« 8月29日(日) 「AKBの鬼太郎」 | トップページ | 8月31日(火) 経皮毒急行 »

2010年8月31日 (火)

8月30日(月) AKBで鯛を釣る

 メンバーの誰一人として知らないのにこんな駄洒落を考えちゃっていいものだろうか。オーエス、ビクタープロジェクタ用アナモレンズ-輝度も約3割向上し、シネスコ投写 <http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20100830_390431.htmlより引用開始>オーエスプラスeは、ビクターのフルHDプロジェクタに対応するPanamorph製のアナモフィックレンズ「FVX200J」を9月17日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は40万円前後。 ビクターのD-ILAフルHDプロジェクタ「DLA-HD350」、「DLA-HD550」、「DLA-HD750」、「DLA-HD950」の4製品に対応したアナモフィックレンズ。シネマスコープ(アスペクト比 2.35:1)の映像をプロジェクタのVストレッチ機能を利用して、16:9のパネル一杯にシネスコ映像部分のみを縦方向に引き伸ばし、その映像を本レンズで2:35:1のアスペクト比に変換することで、プロジェクタのもつ最大画素を使用したシネスコ映像を投写できる。 また、フルHD画素を全て有効に使えるため、画面の輝度と解像度を約33%向上できるという。レンズ方式はプリズムペアタイプで、変換補正方式は垂直圧縮方式。プロジェクタへ直接取り付けるため、既に設置してあるプロジェクタにも後付け可能という。低分散硝子プリズムを採用し、色収差を抑えている。投写距離は、シネスコイメージ幅×1.7倍以上(120型で4.8m以上)。<引用終了>

 やっぱりですなあ、一度装着したらそのまんまでビスタもこのレンズを通して見なくちゃならないというのが気に入りませんなあ<http://blog.avac.co.jp/akihabara/2010/06/fvx200j-80ee.html それじゃ16:9の映像の場合どうするの?という疑問が生じますが、プロジェクター側のアスペクトを4:3にすると、ちょうどシネスコの中に16:9の映像が出来ます。>。40万円もするのだからプロジェクターにアダプターを装着してレンズ本体をワンタッチで取り外しできるとかそういう風になってもいいんじゃないかと思いますが(笑)。そうした機構があれば本気で導入を考えたかもしれませんなあ。

 「Under the Dome」 55ページまで。仕事休みで家の庭を掃除していた警察署長、無線で呼び出され出動。奥さんが見送る。どうやらこの警察署長、すぐ死んでしまうらしい。車の中で激しく言い争う夫婦、そのまま走ってりゃいいものを二日酔いで家に帰りたかった夫が切れてユーターン。そしてドームの壁に激突。夫は即死、奥さん大怪我。その後を走っていたベンツに乗っていた引退した元看護婦老女2人、奥さんを助けて病院へ行こうとしたもののこれまた壁に激突。奥さん、死亡、老女の一人も死亡。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯にコンビニの冷凍うどん(280kcal)、夕食はいさきの刺身、塩さんま焼き、キュウリとハムの酢の物、スライスドトマト、炒飯。ビールを2缶飲む。〆のコーヒーは如例。塩さんま、脂がのってなくてぱさぱさなのは仕方ないけれども、ハラワタが物凄く不味かったのにはまいった。これでは酒の肴になりゃしねえ。

 その後輸入ブルーレイで『オープンハウス』を見る。離婚のために売りに出された家に入り込み家主の女性を監禁する男、続いて謎の女が現れたまたま立ち寄った女性の元夫を殺害。2人はそのままその家に居座り殺人を繰り返すというお話。

 ジャンルとしては“スリラー”なのであるけれども、そこにホラー的な要素を生じさせているのがこの2人の正体のあやふやさ。おそらく同じような犯行を繰り返し、繰り返して生活していると思われるのだが、それ以上の情報はほとんど提示されない。唯一、2人が姉弟であり近親相姦していると仄めかされるだけ。

 このあやふやさによってストーリーの先が読めず、最後までこれからどうなるのかとどきどきさせられることになるのである(笑)。

 この家で行われた殺人は7件。死体の処理をどうするのかというと電動ノコギリでばらばらにして一体ずつクーラーボックスの中に押し込めるのである。ラスト近く、女が綺麗に並べられたクーラーボックスを一つずつ開けて中を確認するシーンで妙にリアルに作られたバラバラ死体に大笑いしてしまった。

 いくらなんでもやりすぎだっての。

 ハイビジョン画質は異様なまでに高い解像度が印象的。暗部の見通しの良さで暗闇に監禁されているヒロインの姿がくっきり見える(笑)。音声は48kHz/16bitのDTS-HDマスターオーディオ。ハイビット収録ではないのが残念だけれどもBGMの粒立ちの良さ、神経を掻き毟られるような不快な高音など、十分に満足できるレベルであった。

 シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「MM9」 前回に引き続きキャラクターの描写の上手さに唸らされた1本。ただ、話として面白いかというとちょっと微妙なところで(笑)。今回、ヒロインの飼っているリクガメが再登場。彼女がなでる甲羅がいかにも作り物くさかったけどな。

 終了後、「日本トンデモ本大賞 2010」の記録ビデオ。あうー、やっぱり面白いなあ。

 就寝午前1時過ぎ。

|

« 8月29日(日) 「AKBの鬼太郎」 | トップページ | 8月31日(火) 経皮毒急行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8月30日(月) AKBで鯛を釣る:

» 高島彩 画像, 高島彩 結婚, 高島彩 放送事故, 高島彩 退社 [高島彩 画像, 高島彩 結婚, 高島彩 放送事故, 高島彩 退社]
税理士事務所事務用品高島彩 画像, 高島彩 結婚, 高島彩 放送事故, 高島彩 退社, 北川悠仁 高島彩, 高島彩 ブログ, 高島彩 後任, 高島彩 ゆず, 高島彩 宗教, 高島彩 動画 [続きを読む]

受信: 2010年8月31日 (火) 18時53分

« 8月29日(日) 「AKBの鬼太郎」 | トップページ | 8月31日(火) 経皮毒急行 »