« 8月25日(水) 力石に水 | トップページ | 8月27日(金) 『マイ・フェア・レメディ』 »

2010年8月27日 (金)

8月26日(木) ギタリストの墓

 そんなの青森に限らずどこにだってあるだろう。人の墓を「そんなの呼ばわり」はいかんだろう駄洒落。マルタイ棒ラーメンで冷麺を作ってみた。子供の頃食べたっきりなので実に36年ぶりくらいか(笑)。パッケージの裏にあるレシピでは90CCの水に砂糖大匙一、醤油大匙2/1、酢大匙一、添付の調味油、スープを入れてぐるぐるかき混ぜて味ツユを作り長めにゆでて冷水でしめた麺にかけるとあるのだが、さすがにこの年になって砂糖大匙一というのは多すぎるような気がしたので砂糖、醤油、酢の代わりに市販の冷やし中華のツユを使ってみた。これが大当たり。下卑た味なのだが、それが私のコドモ味覚にぴったりなのである。さらにラー油を数滴垂らしてやるとさらに美味しくなってもう一食分食べたくなるほど。冷水で締めた麺もこれまた美味しい。適度なぬめりがあって喉越しが非常に宜しいのである。

 棒ラーメンのスープに足したのは冷やし中華のツユを少しだけだからカロリー的にもオリジナルのレシピよりは低くなっている筈だ。マルタイ棒ラーメンの冷麺、またひとつダイエットに最適なメニューを見つけたようである(そんなに大げさなものか)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯に前述のマルタイ棒ラーメンの冷麺。夕食はカラスカレイの煮付け、マグロの刺身、カレー。ビール2缶飲んでカレーを一皿。〆のコーヒーは如例。

 その後レンタルブルーレイで『タイタンの戦い』を見る。ストーリーラインが単調で退屈(笑)。題材が題材なので古臭い部分はしょうがないと思うけれども、各イベントを消化するだけという印象が拭えないのである。型どおりな苦悩を見せるペルセウスのキャラクターもいまひとつで英雄譚らしからぬ線の細さが気に入らない。脇を固める戦士、ドラコに完全に食われてしまっているのだ。

 しかし映像は素晴らしい。実際の風景とCGを組み合わせて幻想的ながら迫力のある絵柄を見せ付けてくれる。また登場するクリーチャー、巨大サソリ、メドゥーサ、クラーケンはどれも魅力的であり、CG技術の成熟を感じさせる。特に巨大サソリの重量感の表現には唸らされた。

 映像コーディックはVC-1 トーンジャンプがまったくない見事な諧調表現が素晴らしい。解像度も高く岩山のごつごつの荒々しさに脱帽である。サラウンドはDTS-HDマスターオーディオ。最近はワーナーでもDTS-HDマスターオーディオ収録が多くなった。どうしたドルビートゥルーHD、頑張れトゥルーHDということはおいておいて(笑)、このサラウンドは今ひとつ。情報量は多いものの一つ一つの音が軽く音場が薄く感じられてしまう。このあたり向うから迫ってくるような迫力が期待できる輸入盤のハイビットロスレスにはどうしても適わないところだ。

 シャワーを浴びて今度は『無邪気な悪魔におもちゃが八つ』(『Devil Times Five』 『The Horrible House on the Hill』 『Peopletoys』 1974年)の続き。ハンナがラルフの皿洗いを手伝っている間、子供達は発電機の周りに集まってなにやらやっております。発電機のベルトドライブにワイヤーを引っ掛けて「ふふふ、これが罠になるんだ」とか言っています。ははあ、発電機を動かすとワイヤーが引っ張られてどうにかなるのでしょうなあ。

 子供たちが発電機を止めてしまったので、別荘の中は冷え切ってしまいます。いらだったパパドックはラルフに「発電機を見てこんかい!」と命令。しぶしぶ発電機小屋へ向かったラルフ、発電機を再スタートさせたのですが、ここで子供たちの罠が発動。どうやって首に掛かったのか知りませんが発電機に引っ張られたワイヤーがラルフの首をきゅーっ。首吊り状態にしてしまったのです。ぴくぴくと痙攣するラルフ。第二の犠牲者であります。

 ラルフがぶらーんと釣り下がってぴくぴく痙攣しているとは夢にも思わないジュリーとリックはパパドック自慢のワインセラーに忍び込んで高いワインをラッパ飲みしています。この時しきりに「店で飲むと95ドルとか100ドルとか取られてしまうよ」と言うのがなんともみみっちい(笑)。さらにラブリーもやってきます。今度はジュリーとラブリーのキャットファイトなんてものはありませんで三人で仲良くワインを飲んでいるという。

 この時リックが言い出します。「あの子供たちはどこかおかしい、あのブライアンって子供がしている腕時計も大人用でとても高い奴だ、なぜ子供がそんな時計を持っているんだ」しかし、他の2人はぴんとこない様子です。

 この後、ハービーとチェスをやって負けてしまったデビッドが逆切れ、駒を盤面から払い落としたり、モーが水槽に飼われている魚は何とパパドックに聞いたところ「これはピラニアだ、お前なんかあっという間に食われてしまうぞ」と脅かされて泣き出したり、スーザンがルースと一緒に寝ることになってハービーが「これじゃヤレないじゃないか」とイラついたり、ラブリーがリックを誘惑したけれども相手にされなかったりいろんなことが起こります。はっきり言わせて貰うとみていてとてもつまらないです(笑)。

 ようやくリックがラルフの死体を発見します。パパドックの指示で町へ警察を呼びに行こうとしたのですが、なんと車のエンジンが掛かりません。子供達が先回りして部品を盗んでしまっていたのです。さらにパパドックのライフルコレクション、台所の包丁も全て盗まれてしまいます。

 青ざめるパパドック。「雪で逃げることもできん、一体何が起こっているのだ」「だからあの子供達が怪しいって言っているじゃないですか」何回この台詞を繰り返せば気が済むんだリック!

 さて、発電機が壊れてしまっているので暖炉で火をたかなければなりません。ハービーは外で薪割りを始めます。するとそこに寄ってきたのがデビッドで、「僕にもやらせて」ハービーは止せばいいのに彼に斧を渡すのでした。デビッドは薪目掛けて「ふんっ!」と一撃。わずかに食い込んだだけでした。それを見て笑うハービー。デビッド、明らかに「イラッ☆!」としています。デビッド、また斧を振り上げて「ふんっ!」と第二撃、これもかすっただけ。「わはははは、やっぱり子供だなあ」デビット、斧を振り上げて「ふんっ!」と第三撃、今度は見事に食い込みました、ただし、ハービーの首に(笑)。「ギャーッ」ばったり倒れるハービー、ぴくぴく痙攣しています。

 悲鳴を聞いて駆けつけてきたパパドックとリックにデビッドは「ジョージがやったんだ、ジョージはあっちへ逃げたよ」見事に騙されジョージを追っかけていくパパドックとリックの間抜けさよ。だいたいジョージって誰?そんな人、今まで出てきていないでしょ(笑)。

 2人も死んで電話も通じない。後はみんな一緒に居間にこもるしかないということで集まってきた皆さんですが、ここでまたパパドックとリックが罵り合い。うんざりしたラブリーは「もう、あたし、お風呂に入るわよ」着替えを取りに部屋へ戻ってみるとなんと鏡台の前でモーが彼女の化粧品を使って遊んでいるではありませんか。カッとなったラブリーは「早く出ておいき、まったく図々しいガキだよ」と彼女を追い出してしまいます。そしてお風呂に入ったのですが、あ、オッパイ見えた、こっそりとバスルームに忍び込んできたのがハンナとモーであります。ハンナはいきなり手を伸ばしてラブリーの頭を水面下に押し込みます。「がぼがぼがぼご」ともがくラブリー。そしてモーが手に持っていたバケツから何かを風呂に流し込んだ、ああ、あれはピラニアだ、ラブリー、溺れるわ、ピラニアにあちこち齧られるわで、もー大変。ぴくぴくと痙攣します。ハンナと顔を会わせてにやにやするモー。

 しかし、なんですな、このピラニアどうやって持ってきたんでしょう。水槽はみんなのいる居間にあったというのに(笑)。

 パパドックはたまたま窓の外を見てびっくり。子供達が裸のラブリーの死体を引きずって歩いているではありませんか。愛人を殺されて激怒したパパドック、「貴様ら、殺す、ダイチョー引きずり出す」と叫んで外に飛び出し彼らを追いかけるのでした。そしてラルフの部屋に追い詰めたと思ったのが大間違い。部屋に飛び込んだ途端、あらかじめ仕掛けてあった剣付のブランコで串刺しにされてしまったのであります。やっぱりぴくぴくと痙攣するパパドック。

 そして次の犠牲者はルース。スーザンにある種の愛情を抱いていた彼女はまんまと外に誘い出されてしまいます。そして2階からブライアンがガソリンをどばっ。「あなたは私を愛してくれない」と今ひとつ分らぬことを口にしたスーザン、マッチを吸ってぽんと投げつけたものですから、ルースはあっという間に火達磨。ひでぇなあ。まあ、この人だけはぴくぴく痙攣しませんでしたが。

 この恐ろしい光景を見て戦慄したリックとジュリーは寝室に立てこもります。ドアをベッドやテーブルで塞いで子供たちが侵入できないようにしたのですが、翌朝、梯子をたてて上ってきたデビッドが窓越しにお手製の槍をジュリーに投げつけたのです。槍は狙い過たずジュリーの首にぐさっ。ぴくぴく痙攣してあっという間に死んでしまいました。

 彼女の死体を抱きかかえて泣き崩れるリック。窓の外では子供達がパパドックの死体を木に縛り付けて雪で固めています。どうやらパパドック入りの雪だるまを作るつもりらしい(笑)。リックはこの隙に逃げ出そうと外に出るのですが、この行動も子供達の想定したとおり。仕掛けてあったトラバサミが両腕、片足にヒット!ばったり倒れるリックであります。そしてもがくリックの首を後ろから持ち上げたのがハンナ。彼女はナイフで彼の首をかき切ります。ぴくぴくと痙攣するリック。

 オトナたちを皆殺しにした子供達、家の中に死体を集めて化粧させたりして遊びます。そしてその遊びに飽きた子供達は次の隠れ場所を求めて移動を開始するのでした。

 「The Beginning」という文字が出て映画はオシマイ。

 カラー・スタンダード、モノラル音声。画質はあまり良いものではありません。全体的に色にじみが目立ち薄汚れた感じの画像。ジャギーも目障りです。モノラル音声も歪があって今ひとつ。日本語字幕付。WHDのDVD。

 その後だらだらとTVや読書。就寝午前2時。

|

« 8月25日(水) 力石に水 | トップページ | 8月27日(金) 『マイ・フェア・レメディ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8月26日(木) ギタリストの墓:

» 「麗城あげは」(田中香織)を殺した?押尾学 公判の行方 [押尾学 薬物女性死亡事件をふり返る]
公判せまる!合成麻薬MDMAセックス 女性を放置、死亡させた押尾学 [続きを読む]

受信: 2010年8月27日 (金) 20時03分

« 8月25日(水) 力石に水 | トップページ | 8月27日(金) 『マイ・フェア・レメディ』 »