« 10月10日(日) 「バイの悲劇」 | トップページ | 10月12日(火) へんじがない。ダダのしかばねのようだ。 »

2010年10月12日 (火)

10月11日(月) 「タイコさんの選択」

 イクラ、ノリスケさん、火星に行きましょう。この駄洒落のために検索を掛けて初めて知ったのだが、タラちゃんが良く遊んでいるリカちゃんは5歳で2歳も年上だったのですね。3歳にして年増志向とはタラちゃんもなかなか隅に置けないですなあ。

 日本映画専門チャンネルの「特撮王国スペシャル 第五弾 大映特撮からの挑戦状」をばっちり録画しましたよ。そのうち、『大魔神』、『大魔神怒る』、『大魔神逆襲』、『透明人間現わる』、『宇宙人東京に現わる』の5本をBD-R2層 50GBに保存しましたよ。メニュー画面を見るとこの魅力的なタイトルがずらっと並んでなかなかに興奮するですよ。そして残りの『風速75米』と『虹男』はBD-R一層に保存するつもり。この2枚のブルーレイをケースに収めれば「大映特撮映画全集 VOL1」の出来上がりだ。ああ、なんだか無闇に楽しいなあ。

 こっちの録画は上手くいったが「MM9」の方は大失敗。なんと9/25深夜の放送が休止となったため、10/2深夜の放送が12話、13話の2話連続放送になっていたのだ、どがーん!そうとも知らず12話だけ録画して「あー、来週の最終回が楽しみだ」なんて間抜けなことを言っていたのだ。くー、コンチクショー、なんでこんな無体なことをするのだ。

 これに関してみた夢。「MM9最終回なら録画していますよ。ダビング10だからBD-Rにダビングして送ってあげましょう」という親切な人がいた・・・なんてのはやっぱり夢で終わるのでしょう、トホホホ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー牛乳、昼飯にUFO焼きそば、夜は出来合いの天ぷらと2日前の鍋の残り(笑)、海草サラダ、炒飯。ビール2缶飲む。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『ゼロの焦点』を見る。謎解きが進んでいくにつれその存在感を増していく中谷美紀が素晴らしい。このダイナミズム溢れる演技はまさにこの作品の真骨頂と言えるもので、さすがの広末涼子も食われていたか(ご結婚おめでとうございます。蝋燭の人と再婚されるそうで、全国のファンはきっと蝋燭SMプレイとか妄想していると思いますよ。まったくけしからんことですな)。

 CGやセットで再現された金沢の街の情景もこの作品の見所のひとつ。耐火煉瓦会社の前の通りなど非常にリアリティがあって映画に2009年製作とは思えぬほどの説得力を持たせることに成功している。これで蒸気機関車の蒸気のCG描写のしょぼささえなければ満点だったのだが(笑)。

 しかし、このリメイクでは西島秀俊 演ずる鵜原が非常に女癖の悪いダメな奴に見えてしまいますな。原作や1961年の映画ではまだ戦後の残滓というものを濃密に漂わせていた時代であったからあのような男の行動にもある程度容認された。戦後とはそれほど男も女も生きていくのに大変な時代だったのだ。ところがこのリメイクではどうしても現代の価値観を持ってみてしまう。1961年の映画では「まあ、ありかな」という鵜原の行動がこの映画ではその価値観ゆえに「金沢の古い女をすてて東京で新婚の嫁とやりなおす」という非常に自己中心的なものに写ってしまうのである。これはもう犬童一心監督のせいでもましてや演じた西島秀俊のせいでもない。時代性という名の怪物のなせる業だとしか言い様がない。

 このあたり西島秀俊にちょっと気の毒なことになっている(笑)。

 ハイビジョン画質は非常に解像度が高く発色も潤沢。スキントーンの表現もなめらかで女優陣をよりいっそう美しく見せる。しかし、この好印象は明るい場面のみ。暗い画面になると縞状のノイズが出てきてしまい観賞に耐えぬものになってしまう。AAC5.1チャンネルはやや単調なつくりか。BGMの重厚さは分るけれども同じような音場ばかりで面白みに欠けるのである。

 シャワーを浴びてお酒。お供は前述の如くBD-R 2層50GBに保存した『宇宙人東京に現わる』だ。冒頭の宇宙軒(映画を見ていない人には何のことやら分からないだろうから一応説明しておく。劇中の重要なキャラクターである天文学者 小村が常連になっている一杯飲み屋である)周辺の情景が素晴らしく美しい。あんなに綺麗なあかちょうちんは初めて見たぞ。

 暗い場面ではノイズが乗り、また若干の退色が認められる場面もあるが、そうじて50年前以上の映画とは思えぬほどの高品位なハイデフ映像を楽しむことができる。パイラ星人がこんなにも美しく蘇って岡本太郎もあの世できっと喜んでいるのに違いない(そ、そうか)。

 半分見たところで後は明日のお楽しみ。その後だらだらテレビ見て午前1時過ぎに就寝する。

|

« 10月10日(日) 「バイの悲劇」 | トップページ | 10月12日(火) へんじがない。ダダのしかばねのようだ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10月11日(月) 「タイコさんの選択」:

« 10月10日(日) 「バイの悲劇」 | トップページ | 10月12日(火) へんじがない。ダダのしかばねのようだ。 »