« 9月5日(日) 「談志 最後のラテン語論」 | トップページ | 9月7日(火) 『スタートレックⅡ 管の逆襲』 »

2010年9月 7日 (火)

9月6日(月) オサマガールズ

 小沢ガールズというのも冷静に考えたらキモチが悪いなあ。みんな、どうしたって“ガールズ”じゃないでしょ、小泉チルドレンに対抗した(?)呼び方かも知れないけれども、この場合はやっぱり小沢レディースとするべきじゃないのでしょうか。まあ、小沢レディースだと名前の付け方をちょっと間違えてしまった女性暴走族みたいな感じになってしまうかもしれませんが。

 外部式フィルター テトラバリューエックスパワーフィルター VX-75導入後のカメ水槽の運用法がようやく分ってきた。運用法なんて難しい言葉を使ってはいるけれども、要するに水換えの仕方(笑)。カメ水槽の水換えは一週間に一度。そしてパワーフィルターVX-75の掃除も同じく週に一度。これで水質を維持できる筈である。カメがさらに成長すれば水換えの頻度を増やすことになるかも知れないが、まあ、今年一杯くらいは大丈夫だと思う。

 外部式フィルター テトラバリューエックスパワーフィルター VX-75の掃除法は以下の通り。まず、フィルターの電源ケーブルをコンセントから外す。そしてホースアダプターの中央レバーを締め本体とパイプを遮断。セイフティロックを解除して本体からパイプユニットを取り外す。この時多少の水がこぼれるので注意すべし。

 テトラロゴマークのついたセイフティバックルを下から上に持ち上げ固定を解除。本体両サイドのリフトバックルを使ってモーターヘッドをフィルターケースから取り外す。

 後はフィルターケース内の濾材を洗浄する。この時水道水で洗ってはいけない。せっかく定着したろ過バクテリアが水道の塩素によって死滅してしまうためである。これを防ぐために大型コンテナボックスにカルキ抜きを放り込んだ水を張り、濾材を洗浄する。

 後は濾材をケースに収めて逆の手順でモーターヘッドを取り付ける。そしてモーターユニットを装着してセイフティロックで固定。最後にホースアダプターの中央レバーを開放すればフィルターのメンテナンスは終了。

 しかし、実際の再作動の際にはもう一手間掛かる。空になったフィルターケース内に水槽の水を導入しなければならない。所謂“呼び水”と呼ばれる行程である。フィルターにはこの呼び水のためのスターター(簡易ポンプ)が付属しているのだが、これがまあ、あなた、役に立たないのですわよ(笑)。パイプに差し込んでいくらふがふがやっても一向に水が流れないのである。仕方ないので口で吸って水を呼び込んでいるという・・・。

 後でちゃんとうがいしてますからね(笑)。

 文字にすると長いけれども実際の作業時間は15分程度。昔の使いづらかったエーハイムのことを考えるともう夢のように簡単だ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯にマルタイ棒ラーメンで作った冷麺一食分。夕食は鯛とイサキの刺身、生野菜、ざるそば。ビール一缶飲む。ざるそばは十割そばということであったが口ざわりが悪くぼそぼそしていた。これなら繋ぎの入っている奴の方が断然、美味しいやいと心中ひそかに考える。ゴハンはなし、〆のコーヒーは如例。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『キル・ショット』を見る。やたらにハードボイルドでカッコいい映画なのだが、その実、敵も味方も主人公夫婦も大間抜けという珍しい映画でもある(笑)。ミッキー・ロークとジョセフ・ゴードンの悪党2人組が不動産屋から金を脅し取ろうとした場面に偶然出くわしてしまった主人公夫婦、ダイアン・レインとトーマス・ジェーンは彼らから命を狙われることになる。

 いい加減やばい状況なのにぐずぐずと奥さんの家に居座るのはいかがかと思うぞ(笑)。でもミッキー・ロークは「顔を見られたら殺す、それが俺たちの稼業の鉄則だ」とか言っているのに家に押しかけて奥さんを脅かしただけ。ジョセフ・ゴードンはコンビニで旦那を襲うのだがあっさりと逃げられてしまう。ウウーム。

 そうこうするうちにFBIの証人保護プログラムでダイアン・レインとジョセフ・ゴードンは姿を消してしまうのである。あっさり彼らの行方を見失ってしまう悪党2人組に私の開いた口はふさがらなかったですよ(笑)。もっともこの夫婦もやっぱり間抜けで自宅の中をそのままにしているのである。衣服くらいなら構いはしないのだが、電話帳などの個人情報も置きっぱなしなのだ。FBI、ちゃんとそれくらい指導してやろうぜ。

 悪党2人組はその電話帳からダイアン・レインの母親の番号を見つけ、これをきっかけとして潜伏先のマイアミの電話番号を手に入れてしまうのである。そしてそこに電話を掛けるとちゃーんとダイアン・レインが「もしもし、どなたですか?」と出てくれるという。殺し屋から逃げているのだから直接電話取るなよ、留守電も使っているのにまったく意味がないじゃないか、なあ、ダイアン。

 これでこの電話番号の家に2人が潜伏していることを知った悪党2人組。「この局番はマイアミだな」と大よその場所まで分っちゃう。FBIもFBIだ、どこかよその場所から電話を転送するとかそれくらい考えたらどうか(笑)。

 こういう映画は嫌いではない。いわゆる、「憎みきれないロクデナシ映画」という奴である。もっとも世の中の映画がみんなこんな風になったらそれはそれで困りますけどな。

 ハイビジョン画質は文句のつけようがない。画面の立体感はへたなブルーレイソフトを上回るほどだし、暗部の描き方にも非常な説得力がある。AAC5.1チャンネルも高品位。BGMが映像の中から浮き上がってくるような印象を受ける。

 その後今までちびちび見ていたWOWOWハイビジョン録画の『いずれ絶望という名の闇』を見る。ストーリーそのものはそう大したものではなかったのだけれども、とにかく主人公の刑事の生き様が魅力的。去っていった妻のことをぼやきつつ、しかもいろいろやりすぎて警察組織からつまはじきにされ、それでもある真実を追ってよたよたと老犬のごとく走り続けるその姿がカッコいいのである。

 ハイビジョン画質は暗部の表現が不安定。また24P変換(DVD-A1UDにて変換)も怪しい部分があってところどころでぎくしゃくとした動きを見せる(笑)。音声はステレオ。しかし、これがまた下手な5.1チャンネルをしのぐサラウンドフィールドを展開してくれるのだ。前方から後方左斜めに走り去っていくスクーターの移動感など単なるステレオであることが信じられなかったくらい。

 シャワーを浴びて「Under the Dome」の続き。247ページまで。ドーム付近で教会の周回、子供たちが画策したデモ、などで人が集まり、時ならぬ祭りの様相を呈す。この時とばかりテントを出して独立記念日に売れ残ったホットドックを在庫一掃しようとしているスーパー。近くの農場主の息子、ローリー・ディンスモアがあるアイデアを思いつく。ドームをライフルで撃ったらどうなるか。ひょっとしたらドームが崩壊するかも知れない。そうしたら俺は英雄だ、綺麗なおねえちゃんたちをお供に凱旋パレードだ。

 彼は父親のライフルを持ち出しドームに向けて発射。あっさり跳ね返された弾丸は彼の右目を貫き脳をぐしゃぐしゃにする。内科医アシスタントのラスティ・エバレットが手当てを開始。バーバラも手伝おうとしていたのだが、ジュニアの友達であるチンピラ警察官に逮捕されそうになる。ジュリアが機転を利かせて一部始終の模様を写真に取った、彼は何もしていないと証言。バーバラ、逮捕を免れる。

 ローリーは病院へ搬送されるが手当ての甲斐なく死亡。体力の限界を超えて仕事をしていた老医師ハスケルも心臓をパンクさせて死亡。これでチェスターズ・ミルに正規の医者はいなくなったのか?

 バーバラはコックス大佐から連絡を受ける。「ジェネレーター発見を急げ、明日には巡航ミサイルをドームにぶち込むぞ」 巡航ミサイルでドームを破壊できないかという試みなのであるけれども、これではまるで『バイオハザード2』みたいですな。

 バーバラはジェネレーターを探すために必要ではないかと思われるガイガーカウンター入手を企てる。町の対核戦争用のシェルターにガイガーカウンターが備えてあるのだが、ジム・レニーに知られることなくシェルターに侵入するためには鍵がいる。その鍵を持っていてジム・レニーを快く思っていない人物がひとり。それはブレンダ・パーキンス。ペースメーカーが破裂して死んだ警察官ハワード・パーキンスの未亡人である。

 バーバラはジュリアの仲介で彼女に会う。ブレンダはバーバラに「ジュニアとのいざこざのことを話せ。夫からいろいろ聞いている。あなたの話に矛盾がなければ信用しよう、鍵も貸しましょう」と言うのである。

 仕方なくあの夜のことを語りだすバーバラ。まあ、要するにアンジーがバーバラにチョッカイを出したのですな。バーバラがそれをにべもなく断ったものだから頭に来たアンジーが「レイプされた」と言い出し、それを本気にした彼女の恋人フランキーがジュニア、友人達と共謀してバーバラを襲ったのであります。

 4:1の戦いであったがバーバラは反撃して4人をやっつける。そこにやってきたのがハワード・パーキンスだったのである。

 終了後、「MM9」や「謎の円盤UFO #11」をBD-Rにダビング。その後だらだらTVを見て午前2時過ぎに就寝。

|

« 9月5日(日) 「談志 最後のラテン語論」 | トップページ | 9月7日(火) 『スタートレックⅡ 管の逆襲』 »

コメント

いまさらですが、外部フィルターの呼び水はちゃんと動きますよ。あなたがやり方を理解してないだけですね。

投稿: あああ | 2011年11月27日 (日) 09時06分

 いえ、説明書どおり正しく使ったうえでの結果です、はい。

投稿: エロの冒険者 | 2011年11月27日 (日) 09時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9月6日(月) オサマガールズ:

« 9月5日(日) 「談志 最後のラテン語論」 | トップページ | 9月7日(火) 『スタートレックⅡ 管の逆襲』 »