« 10月12日(火) へんじがない。ダダのしかばねのようだ。 | トップページ | 10月14日(木) 駒形萌えー »

2010年10月14日 (木)

10月13日(水) アパレルワールド

 服飾世界。一応断っておきますけれどもこれは「パラレルワールド 平行世界」の駄洒落なんで、はい。10月2日、がんばれ日本行動委員会(田母神俊雄代表)が主催の中国の尖閣諸島沖漁船衝突事件について、中国への抗議および中国弱腰外交の民主党政権に対して2600人が参加して行われたデモをマスコミがまったく報道しなかった件についてある人が質問状を送ったそうな。

 <http://udaxyz.cocolog-nifty.com/udaxyz/2010/10/post-9053.htmlより抜粋して引用>この対応に対して、私は独自に大手メディア各社に質問書を送付した。その回答は下記のようなものである。 読売新聞:ニュースとしての価値を感じない 産経新聞:人手が足りなかった  朝日新聞:知らなかった 毎日新聞:取材の体制に対して答える必要はない(回答拒否) テレビ朝日:テレビカメラが回らなかった NHK:右翼の凱旋と同じと考えた  TBS:まあ、わかってくださいよ そのほか・・・回答なし  だいたいの場合、電話で回答を受けた。そこで、回答が「口語体」になっている。多分、最も正直に答えたのがTBSであろう。要するに、何らかの圧力がかかったのか、あるいは、このデモ行進に「チャンネル桜」という別な媒体がくっついているために、報道をしなかったということであろうと、推測する。<引用終了>

 私はTBSの回答「分ってくださいよ」に大笑い。『ブレードランナー』のうどん屋の親父かっての。

 本日はお休み。午前9時すぎに事務所へ出て日記つけとネットのチェック。午前11時過ぎから車でお出かけ。今日の昼飯は長浜御殿でラーメン+替玉だ。休みなので奮発して250円のギョーザもつけちゃったぞ(笑)。最近、豚骨ラーメンを食べると必ず下痢をする豚骨下痢体質(そのままですなー)になってしまった私だが、この後すぐ帰宅して映画三昧の予定であるから安心だ。

 また今日の長浜御殿のラーメンは味が濃くて妙に美味い。今まで食べた中で一番だったのではないかと思われるほどですでにこの時点で私は幸せになってしまったのである。

 そして前述の如くすぐに帰宅してプロジェクターを起動。夕食まで2本の映画を見たのである。まず最初の1本は日本映画専門チャンネルHD録画の『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』 原作は読んでいるもののドラマの方はまったく見ていない私にとって、製作陣の清々しいまでの開き直りは驚愕の一言。何しろ、ああた、全編パリを舞台にしておきながら出てくる外国人はみんな当たり前のごとく日本語を喋る。そして原作での重要な外国人キャラクターは日本人役者に見え見えの金髪の鬘をつけて演じさせるのである。中でも竹中直人は他の外国人役者がフツーの日本語を喋っているのにも関わらず大仰な身振りで「ワタシ、カンドウシテマース!」と思いっきり外国人訛りで喋るのだ。
 
 一歩間違えたら「悪ふざけ、怪作」と評されかねない大胆な(笑)演出であるが、これが原作のイメージにぴったり。漫画原作から実写映画への置換が初めて完全な形で実現されたと言っても過言ではあるまい(ちょっとホメすぎっすか)。

 のだめ役の上野樹里がこれまた素晴らしい。「のだめ」という別人格に“なりきる”だけではなく自ら“作り上げて”いる。かねがねコメディエンヌとしての彼女を高く評価していた私だけれども、まさかこれほどまでに出来る人とはさすがに思わなかった。

 あのコンサートでスタンディングオベーションの時に叫んだ「ブラボー」がフツーの「ブラボー」ではなく微妙にのだめ調の「ぶらぼ~~」というギャグには大笑いさせて頂きました。もうこんな映画を見せられては後編のハイビジョン放送を待つなんて我慢はできません。来月、ブルーレイで『前編』、『後編』を合わせて買ってしまおうと思います。いやいや、それどころかテレビドラマのDVDも借りてきちゃおうかなと思ってるくらいです。

 ハイビジョン画質は疑いもなく日本映画専門チャンネルHDとして最高のもの。あのアニメ場面などで破綻してしまうのは放送形態の限界ゆえ仕方がないのだが、それ以外の欠点が見つからないのである。特に発色が美しくヨーロッパの景色を実に魅惑的に見せてくれる。私のようにあまり旅行が好きではなく、ましてや外国となると「ウォッシュレットのない国なんかイヤだよ」と渋面作るような男でも(笑)、こんな映像を見せられると「ちょっと行ってみたいかな?」みたいなキモチになってしまうぞ。

 AAC5.1チャンネルも雄大な音場を楽しませてくれる。また音質も飛び切り良くコンサート場面に十分な説得力を持たせているようだ。

 次の1本はWOWOWハイビジョン録画の『ヒットマンズ・レクイエム』を見る。子供を誤って殺してしまった新人殺し屋。組織のボスはそのミスを許すことができず彼と組んでいるベテランの殺し屋に新人を殺すよう密かに指示するという話。小人の役者に大きな存在感があったり、映画の後半で今までの登場人物が揃って登場しご都合主義的な偶然の連続で物語の推移に影響を与えるなど非常に奇妙な印象の映画である。

 組織のボスは2人が滞在しているベルギーのブルージュの街について「まるでお伽話のよう」と言う。そう、これは悪の魔法使い(ボス)、その手下(2人の殺し屋)小人、美しいお姫さまが登場する現代のお伽話なのである。それにしては残酷すぎるという人もいるかも知れないが本当のお伽話というものはそういうもの。白雪姫なんか自分を殺そうとした継母(グリム童話の初版では実母というからさらにひどい)に真っ赤に焼けた鉄の靴を履かせて死ぬまで躍らせたりしますからな。

 ハイビジョン画質はこれまたとびきりの高画質。画面の透明感、黒の沈み、発色、どれをとっても最高レベルである。AAC5.1チャンネルもBGMの定位がぴしりと決まり全体を包み込んでくるように感じられる重低音の使い方も見事。

 この後一度事務所へ行って亀の世話、ミクシィへの書き込みなど。

 夕食は母親が風邪気味で早く寝てしまったので自分飯(自分で作る食事のこと)。胡瓜・レタスの生野菜、マグロの刺身、カツオの叩き、出来合いの鶏天。これでビール2缶飲んだのだからまさに典型的な独身中年男の食卓ですね(笑)。

 母親の風邪はたいしたことがなかったので、皆さん、ご心配なさらないようにお願いしますよ。それと前の文章を読んで私が風邪の母親を放っておいて自分だけ飯作ってくったと曲解する人がいたらいやなのではっきり言っておきますが、ちゃんと私は母親に「夕飯どうする」と尋ねております。そして「食欲ないけんいらん」「あ、そう」と親子の情愛に満ちた会話を交わした結果、自分で飯作って一人で食うことになったのであります。分りましたか。

 その後映画をもう1本。今度はレンタルブルーレイの『ハングオーバー消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』を見る。よくあるヴァチュラーパーティコメディで、まあ、アメリカ人の男というものはバチュラーパーティで「ラスベガス行ってバカをするのが当たり前」なのですな(笑)。

 花嫁の弟が楽しくやろうと思ってみんなの酒にドラッグを混ぜたからもー大変。翌朝目覚めてみると大奮発で借りたスイートの部屋はむちゃくちゃ。そしてトイレに虎、クローゼットには赤ん坊がいるという・・・。しかも肝心の花婿の姿がどこにも見えない、結婚式は明日だというのに。残された3人の男たちは二日酔いの頭と赤ん坊を抱えて消えてしまった花婿を探し始める。

 へザー・グラハムの今さら過ぎるオッパイ(笑)、いや、もう彼女も40ですからな、修正が入ってそうなオッパイじゃもう嬉しくありませんって、マイク・タイソンの物凄くもったいない使い方、底抜けにスケベバカな男達と面白要素がふんだんに詰め込まれており、実際、アメリカでは大ヒットを記録している。

 ただ、どうしてもバカ騒ぎが過ぎて(笑)ワタシの好みには合わず。いや、たしかに笑えて面白い映画なのですが署名集めて日本で公開させようとか、そこまで持ち上げるこたぁないじゃないかと思ってしまうのです。

 ハイビジョン画質はきりっとした解像度でまた大変にハイコントラスト。やや黒が潰れているようだが十分に高品位なハイデフ映像だ。サラウンドはドルビートゥルーHD5.1チャンネル。音の粒立ちが素晴らしく細かい環境音まで残さず拾い出してくる。

 終了後『宇宙人東京に現わる』をまた30分ほど。あの悪のバイヤーに誘拐される博士、知らん顔してちょっと数字を違えた方程式を渡しておけば良かったのではないか。どうせ悪人たちには分らないのだから、あんなに頑なに「わたせん、わたせん」と断ることもないだろうに。

 画質は新天体Rが姿を現したあたりからちょっと悪化(笑)。画面の一部に赤や黄色がかぶるのである。前半の画質がすこぶるいいだけにこれはなんとも残念であった。

 シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「ナイトシャッフル」 ゲストのパンツェッタ・ジローラモだけれども私はこの人はてっきりサッカー関係の人かと思っていましたよ。

 就寝午前1時過ぎ。

|

« 10月12日(火) へんじがない。ダダのしかばねのようだ。 | トップページ | 10月14日(木) 駒形萌えー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10月13日(水) アパレルワールド:

« 10月12日(火) へんじがない。ダダのしかばねのようだ。 | トップページ | 10月14日(木) 駒形萌えー »