« 12月22日(水) トンビにアプレゲールをさらわれる | トップページ | 12月24日(金) 「コールドスリープ行進曲」 »

2010年12月24日 (金)

12月23日(木) 「パティスリー行進曲」

 パティをスリまーしょー、元気にパティをね。え、パティスリーってパティを擂る人のことじゃなかったの?まずはお詫びである。今まで、私はアニメ 「化物語」のことを延々と「化け物語」と誤記していた。面白い、面白いと言いつつ作品にとって一番大事なタイトルを間違えていたとは何たることか。原作者、すべての製作者の皆さん、そしてファンの皆さん、どうも申し訳ありませんでした。

 てなことを言いつつ、過去の日記を訂正するのかと思えばそれは面倒臭いのでやらないという(笑)。まあ、皆さん、私が間違っている箇所を見てどうぞ笑ってやってくださいな。それがタイトル誤記という「キリスト教の七つの大罪」に匹敵するような罪を犯した私に対する罰になりますので。

 3D対応ブルーレイプレーヤー BDP-430の運用方法であるが、使用するのはもちろん3Dブルーレイソフトの再生時のみ。メインプレーヤーであるDVD-A1UDから2本のSILVER SIGNATURE HDMIケーブルを引っこ抜きまず一本でBDP-430とスケーラー DVDO EDGEを接続。プロジェクターへの送り出しは従来どおりDVDO EDGEから。音声はDVDO EDGEで分離させたHDMI出力をもう一本のSILVER SIGNATURE HDMIケーブルを用いてAVプリアンプ AVP-A1HDに流し込む。

 これだけで十分に複雑怪奇であるが(笑)これで終わりではない。電源タップ アコースティックリヴァイブ RTP-6EからDVD-A1UDへの給電に使っている電源ケーブル、シナジスティックリサーチ Reference AC Master Coupler X2 Seriesを取り外して代わりにBDP-430のメガネ型電源ケーブルを差し込むのである。

 こうしてBDP-430に最高のHDMIケーブル、給電環境を提供してやり少しでも良い3D画像を再生してもらおうと言うわけだ。

 こんな安い入門機なのだからHDMIケーブルも1.4対応のフツーの製品で、コンセントも家庭用の奴でいいのではないか思わぬこともないし、そうすればケーブル差し替えの面倒がなくなるのであるが、まあ、そこはそれ、オタクのコダワリということで勘弁して下さいな。

 仕事はまあ、いろいろあった。食ったもの、昼飯はアンリミテッドランチの日ではないけれども年も押し詰まってきたことだしと訳の分らぬ理屈をつけてカツ丼とうどんのセット。うどんは今ひとつ好みではないがカツ丼の甘い汁が実にンまかった。

 夕食は天ぷら。まいたけ・ピーマン・ナス・鰯などのネタをぼりぼりと貪り食う。ビール一缶飲んでゴハンを一膳。〆のコーヒーは如例。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『赤ん坊少女』を見る。湯浅監督の『蛇娘と白髪魔』に続く原作の二度目の映画化でよりオリジナルに近いストーリー展開となっている。あのタマミもパワーアップしており犬を一ひねりで殺すわ、父親の頭をもぎ取るわ、濃硫酸をかぶったり電流で焼かれてもしなないわ、完全な怪物になっているのだ

 一応、タマミは屋根裏に自分の居場所を作り人形や眠り姫の絵本、鏡(自分の醜い姿が映るのを嫌って割ってしまっている)を並べているというまるでディーン・クーンツの「ウオッチャ-ズ」に登場するアウトサイダーのような演出がなされているものの、怪物的属性が強すぎて「可愛そう」という感情を喚起できぬところまで行ってしまっているのではないか(笑)。

 成長できず赤ん坊と同じような矮躯で左手だけが異常に発達しているタマミがぴょんぴょんと廊下を飛び跳ねながらヒロインを追う映像が衝撃的。いや、笑ってしまうのだけれども、同時に奇妙な不気味さも感じられる。まるでドゥーク伯爵と戦うヨーダのようなのだが、後にのこるおっかなさがある。

 ハイビジョン画質はHDカメラ撮影(だと思う)であり、黒の粘りに不満あり。また、暗部に例の明滅が見られる箇所があって本当に最近のWOWOWはどうしたのか。音声はステレオ。嵐の場面でがーんと鳴る雷の音が強烈で思わず飛び上がってしまった。

 シャワーを浴びて「ビートたけしの超常現象スペシャル」など。韮澤さんを覗いて肯定派の皆さんが割りとマトモなことを言っていたのにびっくり(笑)。沖縄の謎の肉塊も誠にソレらしくって良かったぞ。

 その後プロジェクターを再起動させて今までちびちび見ていた日本映画専門チャンネルHD録画の『トイレット部長』を最後まで。この奇矯なタイトルに似合わぬ、二組の夫婦(一組はラストで結婚)を使って恋愛と結婚の違い、家庭を作っていくことの難しさ、素晴らしさを語る一種の夫婦賛歌となっている。

 それでいて説教くさいところがなく、夫(池辺良)の愛情を疑っていた妻(淡路恵子)が彼の結婚式のスピーチ「夫婦の愛情はお互が鼻についてから湧出するものです」に感動し惚れ直すあたりなど「明るく楽しい」東宝喜劇の面目躍如、結婚などしたこともない私が感動したくらいでしたぞ。

 モノクロハイビジョン画質は解像度が低くぺったりとした映像である。暗部の諧調も荒く細かい情報を潰してしまっているようだ。

 その後録画しておいた「黄金伝説SP」などを見て午前2時半過ぎ就寝。

|

« 12月22日(水) トンビにアプレゲールをさらわれる | トップページ | 12月24日(金) 「コールドスリープ行進曲」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12月23日(木) 「パティスリー行進曲」:

« 12月22日(水) トンビにアプレゲールをさらわれる | トップページ | 12月24日(金) 「コールドスリープ行進曲」 »