« 9月18日(土) カーネル・サンダースの舟板 | トップページ | 9月20日(月) 生理痛乗車にご協力ください »

2010年9月20日 (月)

9月19日(日) ソーラープレキサスなんて気にしないわ

 太陽神経叢駄洒落。管新内閣編成で支持率60パーセント。岡崎トミ子みたいな反日議員を消費者・少子化担当相兼国家公安委員長にすえてんのにみんな何考えてるんだと怒ってみても始まらないのでまたまた「Under the Dome」話し。

 タイム誌へのインタビューでキングは「イラク戦争に反対の立場であり、作中のレニーとアンダーソンの関係は現実のブッシュ、チェイニーをなぞらえたもの」と答えている。「Under the Dome」がスピルバークの手によってTVのミニシリーズ化された暁には映画秘宝あたりが「鬼の首を取ったごとく、大喜び」でこのインタビューのことを記事にするのだろうなあ。もう今から目に見えるようだ(笑)。

 小林圭樹死去。86歳で年齢的に不足はないとはいえ、昭和の映画黄金期を作り上げた役者さんたちがこうも続けざまに亡くなるとさすがにコタえる。ご冥福をお祈りします。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯にカップヌードル。夕食にマグロの刺身、そしてちゃんぽん。ビール2缶飲む。〆のコーヒーは如例。

 この後ある不動産屋から電話があり、非常に奇妙な頼みごとをされる。断ったけれどもこんな変なことを言われたのは初めて。それなりに付き合いの長い業者さんなのだが、一体どうしたことか。

 それからWOWOWハイビジョン録画の『デッド・コースター』の続き。やっぱりシリーズの中でこれが一番の出来。前作の登場人物たちをリンクさせることによって死の法則を複雑化させており、前作から引き継いだ基本的にシンプルな設定に深みを与えている。

 各々の死に方にある種のブラックユーモアが感じられるのもいい。この点、続く『ファイナル・デッドコースター』、『ファイナル・デッドサーキット』はちょっと残酷で即物的すぎるのである。まあ、私はそっちの方も決して嫌いではありませんが(笑)。

 ハイビジョン画質は鮮鋭度が今ひとつ。スキントーンの描写も平坦である。AAC5.1チャンネルは雄大な音場を形成する。音の品位も良く、実に重厚なサラウンドだ。

 それから『ザ・パシフィック #9 沖縄』を見る。日本兵が民間人を盾にして攻撃したり、乳飲み子を抱えた女性に自爆攻撃するなどのトンデモ描写が実に残念。まったくなんでこんな余計なことをやってしまうのか。

 サラウンド画質はもう言うことなし。AAC5.1チャンネルサラウンドも実にゴージャスである。

 スピルバークさん、ドラマ 「Under the Dome」もこれくらい豪華に作ってください。そしたらブルーレイボックス買いますから。

 終了後、シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた『謎の円盤UFO #13 UFO月面破壊作戦』 若い嫁を貰ったシャドー隊員の悲劇(笑)。あの奥さんのひらひらドレスにもびっくりだ。ただ、月面の夜明けと同時に現れるUFOが実に美しい。番組の中でも1,2を争う名場面だと思う。

 しかし、フツーあんなシチュエーションならフリーマン大佐あたりに相談しないか。そうして奥さんをシャドー本部に保護して貰えば何の問題もなかったと思うのだが。あ、もちろん、事件が終わったら奥さんの記憶は消去しますよ。

 一般隊員はよほど上司のことを信頼していないと見える(笑)。

 その後プロジェクターを再起動させて日本映画専門チャンネルHDの『キングコング対ゴジラ』をファロ島到着まで。アップコンバート部分と真性ハイビジョンの画質の差に翻弄されたのは言うまでもない。前にも書いたけれどもこんなツギハギならばいっそ、「短縮版」をそのままHDテレシネしてくれた方が良かったくらいである。

 就寝午前1時過ぎ。

|

« 9月18日(土) カーネル・サンダースの舟板 | トップページ | 9月20日(月) 生理痛乗車にご協力ください »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9月19日(日) ソーラープレキサスなんて気にしないわ:

« 9月18日(土) カーネル・サンダースの舟板 | トップページ | 9月20日(月) 生理痛乗車にご協力ください »