« 8月21日(土) ハルコネンの花の宴 | トップページ | 8月23日(月) 「残暑太夫」 »

2010年8月23日 (月)

3月22日(日) 『上海バスキング』

 上海で日光浴をしている亀を追ったドキュメンタリー映画。何、誰がそんなものを見るかって?少なくとも僕は見るぞ(笑)。亀水槽、猛暑で水温が高めになっているからか、それとも亀2匹がでっかくなってきて糞の量が多くなったからか、水が2日と持たなくなってきた。さらに行きつけのホームセンターでたまたまレプトミンが切れていたので買ってきた亀の餌、「イトスイのカメのごはん」と使うようになったらパッケージに「善玉菌の力で水の汚れをおさえる!嫌なニオイを減らす!」と書いてあるのにも関わらず水の濁りがもっと酷くなって(笑)、亀の姿が見えなくなるほどになってしまった。

 事務所においている水槽なので水が汚いのは困る。ということで急遽、新フィルターの導入計画が持ち上がってきたのである。まず候補に挙がったのが現用のGEX eROKA水中フィルターをもう一つ購入してダブルにすること。これならかかる費用は1,500円程度。手間も掛からないのだが、なにせ、このeROKA自体のろ過能力が貧弱だからなあ、それを2倍にしても大した効果は期待できまい。

 次に上部フィルター、もっとも一般的なフィルターであるから製品の種類も多くホームセンターで安く購入できる。ろ過能力もeROKAとは段違いに大きい。しかし、亀の水槽ではその水量の少なさが大きなネックとなる。あくまで水槽一杯の水量を想定された上部式フィルターであるから、水量が少ないと付属のポンプでは揚水しきれないことがあるのだ。そうなると別途、揚水用の水中ポンプを購入しなければならない。また水槽の上に設置するので紫外線ランプやバスキングライトの設置が難しくなる。私の水槽ならば紫外線ランプの代わりに紫外線電球、及びクリップスタンドを購入しなければならずこれまた結構なお値段となるのであった。

 残るは外部式フィルター 一番効果で手入れが大変(笑)。私が昔、熱帯魚飼育に使っていたエーハイムのものよりも使い勝手のよほど進歩した商品が日本のメーカーより発売されているけれどもそれでも面倒くさいものは面倒くさいのである。ただ、ろ過能力は抜群であるし、ある一定レベル以上の容量のものを購入しておけば近いうちに更新されるであろう120センチ水槽に対しても十分対処できる。

 先々のことまで考えるとやはり外部式になるかなあ。そうなるとなじみの熱帯魚・爬虫類用品店でテトラバリューエックスパワーフィルター 75(60~90センチ水槽用 5,980円 送料500円)というのがあってだなあ、このフィルターはホースアダプターユニットを外すだけの操作でホースと本体を切り離し可能という夢のような機構があって大変に使い易そうなんだなあ。

 こりゃいっちゃうしかないかなあ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯にカップヌードルのプレーン。意外かも知れないけれどもカップヌードルのプレーンは一食280kcal程度であり、しかも腹持ちが良い。そう美味しいものではないけれどもゴハン一膳を鮭茶漬けで食べるよりはよほどまし。何もダイエットカップヌードルなどに手を出さずともこっちのオリジナルの奴で十分だ。

 夕食はマグロの刺身、ボイルのホタテ貝柱。ポテトサラダ、ウナギ(中国産)。ビールを2缶飲む。ウナギはレンジで熱々に温めてご飯に乗っけると中国産ながら実に美味い。明日、まだ残っていたらわさびを乗っけてお茶漬けにしてみようかしらん。〆のコーヒーは如例。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『ディセント2』 女同士のはしたなくも悲しい(笑)諍いがいささか邪魔だと感じられた前作であったが、この続編はそうした要素がほとんどなくなり極めてオーソドックスな洞窟ホラー映画となっている。盲目の怪物どもはさらにパワーアップしており爪の一撃でわき腹の肉をごっそり持っていく。この特殊メイクが実に痛そうで、元来、最低の趣味をしている私などはもうきゃっきゃっ言って喜んでしまうのであった。

 あの傲慢な保安官の末路も傑作。明らかに男性の理不尽なマッチョイズムのメタファーである保安官はよせと言われたのに洞窟の中で拳銃をぶっぱなし崩落させるわ、ヒロインのサラに手錠をかけるなどの行動で観客をいらつかせるのだが、その挙句に女3人によって手首をピッケルで切断され怪物どもにたかられたまま深遠へ落下していくのである。

 まあ、いくら手錠で繋がっているサラを救うためとはいえ、これはちょっと酷いと思いますけれども(笑)。

 ハイビジョン画質は極上。ぐっと沈み込んだ黒がたまらなく魅力的だ。これは明らかにシルバーシグネチャーHDMIケーブル(ニュータイプ)の功績だと思うのだが、なんかいろいろ言われそうなので断言しない(笑)。洞窟内の暗闇という映像をこれほどストレスなく見られたのは初めてのことだと思う。

 AAC5.1チャンネルは音場の情報が少なくいささか物足りない。音場の定位は良く背後で怪物がごそごそするのが実にリアルでおっかないぞ(笑)。

 シャワーを浴びてお酒。お供はスーパードラマチャンネルHDで録画した「謎の円盤UFO #9 湖底にひそむUFO」 シャドーモービル部隊とUFOとの砲撃戦のカッコ良さに誤魔化されがちだが、これも冷静に見ると変な話である(笑)。特にラストであの妹をSHADO本部へ連れてくる場面は何回見ても笑ってしまう。だって、なんだか妹、物凄い服を着ているんだもの。

 ひれひれ酔って午前12時過ぎに就寝。

|

« 8月21日(土) ハルコネンの花の宴 | トップページ | 8月23日(月) 「残暑太夫」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月22日(日) 『上海バスキング』:

« 8月21日(土) ハルコネンの花の宴 | トップページ | 8月23日(月) 「残暑太夫」 »