« 9月14日(火) 野生の大食い | トップページ | 9月16日(木) 超解像五十三次 »

2010年9月16日 (木)

9月15日(水) 「骨董屋の少年イサム」

 ウィンゲート一家には骨董の目利きを教えて貰った恩がある。PS3のBlu-ray 3D対応アップデートが9月21日開始に -TGSで発表。予定より約1カ月前倒し<http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20100916_394194.htmlより引用開始>ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は16日、東京ゲームショウ会場で開催したプレスカンブリーフィングで、これまで10月末とアナウンスしていたPlayStation 3(PS3)向けのBlu-ray 3D再生対応アップデートを約1カ月前倒しして、9月21日に提供すると発表した。 

 対応システムソフトウェアのバージョンは3.50となる。 

 ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンの河野弘プレジデントは、PS3が国内で500万台を突破するなど、好調に普及が進んでいる事を紹介した上で、今回のBD 3D対応について「この日をもって、国内に500万台を超えるBlu-ray 3D対応プレーヤーが登場する事になる。これはコンテンツ業界にとっても、(3D映像の普及に)大きな追い風になると考えている」と語った。 

 Blu-ray 3Dの視聴のためには、PS3本体のほか、3D対応テレビやハイスピード対応のHDMIケーブルが必要となる。なお、PS3におけるBlu-ray 3D再生では音声出力に制限があり、音声出力フォーマットがドルビーTrueHDの場合、ドルビーデジタルとして出力されるほか、DTS-HDの場合はDTSとして出力される。また、コンテンツによっては、メニューや字幕などの3D表現が他の再生機器と異なる場合があるほか、BD-J機能が3D再生されなかったり動作しなかったりする場合があるという。>

 3D映像への対応は素晴らしい。だけどその代償としてロスレス音声が出力できないとはどういうことか。これぞまさしく“片手落ち”ではないか。

 後からまたファームアップで対応されるのかも知れないが、ちょっとがっかりだなあとPS3ユーザーでもないワタクシがぶつぶつ言っております。

 本日は休み。朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー牛乳。普段、休みの日の朝飯は食べないのだが、何しろ今日はトリアス久山のTOHOシネマズで『バイオハザード4 アフターライフ 3D』を見ますからな。映画の終了が午後2時過ぎになるのでとてもそこまで腹が持ちません。

 事務所でカメの餌やり、ネットのチェックなど。そして午前10時15分に車で出発。上映開始までは2時間もあるけれども(笑)、トリアス久山まではとにかく遠い。渋滞すれば1時間半ほど掛かることだってある。それにトリアス久山にはペットパークP2やブックオフなどもあり時間を潰すにはもってこいの施設がある。ちょっと早めについたってまったく構わないのだ。

 ということで午前11時15分には着いてしまいました(笑)。それで前述の通りペットパークP2やブックオフをうろうろして上映時間まで過ごしましたよ。

 そして午後12時15分より『トロン』や『海猿3』の3D予告を見てからいよいよ本編の開始。いやあ、面白いなあ、『バイオハザード4』 冒頭の無数アリス、アンブレラ渋谷支社襲撃からラストのなんだか分らないけれどもやたらに強いアンブレラ社の偉い人とのバトルまで大いに楽しませて貰いましたよ。

 3Dの効果もなかなかによろしい。飛び散る薬莢、破片、ぐりんぐりんと回転しながら飛んで来るあのでっかいハンマー、派手派手の演出に私は大喜び。やっぱり3Dはこうじゃなくちゃいけません。自然な奥行き感などブルシットです。そんなもん、フツーにブルーレイソフトで見ます。

 そりゃ、ストーリーには不満がいっぱいある。アンブレラ社は一体何がしたいのか、人類がほぼ絶滅した世界であんなことやっても仕方ない、頭悪いな、これじゃ「お笑いアンブレラの体操」だよと駄洒落にされてしまうレベルである(笑)。またアンブレラ社という団体があの良く分らないけれどもとにかく強い人だけに収斂されてしまうのもいかん。まったくイメージが広がらなくなってしまうのだ。

 クロージングで登場するジルも髪の色が変わっていたから最初、誰だか分らなかった(笑)。2ちゃんねる覗いてやっと正体が判明したのである。見に来る客がみんなゲームをやっているとは限らないのだから、もう少しヒントがあっても良さそうなものだ。

 でも3Dの良さで全てを許すけどね(笑)。

 終了後、いつものごとくいっぷくラーメンに行ってラーメン+替玉。あまりの美味しさにスープまで全部飲んでしまう。まあ、あとでえらい下痢をしたが。

 午後3時半に帰宅。事務所へ行って日記つけなどする。

 夕食は夕食はソーセージ入りの野菜炒めとカレー。野菜炒めをつまみにカレーを一皿。〆のコーヒーは如例。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『沈黙の鎮魂歌』を見る。最近のセガール映画では奇跡的に良く出来た作品と言えるのではないか(笑)。ストーリーがちゃんとしているし、肝心のアクションも往年のキレはまったくないものの上手く誤魔化していて(笑)危なげがない。

 敵方のタフなナイフ使い。そのタフネスが災いしてセガールに膾に切り刻まれてしまう。あんなに頑張らずにさくっと顔切られたところで「あ、いててて、勘弁して」と逃げればあんな目に会わずにすんだのにね。

 ハイビジョン画質は黒がつぶれ過ぎ。グレインノイズも目立ちすぎである。AAC5.1チャンネルは快調。低音にスピード感があってもたつかないのである。

 終了後、シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「ナイトシャッフル」 久しぶりのノスタルジーネタが嬉しい。

 それからプロジェクターを再起動。日本映画専門チャンネルHD録画の『花のお江戸の無責任』を最後まで。ハイビジョンの高画質で女優陣の色っぽさにもうクラクラ(笑)。白粉の微妙なグラデーションがここまで上手く表現されるとは思わなかった。

 就寝午前1時過ぎ。

|

« 9月14日(火) 野生の大食い | トップページ | 9月16日(木) 超解像五十三次 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9月15日(水) 「骨董屋の少年イサム」:

« 9月14日(火) 野生の大食い | トップページ | 9月16日(木) 超解像五十三次 »