頃、福岡市中央区笹丘1のパチンコ店駐車場で、同区のフィリピン人の無職女性(25)が男(59)から背中などをアイスピックのようなもので数回刺された。 男は軽乗用車で逃走。約6キロ離れた同市西区の壱岐団地に逃げ込み、4階と5階の間の踊り場から飛び降り死亡した。女性は全治2週間のけが。福岡県警中央署は男を容疑者死亡のまま殺人未遂の疑いで書類送検する。 発表などによると、男は女性の夫で職業不詳広永久光容疑者(福岡県糸島市志摩岐志)。女性を引きずり倒したうえ、馬乗りになり、背中や首を数か所刺したという。2人は結婚しているが、約2か月前に別居したという。 広永容疑者は車で逃走中、道路を横断していた自転車や停止を求めた警察官のオートバイに衝突。自転車に乗っていた男性は転倒し、右肩を打撲した。逃げ込んだ壱岐団地では、「待て」などと声をかけた警察官の制止を振り切り、飛び降りたという。<引用終了>

 というもの。アイスピックで女性を刺して車で逃走、おまわりさんのオートバイや一般人の自転車に衝突した挙句、逃げ込んだ団地から飛び降り自殺というかなり衝撃的な事件だ。わたしのびくつきも理由なしとは言えないでしょう。

 仕事はまあ、いろいろあった。あの案件がいよいよ本格的に動き出す。さて、これがどうなりますか、今のところまったく予断を許しません。食ったもの、昼飯に柔麺一把。夕食はマグロ、カンパチ、タイの刺身お徳用盛り合わせ、冷やし中華。日中の暑さで喉が渇ききっていたのでビールを2缶飲んでしまう。〆のコーヒーは如例。

 その後輸入ブルーレイで『ソウV』を大画面再生。いやあ、人体をぐしゃりと押しつぶしてしまう残酷場面をまともに見せたのはこの映画くらいじゃないの、何回見ても面白い映画だなあと鬼畜な喜悦に身を震わせる。ホフマンのカッコ良さもこの映画が一番で、ソウシリーズの中で一番好きな作品かな。

 こうなると持っていない『ソウⅡ』、『ソウⅢ』が欲しくなるというのが人情で(『ソウ』は『ソウⅥ』の特典ディスクに収録されている。ロッシー音声収録なのが残念)、もうこの際、ソウシリーズを全部そろえちゃおうかなんて気持ちになってきているのである。

 シャワーを浴びて事務所へ戻り同人誌原稿書き。午後11時過ぎに帰宅してプロジェクターを再起動。WOWOWハイビジョン録画の伊東四朗・三宅裕司コントライブ「いい加減にしてみました3」ゲスト:沢口靖子の続き。2本のコントを続けざまに見たのだが、なんと言っても面白かったのは三宅裕司のおまわりさんが、伊東四朗・沢口靖子の夫婦を国際偽装結婚ではないかと疑って尋問するコント。

 沢口靖子は見るからにフィリピン人っぽく、言葉もたどたどしいのだが伊東四朗はあくまで彼女が日本人だと言い張る。出身地を聞かれて「あー、東北地方だね、うん、東北地方にはたどたどしく喋るところがあるんだ、うん、訛りだね」ねえよ、そんな訛り(笑)。

 さらに伊東四朗は彼女が日本人である証拠として「靖子は日舞も踊れるんだ」ぎくしゃくぎくしゃくと日舞を舞う沢口靖子、三宅裕司は呆れて「それどう見たって昨日練習してきたんでしょ」しかし伊東も負けてはいない。「だったらアンタは日舞を踊れるのか」「あー、踊れますよ、踊りゃいんでしょ!」何故か日舞を踊り始める三宅裕司。先の沢口靖子の踊りよりよほど上手い。伊東はチッと舌打ちして「日舞が踊れたって日本人である証拠にはならないよ」

 この暴言に憤然として「あんたが先に言い出したんだろ!」と叫ぶ三宅裕司に大笑いさせられてしまった。

 終了後、だらだらとTV。就寝午前2時過ぎ。

|

« 6月30日(水) こっくりから人へ | トップページ | 7月2日(金) 「天動説の歌」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月1日(木) 天動説がしゃしゃり出て:

« 6月30日(水) こっくりから人へ | トップページ | 7月2日(金) 「天動説の歌」 »